にわかクソブログ

にわかなポケモンブログを目指す。 なお、ポケモン以外も書くもよう。

パッと思いついたネタ型やコンボをメモ代わりにする記事

随時更新予定


・プラズマシャワーばくおんぱ(だいばくはつ)
ダブル以上、ちくでんやでんきエンジン持ちのポケモンがプラズマシャワーを使いばくおんぱやだいばくはつで特性を強引に特性を発動させる、ばくおんぱはまだしもだいばくはつはディスアドが大きい気がしてならん、スキンに聞かないのはなんだか腑に落ちない


・風林火山
フーディン(風林)バクーダorヒードラン(火山)
トリルフーディンと噴火メガバクーダや噴火ヒードランのコンボ、名前から考えついたコンボ
微妙そう


・野菜マッギョ
タガヤシスト達をリスペクトしたグラスフィールド+ほごしょく+たがやすorミラータイプ+たがやすで火力を上げるマッギョ、手間がかかりすぎるが多分楽しい


・親子丼構築
ファイアロー(親)+タマタマ(子)+ドサイドン(丼)
子でトリルして親と丼で暴れる構築、ドータクンを差し置いてタマタマを採用する明確な理由が見つからないので見つけたから使えそうではある。



・バンバロット
Zもりののろいで全能力を一段階アップさせつつバンバドロに草タイプを追加させてそのままたがやすで二体とも火力を上げるコンボ、考察中。





















前回 http://blog.livedoor.jp/yamutya315/archives/1064118555.html の爆裂ダブルの改悪版、しっかりと勝ちに行く為に爆弾を増やすという最悪のチョイスをしたため無論勝てなくなった、供養用の記事

爆弾が増えた結果爆ぜずに使いやすいヤレユータンが過労死した


今回の変更点としては
・ギルガルド、オンバーン→ルカリオ、ベトベトン(アローラ)に変更
・オニゴーリの技を地震→おんがえし(QRではからげんき)に変更

のみ、オニゴーリに関しては使いやすくなったため正解ではあったがルカリオベトベトンがとにかく微妙、組み合わせ自体は良かったがこの構築にはいらない


以下追加2名の解説

・ルカリオ
性格:ようき
特性:せいしんりょく
持ち物:ルカリオナイト→こだわりスカーフ
努力値:HS252A4
技:このゆびとまれ/インファイト/みきり/いのちがけ

周りに迷惑をかけない特攻爆弾、初手にヤレユータンと出していのちがけで1匹持ってきつつ場を開ける優秀なポケモン
最初は技選択の自由さとSの上昇からメガストーンを持たせていたがオニゴーリとの兼ね合いからスカーフでいいと気づきスカーフにした
トリルヤレユータンとの相性はいいのでそこそこ使いやすめではあるがオススメはしない



・ベトベトン(アローラ)
性格:ゆうかん(S0)
特性:かがくのちから
持ち物:たつじんのおび
努力値:HA252D4
技:ダストシュート/はたきおとす/まもる/だいばくはつ

最新鋭の科学爆弾
かがくのちからでテレパシーを受け取り味方の爆発を無力化したりスキンを受け取り爆発をタイプを変えたりする兵器
なんというか特に強みがなくて説明にこまる程度に普通、使いづらいわけでも使い勝手がいいわけでもない、そんな枠、オンバーンの方が良かった
ただメガルカリオとベトベトンで適応力を味方に移すのは掘り下げがいはあると思います


今回の変更してからはとにかくガブが辛い、オンバーンギルガルドのありがたさを感じました



3/10〜3/12の三日間、アイドルマスターミリオンライブの4thライブ「TH@NK YOU for SMILE」に行ってきました
10、11は現地の日本武道館で、12は地元でライブビューイングで参加しました
個人的にアイマスライブの現地参加は初めてで常時興奮してました

ライブは開幕全体曲→ソロ3曲→ユニット曲→MC→ソロ3曲→…で全ユニットの曲が終わるとサプライズ曲数曲→ED曲→アンコールの流れでした
ソロは暗転無しに曲の終わり際に次のキャストが登場に一緒に歌いそのまま繋げて歌い出しを一緒に歌い次のキャストは帰るのが流れでした


全体の感想としてはやはり「ありがとう」に尽きますね
ミリオンライブのテーマソング「Thank You!」の通り、ミリオンライブに関わった全てにありがとうと言いたいライブでした
歌詞の通り忘れられないステージを手作りの「ぶどーかん」で味わえたのは何にも変えられない思い出になると共にミリオンライブを信じてきたよかったと思えました


個人的にはWelcome!!が聞けなかったくらいしか後悔がないので各日の特によかった点を紹介していきます



〜DAY1〜

・Thank You!+サンリズム・オーケストラ♪

開幕で泣いてしまったコンボ
これまでのミリオンへの思い出が爆発して耐え切れなかった
武道館で聴くThank You!は劇薬、さらにテンションを上げてくる全体曲をぶち込まれ感情の爆発が止まりませんでした


・マイペース☆マイウェイ
福田のり子(CV:浜崎奈々)の曲、浜崎さんが3rdの幕張ライブまで一回もイベント等に登場しておらずに披露される事の無かった初披露曲、始まるまでは武道館だし「求ムVSマイ・フューチャー」がいいなっと思っていたらイントロが流れ出した瞬間にマイペース☆マイウェイとわかってボルテージが粉砕してしまった、エアスクーターパフォーマンスがよかった(無免許2ケツ)

この曲は聴けば聴くほどミリオンライブそのものなんだなと思える曲だと思います

「武道館は何でもあり」(伏線)

・ランニング・ハイッ
キャンサー[エミリー・スチュアート(CV:郁原ゆう)木下ひなた(CV:田村奈央)横山奈緒(CV:渡部優衣)のユニット]の曲

最終日まで頭に流れ続ける程印象に残った曲、ハイスピードハイテンションな感じが非常によかった楽しい曲でした、DAY1の曲は基本的にこんな感じに近い曲が中心でしたが特にこれは印象的でした

・NO CURRY NO LIFE
カプリコーン[矢吹可奈(CV:木戸衣吹)望月杏奈(CV:夏川椎菜)百瀬莉緒(CV:山口立花子)のユニット]
アイマスはカレー
リズムが非常に楽しい曲、ライブ向きなリズムはまさにカレー
この曲のためにカレー食おうと思っていたが三日間一切カレーを食わなかったのは内緒

・微笑み日和→りんごのマーチ→ハッピー☆ラッキージェットマシーン→Bonnes!Bonnes!Vacances!!!

順にエミリー、ひなた、奈緒、リブラ[伊吹翼(CV:Machico)佐竹美奈子(CV:大関英里)福田のり子のユニット]の曲

微笑み日和で落ち着かせつつ高まらせ、りんごのマーチで更に高まりを貯めさせてからのハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーンで高まりを解放させてBonnes!Bonnes!Vacances!!!で高まりをオーバーヒートさせてくるのは本当にズルイ

・創造は始まりの風を連れて
TA01のテーマ曲、メンバーは七尾百合子(CV:伊藤美来)天空橋朋花(CV:小岩井ことり)箱崎星梨花(CV:麻倉もも)松田亜利沙(CV:村川梨衣)ロコ(CV:中村温姫)
「武道館は何でもあり」を即実行させたサプライズ
オリジナルメンバーが中村さんしかいない中ゲストとして全体を村人Aが勇者と妖精と魔王と四天王を召喚すると言う意味不明な事態に語彙力を失い「ウェェ」としか言えなくなった

・HOME,SWEET FRIENDSHIP
リコッタ[天海春香(CV:中村繪里子)、周防桃子(CV:渡部恵子)、松田亜利沙、横山奈緒、福田のり子]のユニット曲
オリジナルメンバーは渡部優衣さん、浜崎さんのみだったがその周りを固めたのがひなた役の田村さん、翼役のMachicoさんとのり子と関係あるメンバーで固めてくれたのは担当として非常に嬉しかったです

・Growing Storm!
乙女ストーム[春日未来(CV:山崎はるか)伊吹翼七尾百合子望月杏奈真壁瑞希(CV:阿部里果)のユニット]のユニット曲
「武道館は何でもあり」パート2
オリジナルメンバーがMachicoさん夏川さんのみで既にサプライズゲストとして登場した伊藤さんに加え更に山崎さんと阿部里果さんを呼び出した
語彙力が既に死んでいたためIQが代わりに死んだため処理できずに「は?」しか言えませんでしたがここから二日間は何があってもおかしくないと覚悟を決めれました

・DIAMOND DAYS
全体曲、TAシリーズの共通曲でありDreamscapeに並ぶEDにもってこいの曲、これまでの熱さをそのまま綺麗に締めてくれた曲で非常に好きになりました

・Dreming!→Thank You!
アンコールの曲、パ・リーグコラボとミリオン出荷記念イベント発表後の熱気のままSunshine RhythmのメンバーがDreming!を歌いさらにサプライズゲストも含めたThanYou!によりDAY2への期待が膨らみました


〜DAY2〜

・Thank You!→brave HARMONY
初日の流れからわかってても泣く単純な自分をどうにかしたい
DAY1とは別の全体曲でありDAY2の雰囲気を決定付ける流れでした

・ソロ→ユニット曲の流れ
DAY2もDAY1同様の流れでしたがDAY2の流れは曲のチョイスなどから非常に落ち着いて聴けました、どの曲も凄く取り上げるには語彙力が足りないという悲しい壁が立ちふさがり纏めてしまった


・赤い世界が消える頃
「武道館は何でもあり」シリーズ
最初のサプライズ曲
TA03のテーマ曲、メンバーは矢吹可奈佐竹美奈子真壁瑞希篠宮可憐(CV:近藤唯)北上麗花(CV:平山笑美)
初日で読めたTAシリーズのオリキャスサプライズ、DAY2はTA03のメンバーがオリジナルメンバーで来てくれました、読めたはいましたが避けられません
ここら辺からさっきまでとは別の楽しさが湧き上がりました

・星屑のシンフォニア
ミルキーウェイ[星井美希(CV:長谷川明子)高山紗代子(CV:駒形友梨)天空橋朋花永吉昴(CV:斉藤佑圭)二階堂千鶴(CV:野村香菜子)]のユニット曲
オリジナルメンバーはASの美希役の長谷川さん以外本日がメインであり揃っており美希に対するメッセージを送ると言うサプライズもあった
現地には長谷川さんもいたらしく実質ミルキーウェイは全員集合していた事に

・Flooding
クレシェンドブルー[最上静香(CV:田所あずさ)箱崎星梨花北沢志保(CV:雨宮天)野々原茜(CV:小笠原早紀)北上麗花]のユニット曲、ゲッサン版ミリオンライブからの曲
最初にゲッサン再現の天候演出から始まった時にゲッサン再現と気づいてあっ!っておもわずいってしまった
麻倉さんが前日もサプライズで出たため今日も来たら負担が凄いだろうと思い期待していなかったが来てくれたためあまりにも予想外だった、やっぱり武道館は何でもありだ

・DIAMOND DAYS→アンコールDreming!→Thank You!
わかってても楽しく、そして自分は現地最終日だったため悲しく、それでいて後悔を無くしてくれる曲でした、ありがとう武道館


〜DAY3〜

・Thank You!→Starry Melody
最終日でも変わらないスタート
前二日間とは違い泣かなかったが凄く楽しい流れになるなと思いました

・Heart♡・デイズ・Night☆
DAY3最初のソロ曲の茜ちゃんの曲
バックモニターが茜ちゃん人形だらけで見ていて楽しかったです

・Sweet Sweet Soul
アリエス[野々原茜、箱崎星梨花、大神環(CV:稲川英里)]のユニット曲
ラップの部分が聴いていて楽しかった曲、シェケナベイベー

・メメント?モメント♪ルルルルル☆
タウラス[春日未来、徳川まつり(CV:諏訪彩花)宮尾美也(CV:桐谷蝶々)]のユニット曲
アップテンポな曲で非常にライブ向けだと思っていたらその通りでもう楽しくて仕方がなかった

頭メメントになる^〜

・俠気乱舞
「武道館は何でもあり」シリーズ
TA02のテーマ曲でありメンバーはジュリア(CV:愛美)木下ひなた、福田のり子、周防桃子、大神環
渡部恵子さんと稲川さんは当日のメインキャストでありこれまでの流れからわかっててもオリキャスが揃うのは嬉しく、特に投票で決まるTAシリーズで役を勝ち取った担当がいるとなると嬉しさがハンパない
田村さんがどうも調子が悪く声が出ておらず心配していましたがそれを吹き飛ばすほどのパフォーマンスを見せつけてもらいました、ありがとうございます

・ジャングル☆パーティー
オリジナルは大神環と双海真美(CV:下田麻美)ですが当日は下田さんの代わりに小笠原さんが登場
ブドウカン、ジャングル!ジャングル、ゴリラスベテ!ゴイリョク、イラナイ!!
ウンババ出来てウッホッホでした

・ジレるハートに火をつけて
灼熱少女[田中琴葉(CV:種田梨紗)所恵美(CV:藤井ゆきよ)大神環、高坂海美(CV:上田麗奈)宮尾美也]のユニット曲
当日のオリジナルメンバーは上田さん、稲川さん、桐谷さんがおりサプライズとして登場したのは藤井さん
病気療養中の種田さんの場所を用意しスポットライトも当て「5人」である事を強調しながら歌う姿は非常に印象的でした

・君との明日を願うから
春日未来、最上静香、伊吹翼の曲、ゲッサン版ミリオンライブからの曲、サプライズ登場したのは田所さんとMachicoさんの二人
ゲッサン再現の演出から始まり間奏ではメインスクリーンには過去のライブ映像を写しこの曲の為のこれまでのライブなのではと錯覚してしまうくらい自然と涙を流してしまうほど感動していました
幕張のアイル、DAY2のFlooding、DAY3の君との明日を願うから、これをもってゲッサン版ミリオンライブが完結したと思います
そしてさらにこの曲でこれまでのミリオンライブ全ての曲が歌われたことになりましたと言われた時にはもうそんなに歌ったのかと驚愕しましたね

・Brand New Theater!
これからのミリオンライブのための新しい曲、DAY3キャスト全員で歌われました
やっぱり新しい曲っていいもんですね

・Dreming!
新展開に興奮したままDAY3キャストで歌われたDreming!、ボルテージは最高潮でした

・Thank You!
「武道館は何でもあり」最終形態
まさかの36人全員集合、さらに歌が始まるとメインスクリーンに現れた田中琴葉が踊りアイドル37人が全員揃い歌い上げたThank You!は何事にも変えられない感動を貰いました、次はキャスト37人全員が揃ってThank You!を歌えるようになるのを楽しみです



・新展開
DAY1DAY2で発表されたのはパ・リーグとアイマスシリーズとの大型コラボと4thライブ記念イベントの発表、ミリオンライブCD映像商品累計ミリオン達成記念のイベント開催でした
詳しくはこちら http://idolmaster.jp/blog/?p=28129

DAY3で発表されたのは新作アプリゲームアイドルマスターミリオンライブ!シアターデイズ(ミリシタ)の発表とCD新シリーズの発表、そして約10分にも及ぶアニメーションPVの公開でした
DAY3は坂上P本人が登場し直接ミリオンライブの事を言われた時、ミリオンライブをこんなに大切に思ってくれていると非常に安心しました、これまではシンデレラやsideMの展開を見てると非常に不安でしたが、展開を広げていくシンデレラ、高速で展開してアニメやアプリも決まったsideMの話を聞く度に不安になりながらもミリオンライブを信じていくしかなかった中で明確にミリオンの事を言われると安心しました、これからもミリオンライブを楽しみにしたいと思います
DAY3の発表についてはこちら 
ミリシタ公式サイト

ミリオンライブ公式サイト





アニメーションPVは一応ニコニコとかにもあるにはありますが本来はゲーム内で見れるため出来ればゲーム内で見てください


こんな文章力語彙力皆無な感想を読んでいただきありがとうございました
よろしければこれから、またはこれからも一緒にミリオンライブをよろしくお願いします


ありがとうミリオンライブ


























本日公開のデジモンアドベンチャーtri.第4章「喪失」を観てきました

ポスター通りに空とピヨモンにスポットが当たっておりコミカルシーンが丁度いい加減でムゲンドラモンの強さもしっかりと表現しておりポスターにちょこっといたバクモンもちゃんと重要な役割も持たせられておりしっかりと楽しめました。
前回の終わり方で甘く見ていた考えを吹き飛ばす内容だったと思います。


第5章「共生」は今年中らしいですが詳しい公開日は未定です


以下ネタバレ






























ここからネタバレ

パートナーデジモン達
再開しても記憶は無かったが飯を食ったらすぐに成長期に進化するタフさは健在、敵デジモンとの戦いではアグモン、ガブモン、ピヨモン、テントモン、パタモンが究極体にプロットモンがテイルモンに進化しダークマスターズの二体を倒すも幼年期に戻ってしまったあたり前までのデジモン達とは違うとやはり思う
ピヨモンテントモンパタモンは各世代事に進化バンクが連続して流れちょこっとクドイかな?と思いつつもやっぱり熱く非常にいいシーンであった

セラフィモン初の勝ち星おめでとう


子供達
最初にムゲンドラモンに襲撃された時は進化出来ずにいたがバラバラにされた後集合した時には記憶は無くても一度繋がった絆は途切れずに新たな関係から進化が出来た事が姫川さんとの対比になっているのかもしれない


芽心&メイクーモン
何故かデジタルワールドに行けて砂漠にいた芽心、何故か記憶が残ってるメイクーモン、謎の深まるコンビ、メイクーモンは未だ歪みや感染の発現がありラストで芽心が謎の男に倒されたことから再度メイクラックモンに進化しており次回の副題からメイクーモンの正体が判明すると思われる
パンフレット曰くメイクーモンからメイクラックモンになるのは変異らしい


西島
消えた姫川を探している時にハックモンと出会った
姫川と共に先代の選ばし子供達であったという事実が発覚、パートナーは完全体に進化していたがローダーレオモン、ダークマスターズとの戦いで傷ついたパートナーが進化し四聖獣になりダークマスターズを封印した、ローダーレオモンが何に進化したかはよくわからない


姫川
リブートを仕組んだ人、デジタルワールドにいる
西島と同じく先代の選ばれし子供達だったが他のパートナー達が皆四聖獣に進化するなか一人パートナーが完全体のまま四聖獣の攻撃に合わせて特攻?し犠牲になった事からパートナーに合うためにデジタルワールドをリブートしようとしたが再開したパートナーは自分の事を知らず受け入れられてない様子
パートナーはバクモン→メガドラモン
多分メガドラモンはファンロンモンになってるんだろなぁ


その他の先代の選ばれし子供達のパートナーデジモン
オロチモンとトリケラモンはわかったが後一体が不明、白い羽が生えていたような気がしたからおそらくヒポグリフォモンの可能性がある


賢ちゃん、デジモンカイザー、ゲンナイさん謎の男
どれでも無かった!
デジモンカイザーの姿はアバターであり本来の姿?はゲンナイさんと同じだが全体的に黒い、イグドラシルの意思に従いメイクーモンを手に入れ人間界を支配するのが目的らしくそのためにムゲンドラモンとメタルシードラモンを子供達に嗾しかけ芽心を締め上げ空を舐めた変態
エアショットやマーチングフィッシーズで怯んだりポイズンアイビーにすぐ捕まったりしたと思ったら高速脱出や謎魔術擬きの拘束をしたりと謎の男にふさわしい変態スペック


ダークマスターズ
序盤の過去回想では全員いて完全体をブチのめしていたが本編にはムゲンドラモンとメタルシードラモンのみ、ピノッキモンとピエモンはまた次回かな?

ムゲンドラモン
∞キャノンを文字通り無限にブッパなして強さを示していた
子供達を倒すチャンスもあったが一度目は歪みにより子供達が飛ばされ二度目は子供達の連携により氷塊の下敷きにされ三度目はピヨモンを捕まえ空を氷壁に腕ごと叩き込むもホウオウモンヘラクルカブテリモンセラフィモンにボコボコにされていた、二回叩き込んでも無事なくらい硬すぎる空が悪い


メタルシードラモン
他の子供達を逃がすために囮になった太一ヤマトヒカリを追うために呼び出された、が頭をガブモンに攻撃されて怯むという失態を晒しその後太一とヤマトを沈めるもウォーグレイモンとメタルガルルモンに空中に放り投げられ凍らされブレイブトルネードで粉々に粉砕されるというアニメでのやられ方以上のオーバーキルをされるという不遇な奴


イグドラシル
ユグドラシル絶対許さねぇ!
ハックモンと謎の男の口から存在が語られたいつも悪役にされてる悲しい存在
鎧武のせいでユグドラシルと間違えてしまう


エレキモン
記憶は無かったが相変わらず始まりの町でお世話係だった

ハックモン
未だによくわからないがイグドラシル側ではなくホメオスタシス側のデジモン
イケボ



(いらすとや さんhttp://www.irasutoya.com/?m=1 から)



サンムーン初のパーティ記事
何を血迷ったか基本的にシングルばかりだったのにダブルレートにいきなり突入し25戦で12勝13敗と負け越し1600超えを目標にしていたが無理があると気づきパーティを解散し記事にすることにした


今回のパーティを作るに至ったきっかけは

なんかベロベルト以上の火力の一致大爆発使いが現れたらしい
そういやオニゴーリナイトもあるから爆弾がもう一つ用意できるな
エレキスキンアローラゴローニャも加えたら爆弾が3個揃って実質キラー・クイーンなのでは

という流れでパーティを考える事になった



イメージはこんな感じ






そんな訳でパーティ紹介

















・シルヴァディ(ARシステム)
いじっぱりAS252H4@こだわりはちまき
ギガインパクト/とんぼがえり/かみくだく/だいばくはつ

第一の爆弾
せっかくなつき進化で本来の姿を取り戻しても爆発するのが仕事な哀れな人工生命体
大爆発の火力は申し分なくとんぼがえりによる序盤の撤退が活きるポケモン
ギガインパクトは少し削れた硬いポケモンを強引に落とす時に使ったが他のノーマル技でもいい気もしなくもなかった

鉢巻爆発以外の技を選択せざるをえないパターンが非常に辛かった

レベル上げの途中のためB個体値が低いのは内緒


・オンバーン(テレパシー)
おくびょうCS252H4@きあいのたすき
まもる/エアスラッシュ/おいかぜ/よこどり

隣で爆発されても平然としている蝙蝠
おいかぜで爆弾のSをサポートしたりよこどりによるワイガ崩しの出来るテレパシー要員として採用

普通のポケモンのため非常に扱いやすかったです、はい
文句なしの潤滑油でした、爆弾が苦手な格闘とワイガ持ちに強いのが非常に優秀でした


・ヤレユータン(テレパシー)
なまいきHD252B4@メンタルハーブ
トリックルーム/おさきにどうぞ/ちょうはつ/サイコキネシス

トリル要員、S0個体
電気爆弾用のサポートポケモン
オンバーン同様癖もなく使いやすかったがメンタルハーブが腐っていたためくろいてっきゅうやオボンのみもアリかもしれない
さいはいが無くて偶に困る時があったがまもるがない方が辛かった
攻撃技がサイコキネシスなのはモロバレルピンポイント


・ギルガルド(バトルスイッチ)
れいせいHC252A6@たべのこし
ラスターカノン/キングシールド/かげうち/ワイドガード

ワイガ持ちゴーストタイプ、S0個体、Dに4振りたかったがD30のためかげうちの火力のためにAにふった
鉢巻爆弾の爆発を無効に出来る強いポケモンとして採用、フェアリーも多いし鋼があるのは嬉しい
使いやすいものの基本的にあんまり選出したくないポケモンであり、選出せざるを得ない場合は味方の爆弾が爆発しにくいのが困る


・オニゴーリ(せいしんりょく→フリーズスキン)
いじっぱりAS252H4@オニゴーリナイト
だいばくはつ/まもる/じしん/こおりのつぶて

第二の爆弾
地面や飛行に強く、無効にされない爆発を得意とする、鉢巻爆弾より速いのもポイント
弱点はだいばくはつ以外の火力があまり高くない点と鉢巻爆弾以上に半減されやすい点、弱点を突かれやすく落ちやすい点である
下手に地震撃つよりだいばくはつした方が強い時は多々ある


・ゴローニャ(アローラのすがた)(エレキスキン)
ゆうかんHA252B6@いかずちプレート
すてみタックル/まもる/ストーンエッジ/だいばくはつ

第三の爆弾
他の爆弾が苦手な鋼に強いが地面に弱くなおかつ遅いという致命的な欠点を持つ
しかしトリル下ではパーティ最速でだいばくはつではなくすてみタックルを撃つ事もしばしば、持ち物を悩んで適当に火力を上げれるいかずちプレートでいいやと思ったが以外とアリだった
しかしトリルを貼れないと出オチすらならない時が多く、そもそも選出出来ない時が多い、悲しき爆弾



基本的な流れとして
相手に地面がいるか、ワイガ持ちはいるか、キュウコンがいるか、ゴーストタイプがいるか、トリルに弱いかによって決まる

地面がいる場合はゴローニャを選出せず初手オンバーン+シルヴァディorオニゴーリ、控えにオニゴーリorシルヴァディ+ギルガルドを選出し爆発して残りをオンバーンギルガルドが処理

ワイガ持ち、キュウコンがいる場合は初手オンバーン+爆弾、控えも爆弾でワイガやオーロラベールをよこどりで奪いつつ爆発して勝ちを狙いに行く

ゴーストがいる場合は初手ヤレユータン+シルヴァディ、控えにギルガルドゴローニャを選出しゴーストを釣りとんぼがえりで削りつつトリルを決めゴローニャが爆ぜて処理して次にシルヴァディが爆ぜて勝ちを狙いに行く

トリルに弱い場合は初手にヤレユータン+ゴローニャ、控えも爆弾を用意しゴローニャがまもりヤレユータンがトリルをして爆弾達が爆発して勝ち、これが勝ち筋として一番綺麗だった

複数条件が重なった場合は読みとカンで爆弾の選出と爆発タイミングを見極めないといけないのは間違いなくミス


このパーティ最大の弱点は格闘タイプが辛すぎる点と相手のまもるが辛すぎる点であり負けやすい点にある
ただ決まった時の爽快感と時間の短さはクセになるので是非使ってほしい、QRコードのレンタルパーティも用意してあるのでよければどうぞ






Z天候技がSが一段階上がりつつ天候を変えることが出来るという性能になっているため色々考えてみる事にした


・Zあられ
特性面では新特性ゆきかきによりSが一段階あがりつつ倍になるため耐久面に努力値をさけるのは魅力、だが肝心のゆきかき持ちが氷タイプのみで耐性面に不安が目立つ
アイスボディ持ちがSが上がりつつ回復手段を得るが食べ残しを持てなくなるのは微妙

相手の天候を奪いつつSを上げてふぶきが必中になる点を活かしていくのがいいかもしれない



・Zにほんばれ
サンパワー持ちのリザードンやエレザードがSと火力を同時に上げられるようになるため非常に優秀、特にリザードンはメガリザYより火力が上がるだけでなく普通に炎攻撃技をZ技として使い分ける事も可能になるのは利点
ようりょくそもゆきかき同様Sが上がりつつ倍になるだけでなくようりょくそ持ちはウェザーボールを覚える場合もあり範囲も広がる
リーフガード、しゅうかくは全体的に遅めであまり相性がいいわけではない

自身で積み技感覚で使いつつ後続のサポートにもなるようにパーティを組めばいい


・Zあまごい
あもうけざらやうるおいボディ、すいすいなど他と比べて癖のない特性が揃いどの特性と合わせても無難、これらの特性持ちが水タイプが多いため通常の水Z技としても使いやすいのも利点
あまごいを覚える電気タイプや飛行タイプならSを上げつつ上から必中かみなりや必中ぼうふうを撃てるようになり火力の補助となり、めざ水の火力も上がる

他より汎用性が高く使いやすく雨パで他天候メタに仕込んでみるのも面白そう


・Zすなあらし
すなのちから持ちのドリュウズや化身通常ランドロスが火力とすばやさを両立出来るようになり非常に強力
すなかきドリュウズなら不安な耐久面がカバー出来るようになる
特に見流せないのがすながくれガブリアス、貴重なS上昇手段でありしっかり考えればこれまでとはまた違うガブリアスが生まれるかもしれない

特性の幅の狭さはあるが岩タイプが使えば特殊耐久とSをカバー出来るので他とは違う戦い方ができそう














Zもりののろいが全能力一段階アップなのを活かした型
シングルだともりののろいを撃つとこちらが不利になりがちなためダブルで味方なりに撃ちたいのでダブルを意識した調整に


性格:いじっぱり
特性:おみとおし
持ち物:クサZ
努力値:H252A116S140
技:もりののろい/まもる/ウッドホーン/シャドークロー


S+1で最速ドーブル、準速ドリュウズ抜き、最速ヒードランと同速
Hぶっぱ、残りA

Zもりののろい前提のS調整とZもりののろいを撃つためにHぶっぱしてある
一度撃てばそれなりの火力耐久素早さを確保できるため悪くはないが撃つことが前提のためよくもない


もりののろいは味方に撃つか相手のガブリアスなどのドラゴンに撃つと炎や氷の通りが良くなるため後ろに炎や氷タイプを用意しておきたい

味方のバンバドロに打ち込みバンバドロでたがやすをすれば両方のACが一段階ずつあがり、バンバドロが水草タイプに強くなると言う利点もあるため覚えておいても損はない



75-110-125-100-110-85


ジャラランガについての話

サンムーンにて追加された新たな600族
ドラゴン/かくとうという恵まれたタイプを持ちHが低めだが全体的に高いステータスでまとめられ特性も高いBDが活かせる耐性が増えるぼうおん、ぼうだん、ぼうじんとどれも優秀でデザインも優れさらに固有技スケイルノイズはBは下がるものの連発出来る音技と隙のないポケモン


しかしその恵まれたポジションでありながら覚える技があまりにも貧弱でインファイトもアームハンマーもドレインパンチもきあいパンチすら覚えず物理格闘最高火力はスカイアッパー止まり、なんとカイリューのばかぢからより火力が低く正直いらないレベル、一応きしかいせいはあるにはあるが相性のいい先制技がないため非常に使いづらい
かといって特殊技ではどうだんが使えるのか?といえばそうでもなく当然の如く外れるきあいだまを採用せざるを得ないのが現状
サブウェポンの方も問題を抱えており格闘と相性のいい岩技はストーンエッジを覚えずいわなだれ止まり、ドラゴンと相性のいい炎技もだいもんじではなくかえんほうしゃ止まりと悲しい現実
補助技に関しては積み技としてはらだいこ、りゅうのまい、ビルドアップ、ボディパージを覚えるのだが物理技はご存知の通りであり他の使いやすそうな補助技はちょうはつくらい

一応メインであるドラゴン技は物理はげきりんにドラゴンクロー、特殊は流星群とスケイルノイズと揃っいるのだが非常にフェアリーを呼ぶポケモンであるためどれも使い辛いのが現実


そんなジャラランガを今回いろんな面から考えていきたい



①なぜこんなステータスになってしまったのか

Hが低い理由は恐らく600族最小最軽量なのが原因と思われる、ジャラランガの大きさは1.6m、重さは78.2kgとガブリアスの1.9m95.0kgを一気に下回るサイズになったためHが低くなったと思われる
大きさにくらべ体重が重い点はかくとうタイプらしく体が筋肉を占める割合が高くそのためABDが高いと思われる、Bが一番高いのは鱗を持つからであろう
そしていくら筋肉質の体とはいえ小さい体で重い体重を支えて動くのは難しい、そのためSがあまり高くないのだと思われる、しかしボディパージのように一時的なシェイプアップにより高速移動が可能になるのだろう
Cが高いのは無理矢理考えるならジャラコからジャランゴに進化した時に二足歩行になったため脳が発達していったのであろう、実際は余った数値をCに入れた感じもしなくもないがそこに助けられている感じはしなくもない

特性に関してはポニの大渓谷の厳しい環境を生き延びるため非常に防御的な特性になったのだろう、ただポニの大渓谷に音技を使うポケモンはエアームドとジャラコ系、ルガルガン、ゴルバット、ゴルダックくらいしかおらず、玉系の技は釣り限定のドジョッチ系のみで粉技にいたっては誰もいないため怪しいところがある


この残念配分に関してHAを間違えた可能性も考えたが覚える積み技的には問題ないが物理技面では疑いたくなる
Cを下げればとの考えもあるがそうすると今度はせっかくの専用技のスケイルノイズが残念な性能になってしまう
そのためACを最低限火力が出るようにしBDを高めに設定、Sはそれなりにして残りをHに回したら75-110-125-100-110-85になってしまったのだろう



②どう活躍させればいいか

ジャラランガを活躍させるにあたり注目していきたい点は耐性面である
こいつの耐性は炎水草電気岩虫悪半減とパーティに一貫しやすい岩悪を半減できさらに特性で一部のポケモンに対しても強気にイケるためパーティにおけるクッション役として採用し有利相手に負担をかけていくように活躍させるのがベストだろう
特に草岩半減でぼうじんにより粉技無効、スケイルノイズによりみがわり無視、S85、Bが高い点から対キノガッサに非常に強くキノガッサが重いパーティなら積極的に採用してみるのもいいかもしれない


③型を考えてみる

⑴特殊アタッカー
種族値的にはA>Cだが技火力ではこちらの方が勝る
流星群やスケイルノイズ、きあいだまと一致火力にすぐれておりサブもラスターカノンとかえんほうしゃがある
クッション役を考えず普通にアタッカーをするだけなら努力値はCS振りの方がいい
持ち物はカクトウZがオススメ
ひかえめZきあいだまは無振りメタグロスを確1にでき、H振りや無振りメガグロスすら乱数、さらにZ技なので外さないとかなりの使いやすさがある
ミミッキュを強く呼ぶのでラスターカノンはほぼ必須


⑵積みアタッカー
Zはらだいこ+ボディパージやりゅうのまいで積んでいくタイプ
Zはらだいこ+ボディパージは爆発力はあるが決めにくいため注意、りゅうのまい型は技が揃うまではキツい
こちらもミミッキュを強く呼ぶので一致技両採用はしない方がいい


⑶クッション型
Hぶっぱでクッション役として投げ削っていく型
投げたい相手は多いが火力は足りないため仕留めきれない可能性が高いためどくどくの採用もあり


⑷保険ボディパージ
高めのABCDと相性のいい弱点保険とSを補うボディパージとの相性がいい点から考えつく型
無理なく両刀可能なため強いとは思う
現在バトルツリーで確認されているからをやぶるジャラランガはこれのほぼ上位互換なためからをやぶるがくるまでの繋ぎになるのではないだろうか?
アップデートによりからをやぶるは闇に消されました


色々ジャラランガについて書いたが今回ジャラランガについてここまで書いたのはジャラランガが弱いと言われている事と私自身がこいつに可能性を感じたからであり今回の記事を書くに至った
こんなジャラランガをみなさんどうかよろしくお願いします



はやくからをやぶるください

さっきの記事とは逆に気楽に書いてる








からをやぶると装甲パージにより全抜きしていけ


性格:いじっぱり
持ち物:しろいハーブ
特性:リミットシールド
努力値:H244 A252 S12
技:からをやぶる/いわなだれ/アクロバット/じしん

H偶数調整
Aぶっぱ
Sコア時からをやぶる1回で最速スカーフ120族抜き、通常時からをやぶる1回で最速97族抜き


シンプルにからをやぶるで全抜きする型
他のからをやぶるポケモンと違いHPが半分を削ると途端に素早く攻撃的になるのがミソ、そのためいかりのまえば対策にHPを偶数にしてある
一回からをやぶるをすればアホみたいに速くなりさらにしろいハーブを消費しアクロバットの火力が上がる条件も満たせる
通常時は状態異常に強いため耐久相手に積んでいきたいが基本はコアに変形しておきたいため不利対面以外なら積んでいきたい

通常時にはこんらんは効くので注意

このページのトップヘ