2008年03月

2008年03月21日

BMW F650GSは、要注意!?

deeb0125.JPG 昨日、伊豆でBMWのニューモデルF650GSに乗ってきました。このF650GSは、これまでの単気筒に代わって、並列2気筒のF800S/STのパワーユニットを使っています。しかし、その搭載角度をぐんと起こして、より重心位置を低く集中、フレームも鋼管トラスタイプを採用していて、驚くほどスイングアームが長い、独特のレイアウトを持つ。S/STに比較して、ぐんと抑えられたパワー(S/STが85psに対して、71ps)だが、それによって低回転での粘りとスムーズさを実現していて、3、4速で空いた国道を60km/h前後で流しているときのストレスのなさと心地よいツインのパルスは、このF650GSだけの美点。
 シート高も日本仕様は低く、790mmで希望すれば、765mmにもできる。そのスタイルから、オンロードだけでなくオフロードにも足を踏み入れてしまいたくなるが、F650GSは、そんなときにも驚くほど扱いやすく従順。もう少し2次減速比を大きく(簡単にいえば、リアスプロケットを2丁ほど)すれば、トコトコと道なきところまで入っていきたくなる軽快さがうれしい。詳しくは、今後発売される各専門誌をご参照ください。ともかく、これだけいろいろなシチュエーションで楽しめるバイクで、650というネーミングながら、じつは800ccの最新の技術が投入されたバイクがこの価格というのは、かなりお買い得だといえる。

yamyamj at 21:32|Permalink