2007年11月

2007年11月15日

ステップをGS ADVに交換

647b440a.JPG 気温が下がり、バイクで走るにはもってこいの季節になってきました。私は、今週末に伊豆の戸田に、さ来週末には伊勢・志摩のいつも行く(BMOJホームページ参照)旅館で、美味しい魚を食べまくる予定です。
 今日は、これまでの課題でしたステップを交換しました。R1200GSのステップは幅が狭く、オフを走るときに、防振ラバーを外すと、ステップの上に立ち上がる、スタンディングのライディングで、足裏が痛くなる問題がありました。以前から、R1200GS ADV(アドベンチャー)のステップに付け替えればいいのは知っていましたが、シフトペダルやブレーキペダルとの距離が近くなるので、操作に問題が出るかも、と躊躇していました。でも、やはりもっと楽にオフのライディングを楽しみたいし、オンのツーリングでも、より快適になるのではと、交換することにしました。最初は、部品だけ購入して、自分で取り付けるつもりでしたが、いつも行く「バイクハウス フラット」で取り付けましょうか? と聞かれ、「そうだよね、ついでだからお願い」となり、取り付けまでしてもらいました。
 するとなんと、私のGSが初期型のためなのか、ステップを取り付けるフレームのステーの幅が狭く、そのままでは入りません。結果的には、ADV用ステップの取り付け部の幅を2mmほど削る作業が必要となり、結構時間と手間の掛かる作業になってしまいました。いやいや、自分でやっていたら、大変だったな、と感謝、感謝。ステップの幅が約倍となり、立ち上がったときの安定性ははるかに向上、オフではぐんと走りやすくなります。それに、心配していたシフトペダルやブレーキペダルとの位置関係も、思っていたほど影響なく、操作性も問題ありません。もしシフトペダルが近くなりすぎるようだったら、と考えて、すでにツラーテックのアジャスタブル・シフトペダル(もっとも長い位置で約10mmほど伸びるし、先が折れ曲がるので転倒での折損にも強い)を購入してありますので、今後使ってみて考えるつもりです。

yamyamj at 13:50|Permalink

2007年11月06日

来ました、来ましたニューR1200GS、F800GSなどなど

eea344d1.jpg 東京モーターショーでは、ブースさえ構えなかったBMWモトラッドですが、いま開催されているミラノ・ショーで、ついに08年用のニューモデルを発表。それも、1台ではなく、新GSシリーズともいえる、R1200GS、R1200GS ADV、F800GS、F650GS、そして450エンデューロを展示。
 詳しい情報はないものの、これまでR1200GS、ADVで築いてきた、オフロードに強いBMW、あるいは冒険心に富んだBMWというイメージをさらに加速させるニューモデル攻勢だ。もちろん、すでにオンロードのスポーツ・バイクとしてR1200Sportで、ついにDOHC化して、よりスポーツ性能を高めているだけに、新しいGSシリーズもオフでの走りのポテンシャルが高められているとも考えられる。とにもかくにも、早く乗ってみたいものだ。私のこのブログでは、F800GSの写真だけだが、BMW MOAのホームページにアクセスすれば、他のモデルの写真も見ることができるよ。
 F800GSのスペックは、
水冷並列2気筒DOHC4バルブ 798cc 最高出力85ps/7500rpm、最大トルク8.46kg-m/5750rpm、全長2320mm、全幅945mm、軸距1578mm、乾燥重量178kg タイヤF 90/90-21、R 150/70R17

yamyamj at 20:23|Permalink