Mac OS XではColorSyncユーティリティーで画像を開くと、カラースペース変換をはじめとするさまざまな操作を行うことができます。これを利用してRGB画像をCMYKに分解することができるのですが、あまり知られていないようです。そもそもColorSyncユーティリティーで画像を開くという発想に至らないのかもしれません。

さて、そちらの解説をしてもひねりが無いので、ここではsipsで変換する場合の説明をしましょう。こちらはCUIなのでシェルスクリプトなどを利用してバッチ処理を行うのに便利です(AppleScriptやAutometorを使えばsipsでなくともバッチ処理させることはできますけどね)。

早速ですが使用例を。

$ sips -E AdobeRGB1998.icc -M JapanColor2001Coated.icc relative RGB.tif --out CMYK.tif

まず-Eオプションを使って、元画像に埋め込みプロファイルがなければ指定のプロファイルを埋め込みます。次に-Mオプションでレンダリングインテントと一緒に指定のプロファイルを使ってカラースペース変換を行います。--outオプションで変換結果を保存するファイル名を指定していますが、これを省略すると元画像に上書きとなりますのでご注意を。

変換後の画像からプロファイルを削除したい場合は、-dオプションを使います。できれば変換と一緒にやってしまいたいところですが、うまくいかないようです。

$ sips -d profile CMYK.tif