2005年11月

2005年11月29日

ドゥカティスポーツ1000ポールスマート

75f3360b.JPG 土日で大磯でライダートレーニングをしていた私は、よく月曜日には、某誌のテストでドゥカティSPORT1000、PAUL SMART1000のテストに出かけていました。
 このスポーツ1000、およびポール・スマート1000は、私がまだ20代の頃に、憧れであったFRPタンクの750SSとか、ロケットカウルが付いた、P.スマートと、B.スパッジアーリが勝ったイモラ200で走っていたシルバーのロケットカウル付きのマシンをそのまま最新の技術で再現したモデル。その本質やインプレッションは、12月発売の某誌を見ていただくとして、ここでは私が撮ったP.スマート1000の写真で我慢してください。

yamyamj at 19:53|PermalinkComments(0)

宣伝 ライダートレーニング

0d75c9a3.JPG 先週末の土日、大磯プリンスホテルの大駐車場で、BMWライダートレーニングを行いました。土曜日は、ベーシック、日曜日はアドバンス・コースで、基本の考え方はまったく同じですが、実際に参加されるライダー達の走る量はまったく異なります。
 ベーシックは、BMWが考える安全やリスクを少なくするための走り方、アイデア、コツなどを伝授するために、どうしても参加者の皆さんを前に講釈している時間が長く、走る時間が足りない、といわれます。しかし、この基本的な考え方やコツ、そしてなぜそうするのかという理屈が分かっていないと、どんなに経験や技術が優れていても、リスクばかり増えて安全ではなくなります。参加される一人ひとりの技術レベルや、その人に最も合ったアドバイスを探りながらきちんと伝えていくには、これくらいの少人数でなくては無理なんです。参加人数を多くすれば、コストは安くなりますが、それではBMWが考える一人ひとりに納得してもらえるカリキュラム・レベルに達することができないということなんです。
 今シーズンのライダートレーニングの日程は、今回の大磯コースで終了します。来06年スケジュールは、近々BMWのホームページ等でお知らせできるはずですので、ぜひ参加してみてください。間違いなく、皆様のライディングのリスクが減り、より楽しく、そして長い間楽しむことができるようになります。また、来年には、オフロード・トレーニングも開始する予定です。これも、基本的にオフロードをはじめて走るライダーから、かなりのレベルのライダーまでが満足できる内容になっていますので、期待していてください。

yamyamj at 19:44|PermalinkComments(0)

2005年11月25日

言わんこっちゃない、テレ朝でバイクが路上占拠

325da2f2.JPG 昨日のテレビ朝日の夜のニュース番組「報道ステーション」ご覧になりましたか?
都内渋谷でバイク、といってもほとんどはスクーターでしたが、が違法駐車して路上を占拠している、というコーナーがありました。若者が集まる渋谷で、駐車禁止の路上だけでなく、歩道にまで乗り上げてバイクが駐車、緊急自動車(救急車)も通れなくなっている、また子供が熱いマフラーなどでやけどしたり、転倒したバイクの下敷きになったら、それこそ大変という報道でした。バイクが倒れたときの衝撃が30Gだという学者の検証実験もあったりしました。ただ倒れただけで30Gというのは、とても納得できる数値ではありません(なにしろ、力いっぱい押し倒している様子がありありでしたから)が、これは以前にオーナーズクラブのブログでも濱谷氏が話題にしていた、二輪駐車場の設置、二輪車の駐車違反取締り強化、という話題そのままの取り上げ方でしとた。
 これに関しては、すでに私も以前のブログで取り上げたように、ヨーロッパでは当たり前の二輪車用駐車スペースをきちんと作り、それ以外に駐車したら、徹底して取り締まるという当たり前のことができていれば、何の問題にもならないことですよね。国交省が駐車場の規定の中に二輪車が入っていない、今後もその予定がない、というのも論外ですが、テレ朝の解説委員が「それなら、徹底的に取り締まって、そういう声が上がるようにすればいい」なんて言っていました。冗談じゃない。行政がきちんと二輪車の存在、利便性を考える頭があれば、まずは二輪車専用駐車スペースを作るべきです。作り方はとくに難しいわけではなく、ヨーロッパのこんな写真をいくつか参考にすればいいんですよ。

yamyamj at 16:44|PermalinkComments(0)

2005年11月18日

ライバル対決

905d3ea3.JPG ブログの更新が遅れましたこと、お詫びいたします。なにしろ、先週木曜日にスペインから帰国、翌日から日曜日まで九州でのイベント、今週火曜日は某RC誌、水、木は某別M誌のテストで、帰宅後原稿を数本書いたりしていましたので、その後は寝てしまいました。
 さて今回は、その某誌のテストで私の愛車であるR1200GSとそのライバル車の比較がしっかりできたことを報告したいと思います。詳しいことは、来月15日発売の某誌を見ていただくとして、今回のテストはっきりしたことは、BMW R1200GSがライバルには真似のできないオフロードの走破性とオンロードの快適さを高い次元で両立していることでした。
 写真は、浅間山近くのスキー場での撮影風景です。この写真のほかに、スズキVL1000もいます。
 今回のテストでの燃費は、高速、一般道、ワインディングを含めてほぼ20km/lでしたので、実際にはオフロードタイヤの転がり抵抗はオンロードタイヤに比較してそれほど悪くないのかもしれません。しかし、この件に関しては、タイヤメーカーの技術者からのコメントがきてから、判断したいと思います。

yamyamj at 21:05|PermalinkComments(0)

2005年11月06日

この人、だれ?

72238c18.JPG まだスペインです。今日は土曜日の夜のお話です。
ヤマハがパーティするから、予選後の夜7:00に特設ブースまで来てください、ということで、行きました。そのパーティは、ヤマハが今シーズンMotoGPのライダー・チャンピオン(もちろんV.ロッシくん)と、世界モトクロスのMX1/MX2(昔の250/500)のチャンピオンを獲得した記念と、ヤマハ50周年を記念して、過去のレースでの素晴らしい成績からの足跡を知ってもらいたいということでした。
 というわけで、当然MotoGPとMXのチャンピオンである、V.ロッシとS.エバーツの二人が登場(もちろん、ロッシくんは30分ほど軽く遅刻)して、壇上で楽しいトークをしてくれました。さらに、WGP500時代に最高峰の500でチャンピオンを獲得したあのG.アゴスチーニさんもインタビューに応えていました。
 ところで、この写真でうれしそうな私と一緒に楽しげに笑っている小柄なおじさん、誰だか知っていますか? ヤマハのシャツを着ていますからその関係者でしょうが、メカニックかな、なんていってちゃ失礼ですよ。かなりマニアックなレースファンなら、おそらくよくご存知の、70年代から80年代にかけて250ccのスペシャリストで、1983年、86年にチャンピオンを獲得した、ベネズエラの…、そうです、C.ラバードさんです。現役のときの彼の走りは、いわゆる「切れた天才!」というF1のナイジェル・マンセルのようなライダーでした。わたしは、当時取材で彼の走りを何回も見ていて、大好きなライダーの一人です。こうして引退したとはいえ、一緒に写真に納まってくれるなんて、うれしいじゃありませんか。

yamyamj at 21:43|PermalinkComments(0)

2005年11月05日

スペイン・バレンシア

01036a74.JPG 今日はスペイン・バレンシアに来ています。目的は、MotoGP最終戦の取材です。決勝は明後日ですが、最終戦はいろいろなニュースが飛び交いますので、とても、興味深いんですね。写真は、ことしからスタートしたBMWパワーカップ・レースに出るマシン(K1200Rベース)の様子をピット上にあるプレスルーム外のバルコニーから撮影したものです。BMWがMotoGPをサポートしていて、マーシャルカーやセーフティカーを提供していることはよく知られています。でも、いつになったらMotoGPに出てくるのでしょうね。BMW本社にいっても、二輪関係の人はみんな「出ませんよ」というのですが、私は、怪しいと考えています。だって、マーシャルカーやセーフティカーを提供して、コース上に「BMW」のプロペラマークを書くことで、かなりのお金を使っています。それにパワーカップをやっているわけですから、それだけでイメージアップになるというのは、バリューフォーマネーではありませんよね。
 それはともかく、私はレース後の月、火のテストまでいる予定です。また、スペインネタがあれば、書いてみるつもりです。


yamyamj at 01:47|PermalinkComments(0)