2005年03月14日

高校生パワー

昨日13日、西巣鴨に東京・神奈川の高校生15名がやってきた。
Ort-d.dの倉迫氏による戯曲のワークショップが行われるためだ。
ワークショップは丸1日使い、
海外の演劇作品がとっつき難いのはなぜか?
という問いかけから、原作モノを上演する演出家が行う作業を
解説し、自身で『欲望という名の電車』を再構築して書いてみよう、というもの。

そこまでやるには時間が足りないか・・・と思われたが、
高校生の集中力は凄まじい。
大人の心配はよそに高校生は黙々と自分の世界を文字にし、
見事にグループ内で稽古までつけてしまった。

ワークショップコーディネーターとして、
多くのワークショップを企画・運営してきた吉野さつきさんにとっても
こういった形のものは初めてだということ。
私自身も身体表現のワークショップはいくつか観たことがあっても、
戯曲を扱ったものは初めての参加。
頭を使う前に役者さんと一緒に体をほぐしたり、改めて演劇のもつ
総合的な力を感じた1日だった。

演劇に対する入口が、どんどん増えていったらいいな。


明日は御茶ノ水女子と筑波大駒場の高校生と劇場で再会する。
私自身もはじめて「壁」を見る。
楽しみな1日だ。  

2005年03月11日

アラブ料理したづつみ

f37f3da3.jpgカフェ班の齊藤です。

 月曜日の夜、同じくカフェ班の前田君と一緒に、西新宿のレバノン料理店「シンドバット(http://r.gnavi.co.jp/g160401/)」へと行ってきました。目的は3月16日、にしすがも創造舎で開かれるCamo-Cafe第2回目――アラビアンカフェ(仮称)――で、どんな料理を出すかを考えるための視察で、です。
……という建前がありながらも、アラブ料理という未知なる食の世界へと足を踏み入れるということで、心を躍らせるばかりでした。
 さてさて、その料理なんですが、頼んだ物は以下の通り。感想も添えます。

・ミックスカバブ(ビーフ・ラム(羊肉)・チキンの串焼き、ソースはトマトベース)
  ――――ラムはハンバーグみたいな味であっさりしている。チキンもあっさりしていて、おそらくスパイスとオリーブオイルで味付けしている。しつこくない。あと、香草が入っているのかな?

・クスクス・バフリー(シーフード・トマトソースのクスクス ←パスタを細かくして顕粒状にしたもの)
   ――――クスクスはソースをかけて食べる。歯ごたえがよく、ソースをかけると絶品。スープについては、ソースの具材であるシーフードには濃厚に味が染み渡っている。たぶんよく煮込んだのだろう。前田君曰く、「スープストックの『オマール海老と渡り蟹のスープ』とよく似ている」と。

・マクルウバ(牛肉のアラブ風炊き込みライス)
  ――――これまたトマト・ベースの味付け。後に残る様なしつこさはない。
使っている具材は、ミックスベジタブル、牛肉、たまねぎ、ひよこまめだろう。

・シューシ(里芋とひよこ豆のレバノン風おふくろの味(のサラダ))
  ――――さっぱりした味付け、ヒヨコマメはふかしいものような食感で、油分が多めに感じられるけれど、味はうすめ。他にたまねぎ、にらが入っていた。

・アラク(レバノンの蒸留酒)
  ――――小グラス6〜7分目を埋める形で登場。同時に、水割り用として大グラス一杯の水が用意される。匂いは大変フルーティ。しっかし……、すごくキツい。消毒用アルコールを飲んでるかの様に、熱い。喉が焼ける。消毒される。50度はあるだろう、ということが、僕らの見解の一致点だった。

・レバノンワイン(白)
 ――――ワイン。うちらは舌が肥えていないので、わからん。アラクが個性強かったのもあるけど。

 ……ほとんどトマト・ベースの料理ということもあって、料理が真っ赤っか。でも味が単調と言う印象は受けなかった。味が全体的にあっさりであったことが大きかったのかな? 
 ちょいと値が張ったけど(「おいしさは値段の力だよ」と言われたら、納得するかも)、素晴らしい料理達でした。

 みなさんも、時間がありましたら是非行ってみて下さいね!

 それと、16日のアラビアンカフェも、よろしく!!
このおいし〜い経験も、生かされてるかもね。  
Posted by yamp2005 at 01:58Comments(0)TrackBack(0)カフェ班

アラブ料理したづつみ

f37f3da3.jpgカフェ班の齊藤です。

 月曜日の夜、同じくカフェ班の前田君と一緒に、西新宿のレバノン料理店「シンドバット(http://r.gnavi.co.jp/g160401/)」へと行ってきました。目的は3月16日、にしすがも創造舎で開かれるCamo-Cafe第2回目――アラビアンカフェ(仮称)――で、どんな料理を出すかを考えるための視察で、です。
……という建前がありながらも、アラブ料理という未知なる食の世界へと足を踏み入れるということで、心を躍らせるばかりでした。
 さてさて、その料理なんですが、頼んだ物は以下の通り。感想も添えます。

・ミックスカバブ(ビーフ・ラム(羊肉)・チキンの串焼き、ソースはトマトベース)
  ――――ラムはハンバーグみたいな味であっさりしている。チキンもあっさりしていて、おそらくスパイスとオリーブオイルで味付けしている。しつこくない。あと、香草が入っているのかな?

・クスクス・バフリー(シーフード・トマトソースのクスクス ←パスタを細かくして顕粒状にしたもの)
   ――――クスクスはソースをかけて食べる。歯ごたえがよく、ソースをかけると絶品。スープについては、ソースの具材であるシーフードには濃厚に味が染み渡っている。たぶんよく煮込んだのだろう。前田君曰く、「スープストックの『オマール海老と渡り蟹のスープ』とよく似ている」と。

・マクルウバ(牛肉のアラブ風炊き込みライス)
  ――――これまたトマト・ベースの味付け。後に残る様なしつこさはない。
使っている具材は、ミックスベジタブル、牛肉、たまねぎ、ひよこまめだろう。

・シューシ(里芋とひよこ豆のレバノン風おふくろの味(のサラダ))
  ――――さっぱりした味付け、ヒヨコマメはふかしいものような食感で、油分が多めに感じられるけれど、味はうすめ。他にたまねぎ、にらが入っていた。

・アラク(レバノンの蒸留酒)
  ――――小グラス6〜7分目を埋める形で登場。同時に、水割り用として大グラス一杯の水が用意される。匂いは大変フルーティ。しっかし……、すごくキツい。消毒用アルコールを飲んでるかの様に、熱い。喉が焼ける。消毒される。50度はあるだろう、ということが、僕らの見解の一致点だった。

・レバノンワイン(白)
 ――――ワイン。うちらは舌が肥えていないので、わからん。アラクが個性強かったのもあるけど。

 ……ほとんどトマト・ベースの料理ということもあって、料理が真っ赤っか。でも味が単調と言う印象は受けなかった。味が全体的にあっさりであったことが大きかったのかな? 
 ちょいと値が張ったけど(「おいしさは値段の力だよ」と言われたら、納得するかも)、素晴らしい料理達でした。

 みなさんも、時間がありましたら是非行ってみて下さいね!

 それと、16日のアラビアンカフェも、よろしく!!
このおいし〜い経験も、生かされてるかもね。  
Posted by yamp2005 at 01:58Comments(0)TrackBack(0)カフェ班

2005年03月04日

昨日のこと。

高校生プログラムの米原です。
昨日高校生プログラム班でミーティングを行いました。
パレスチナのプログラムに関しては、事前授業も終わり、
お仕事はひと段落・・・という予定でしたが、
このまま終わるのはもったいない。ということで、
ホームページ上で高校生プログラムのコンテンツを
充実させていくことに決まりました。

パレスチナの演劇に出会った高校生の声、
日本の高校生に出会ったパレスチナの劇団員の声などを
皆様にお届けしようと思います。
乞うご期待ください。

それにしても、この企画に関しては広報班の協力なしには実現できなかった。
小林さん、昨日はどうもありがとう。これからよろしくお願いします。
私ももう少しパソコンの技術を習得したいな、と思う今日この頃です。  
Posted by yamp2005 at 10:49Comments(0)TrackBack(0)

2005年03月02日

いよいよ3月

高校生プログラム班武田です。
27日は3大カフェの第一弾、昏睡カフェが行われました。
大入り大盛況で、こんすい焼き・こんすいスープ・こんすいカクテルなど各メニュー大好評!特にこんすい焼きは作るのが間に合わなくなってしまうほどでした☆
今日は、パレスチナ・アルカサバシアター、チュニジア・ファミリアプロダクションが公演を行う新宿パークタワーホールとパークタワー周辺の下見。
劇団の人たちが来たときに対応出来るようホテル、飲食店、コンビニなどをチェックし、都庁展望台もちゃっかり見学。東京MAP英語バージョンなども大量にもらってきました。
いよいよ3月、リージョナルシアターも始まり、来週にはアルカサバシアター来日と一気に忙しくなってきそうです。
  

2005年02月27日

東京国際芸術祭、メディア進出中!!

再び小林です。
広報班のボスのおかげで、
東京国際芸術祭は、最近メディアへの露出が
高まってきています。
さすが、ボスです。

今のところ、トップページでも
書かれていますが、

・2/26(土)11:30〜NHK総合『こんにちはいっと6けん』
・2/26(土)朝日新聞夕刊 文化芸能欄―「壁と生きる現実 笑いで包む」


で取り上げられました。
そして、さらにさらに、

・『シアターガイド』4月号[p54,74,90,109]
・日経新聞2月1日
・『Seven Seas』3月号[p140]

に紹介されています。チェキラーーーー!!

そして、今後は、なんと、

・SPA!
・Hanako
・婦人公論
・フィガロ

なんかにも載っていくみたいですよ。
皆さんこれらもチェキラーーーーです!  
Posted by yamp2005 at 19:53Comments(0)TrackBack(1)広報班

御無沙汰です。

4c583f71.jpg広報班、小林丈展です。
一昨日までニューヨークに卒業旅行に
行っていました・・・。(写真はセントラルパーク)
というわけで、旅行帰りにて、元気満々。
そして、これからは、いよいよフェス本番!
がんばっていきまっしょい!

ちなみに、今日は「昏睡カフェ」が
行われています。
すごい人の数で、いまも、盛り上がっています。
その詳細は、カフェ班が書いてくれると思うので
このblogの更新もお楽しみに。
そして、今日は、劇の『昏睡』も大入り!
公演自体は、残るは明日のみ。
みなさん、是非ともお見逃しなくー!!!  
Posted by yamp2005 at 19:16Comments(0)TrackBack(0)広報班

2005年02月23日

高校生プログラム写真3

3cd369a6.jpg3.アーティスト椿昇氏の横で、アラファト議長死後にパレスチナへ行ってきた体験談を話す宇波さん。  

高校生プログラム写真2

82f0b6cf.jpg2.女子高生たちを前に説明をする大久保さん。  

高校生プログラム写真1

0bdb0247.jpg高校生プログラム時の写真です。
1.御茶ノ水女子大付属高校到着時のメンバー  

御茶ノ水女子大付属高校にて

高校生プログラムの米原です。
昨日御茶ノ水女子大付属高校にて、事前授業ということで
『壁』の美術を担当する椿昇さんによるレクチャーを行いました。
女子校に初めて足を運ぶ私とANJの相馬さんは緊張しましたが
椿さんは女子校の教員をされていた経験があり、
生徒たちへのしゃべりはまさにプロの技。
椿さんの作品の紹介に始まり、
パレスチナで実際見たこと、感じたことなど
YAMPの私たちにとっても貴重なお話でした。

90分の授業を終えた後、椿さんとANJのスタッフさんを見送り
YAMPは茗荷谷のインド料理店でお茶を飲みつつ語らいました。
今日の授業の話に始まり、
論点は「当たり前だと思っていることの異常さ、危険さ」に及びました。
「常に疑問をもつ、疑ってみることはすごく重要」
という椿さんの言葉に納得。  
Posted by yamp2005 at 10:36Comments(0)TrackBack(0)

2005年02月18日

学生向けチラシ完成_配布しはじめました

広報班の小林丈展です。
本日、渋谷君のおかげで、遂に、
緑とオレンジの公式パンフレットやチラシ
とは別に、学生向け、YAMP特製チラシ、
が完成いたしました。
私は所用で、今日の印刷までの工程には
いられなかったのですが、渋谷君の
話を聞く限り、本当に渋谷君、ありがとう・・・
という感じです。ありがとう。

基本的に、これを大量配布用として、
今後、ガンガン配っていきたいと考えています。
今のところ、
明日からYAMPの方が関わっている劇で
18-20日=300部
19,20日=250部
25,26日=250部
という感じで配布していきます。
いま、他にもアテが出てきた&
他にもYAMPから名乗りあがってきたので、
そこでもガンガン配っていきたいと思います。
とゆーわけで、配れるところがあれば、
どんどん、是非是非。  
Posted by yamp2005 at 02:49Comments(0)TrackBack(0)広報班

世界のお料理

高校生プログラム班(パレスチナ)の武田知也です。
一昨日、資料作りの担当が一緒の宇波さんと資料の打ち合わせをしたんですが、トルコ料理屋で打ち合わせをしました。
お昼からアラブカフェの参考にと、アラックというトルコのお酒を宇波さんに勧められ飲みました。1時間後には会社説明会があったのに!トルコ料理は豆スープがお勧め。豆が上品にとろけてまろやか。
先日もパレスチナ料理を食べたし、明後日はレバノン料理屋という話があるし、TIFに関わっているとあらゆる国の料理が食べられそうです。
明日もcamo-cafeの試作試食会があるそう。自分は昏睡仕込みを手伝うので、仕込み後の試食を楽しみにしています。
以上、試食担当立候補の武田知也でした。  

2005年02月15日

チラシ

0dabdf0d.jpgこんばんは。久しぶりに登場です、
広報班、小林丈展です。
いやぁ、段々と近づいてきましたね!
あと1週間近くで昏睡も始まるわけで、
本当になんだか、ワクワクです。

さて、広報班は、いま学生配布向け、かつ、
学生の行う劇団での劇場配布向けの
チラシを作っています。
なかなかに大変です。
他にも幾つか、こうやって、少しずつ外堀を
埋めていかなくてはならず、
なんだか、広報のお仕事も大変なんだなぁ、
と思う今日この頃。
やれるだけのことはしようと思いますが
その効率と効果、のバランスが
難しいです。

そして、今日は行政にパクられた
自転車を、やっと取り戻してきました。
これで、西巣鴨までまたひとっ飛びです。
というわけで、頑張りまーす☆  
Posted by yamp2005 at 22:55Comments(0)TrackBack(0)広報班

2005年02月13日

エデュパック!

高校生プログラムの米原です。
昨日12日に、高校への出張授業のための資料、
エデュケーションパック作成のための第2回ミーティングを行いました。
ANJの方が用意してくれたビデオを見たり、
各自調べてきた資料を見せ合ったりするうちに、
メンバーが少しずつパレスチナに思いを馳せていけるようになった感じがします。
パレスチナに行ったことがある人、パレスチナの方と接したことのある人もいれば
それまで中東とは殆ど縁のなかった人もいる高校生プログラム班ですが、
原稿完成まであと1週間、頑張っていきます。
パレスチナに関しては、エデュケーションパックが完成した後も
Web上でアルカサバやパレスチナのことが全て集約されたページも作りたいと
意気込んでいるので、みなさまご期待ください。

原稿提出の後は皆でレバノン料理!楽しみです。

  

2005年02月11日

すみません

 すみません。名前、入れ忘れました。「アートマネジメントに関するHP」を書き込んだのはインターナショナル班(チュニジア)の中山大輔です。  

アートマネジメントに関するHPの紹介

 企業メセナ協議会での短期インターンが半分終わりました(連休中にレポート書いて、来週から後半戦です)。
 
 主に「ネットTAM」(TAMはTOYATA Art Manegement 講座の略)という、トヨタの支援でメセナ協議会が開設しているアートマネジメント総合サイトのリニューアルに関わっています。このサイト、既に知っている方もいるかもしれませんが、アートマネジメントに興味がある人にはもってこいだと思うので、まだ見てない人は是非、http://www.nettam.jp/に行ってみて下さい。アートマネジメント関連年表とか、参考文献とかリンク集が充実してると思います。
 
 あと、アート関連のイベントやセミナーの情報を書き込む掲示板があるので、カフェとか、ANJ講座とかの情報はここに書き込むのもよいのではとも思います。けっこう見てる人も多いみたいなので。

 では。   

2005年02月09日

チラシ原案作成中(喉が痛い?)

16c80433.jpgこんにちは、広報班渋谷です。

マスコミ用の書類が無事完了したということで、
今日は自宅で出来る作業をのんびり行いました。

朝からバイトに行ったので午後からPCに向かって
チラシのレイアウトをいろいろ形にしてみました。
創るからにはカッコイイものを創りたいので、
頑張りたいです。

そして・・・。
今日は夜にパワーをとっておきたかったのです。
そう、サッカー日本代表の試合があるからです!
昔誰かから聞いたんですが、
そもそも「試合」は「死合」と書いたとのことで、
まさに今日はそんな感じで死闘でした!
小中高サッカーバカの自分としては、
近所迷惑を考えず叫びまくり、
喉が死に、感極まる勢いも・・・(笑)

この勢いで広報班のほうも頑張ります!  
Posted by yamp2005 at 22:03Comments(0)TrackBack(0)広報班

おかわりしたのは僕だけ

高校生プログラム班(パレスチナ)の武田知也です。
初投稿!
昨日はYAMP一(?)のパレスチナ通、宇波さんとパレスチナでボランティア活動をしている方のパレスチナ帰国報告会に行き、その後宇波さんからパレスチナや「壁」についての本当に基本的なレクチャーを受けました。
正直に言うと、僕のパレスチナについての知識は、波平さんとまではいかなくてもかなりかなり薄っぺらいものです。
なのでボランティアの方のお話を聞いても、私には断片的にしか理解出来ず私にとってパレスチナは「ここはどこ?」といったイメージしにくいものでした。
そんな時僕は空を見ます。パレスチナの写真に写っていた青い空を見ました。空を見るとその地とこの地が繋がっているということを僕は理解出来るようです。カンボジアに行った時もそうでしたが、空が僕と遠い地を繋げてくれ同じ地平に立たせてくれます。遠い地に「壁」が立っているということをイメージさせます。
あと、報告会でいただいたパレスチナサラダ?&パレスチナ料理&パレスチナお菓子&パレスチナコーヒーもおいしかった!なにせメインディッシュはおかわりしましたから(笑)これはみんな本当にこうご期待です☆

「パレスチナとイスラエルが停戦宣言へ」というニュースが流れましたね。
「壁」はどうなっていくんでしょうか・・・高校生プログラムとアルカサバシアターとそれに関わるあらゆることが楽しみです。  

2005年02月08日

えきそば

b267706c.jpg再び広報班の小林です。
えきそばです。
えき、の、そば、です。
掛詞になっているのかな?
んー、何気にあのおばさんやるじゃないか(笑)  
Posted by yamp2005 at 18:48Comments(1)TrackBack(0)広報班

© ARTS NETWORK JAPAN 2005