2009年07月

2009年07月31日

BMW F800R この子は相当イケル!!

f2d7390f.JPG 今日、白馬は午前中は陽が燦々と降り注ぎ、気温はそれほどでもないという、絶好のテスト日和。リッチなホテルの正面玄関前に並べられたBMWのニューモデルF800Rに、我々業界人はともかく、リゾートにやってきた若い人たちが注目していたことに驚いた。しかも、その多くは女性で、彼氏だかフィアンセだか分からないものの、見るからにリッチな若い男性は、連れの女性が興味を示した後で、フーンッという感じで見ている振りをする。
 そんなことは置いといて、私はF800シリーズは、すでにS/STそして、GSがあるのになぜ新たにRを加えたのか、彼らの真意を確かめようと身構えながら、写真を撮っていた。
 全体の印象は、K1300Rロードススターを少し小ぶりにした造りなのだが、なぜかチープな印象はなく、小悪魔的な色気をかもし出していることに、ちょっとだけ驚いた。
 そして、ドライから、バケツをひっくり返したような土砂降りの中を半日ほど走ってみて、こいつは相当イケルという確信を持った。それは、単にパワーが増えたとか、速いとかではなく、どの回転域でもスムーズで、粘ってくれるバーチカルツインが、ツインとしての鼓動感をしっかり持っていたことと、回り方が上品だったのだ。これは、言葉で伝えるのはとても難しいのだが、ライダーが必要ならいくらでも回りますし、速くも走れますけど、ゆっくり走ってツインらしい鼓動で貴方を癒してくれるフィーリングがとても新鮮だった。
 ハンドリングも、その車重が乾燥で180kgを切る軽さから軽快さと、長いスイングアームによるしなやかな落ち着きのバランスが絶妙。
 ちょっと気になったのは、フロントサスペンションがやや硬く感じた。もし可能であれば、フロントサスペンションをもう少しソフトにするか、動きのしなやかさを実現できていれば(テスト車の走行距離はまだ1000kmほどだったから、距離がもう少し伸びれば、動きがスムーズになる可能性は大きい)、このクラスで並ぶコンペティターは存在しないほどの高い完成度を持っている。ABSやグリップヒーター、そしてパニアケースやタンクバッグなどを設計初期の段階からきちんと設定しているところなど、BMWのツーリングバイクとしての基準は、押さえてある。
 初めての大型バイクとしてだけでなく、排気量の大きなバイクが重くて取り回しがきつくなってきたベテランのライダーが乗っても、十分満足させてくれる走りと、品質の高さを持っている。

yamyamj at 23:58|Permalink

2009年07月30日

白馬に来るなら、この蕎麦屋

d8732626.JPG 私は今日、ちょっと早めに長野県白馬に来ています。目的はもちろん、BMWバイカーミーティングの準備のためですが、ヒルクライムコースの設定だけでなく、今回は明日行われるBMWのニューモデルの試乗会もあるからです。そして、原稿も書かなくてはいけません。
 今回私は、東京から白馬に来る一般的なルートではなく、三桁国道の406号線を使ってきました。それは、多少道が悪くても、空いていることと、渓流沿いを走るルートなので涼しいと判断したからです。長野といえば善光寺ですが、その近くから406号線(戸隠、白馬方面と出ていますので、すぐ分かります)に入ります。こんな狭い道という感じですが、交通量は少ないし、渓流わきを走り、とても快適です。
 そして、白馬まであと20kmほどの中間点に鬼無里(きなさ)というちいさな村落に入ります。もうすぐ道の駅という表示(旅の駅だったかも)があるすぐ先の406号線沿いに、なんとも風情のある蕎麦屋を発見、私は迷わずバイクを停めて入ることにしました。店の名前は「おに屋」といい、十割そばを食べさせてくれます。駐車場がちょっと分かりにくいのが難点です(店のひげのご主人に聞いてください)が、もともと民宿だったというお店の雰囲気は最高。ざるそば一杯900円というのはけして安くはないですが、味は最高。ツルツルとしたのど越しと噛めば甘く感じるそばの味は、絶品でした。おすすめは、このざるそばに加えて、鴨汁でいただくつけそば、いやいやいいものに出会えました。
 もしこれから白馬を目指そうと考えている方は、ルートを406号線として、この「おに屋」のそばを試してみてください。この先の道沿いにも、かやぶき屋根の蕎麦屋もありますよ。

yamyamj at 16:20|Permalink

2009年07月27日

ツール・ド・カムロ

6c85e444.JPG 週末に、秋田で開催されたオフロード・イベント「ツール・ド・カムロ」に行ってきた。
 カムロっていうから、なんか漫画と関係あるのかと思ったら、神室山(カムロやま)というのが山形市から新庄市を抜けた国道13号線沿いにあり、そこのふもとの金山町が全面的にバックアップして開催されるイベント。なにしろ、開催の実行委員会のほとんどは、金山町のボランティア・グループの若者たちで、彼らはバイクには乗っていないのだけれど、町が元気になるのであれば喜んでお手伝いしたいというグループで、普段は町の中での清掃活動や観光の手伝いをしている。若い女性が多いのにも驚かされる。
 そして、本題の「ツール・ド・カムロ」は、神室山にあるスキー場「グリーンバレー神室」をベースに、金山町に隣接する林道や川、そして県道、国道を縦横に使いながら、ちょっとだけ本気で走るエンデューロ部分(といっても、2回目の今回はかなりハードな設定だった)以外は、素晴らしい東北の景色を楽しみながらの林道ツーリングを満喫できる。宿泊も、テントでもホテル(シェーネスハイム金山という素晴らしい設備)もあり、私のようにテント泊でもありがたかったのは、広々としたお風呂とウォシュレットの完備した、とてもきれいで清潔なトイレの存在だった。
 写真は、こういったイベントが大好きな「スペシャルパーツ忠男」の社長、チュウさんで、京都までわざわざ買いに行ったというヤマハTDR250(写真の左端に見えるが、とてもエンデューロには向いていない)でほかの参加者の度肝を抜くようなパワースライドを披露、夜は我々のテントまで押しかけてきて、飲むは飲むは(いつものことですが)、我々の睡眠時間が大きく削られてしまいました。
 この町全体がサポートしている「ツール・ド・カムロ」は、ちょっとだけ競技の部分は残しているものの、基本は山形の自然を楽しんでもらおうということだけに、エンデューロレースとして参加した人は少し物足りなさが残るかもしれないが、逆に初参加のライダーにはハードルが高かった印象もある。もし可能であれば、むずかしいポイントでのエスケープロードの設定や、クラス分けをして上級ライダーとそうでないライダーのショートカット・ルート設定があれば、難易度の高いセクションはもっと難しくしてもいいわけだし、初心者でもそういったセクションを見て勉強できたりもするかもしれない。

yamyamj at 21:35|Permalink

2009年07月22日

またまた林道ツーリング

707e3f3f.JPG 前回のブログで、四国の剣山スーパー林道に出かけたことをお知らせしましたが、先週末もまたまた林道ツーリングに行ってきました。
 これは、旧知の松本ミチハル氏とよしともさんが開催している、BOGT林道ツーリングで、お二人がコース設定から、オフロード走行のレクチャー、サポートまでのすべてを行うというサポートツーリングで、対象は林道初心者からベテランまでが楽しめる、とてもフレンドリーなツーリング。
 今回も、私を含めて総勢20名に達する大所帯ながら、きわめて安全で楽しめるオフロードツーリングになっていました。今回のルートは、長野県の沼田から日光に向かう120号線から、根利牧場から皇海山林道を経由する、全長60kmほどのオフロードを含む80kmほどのルートで行われました。
 参加者のマナーは素晴らしく、BMW R1200GSアドベンチャー、HP2、1200GSからKTM950、650、ホンダ スーパーテネレ、カワサキ シェルパ250などメーカー、排気量を問わず、女性もおられるなど、和気あいあいのパーティ。休憩も多めに取るなど、体力に自信のない方でも参加できる内容。そして、よしともさんの的確なライディングアドバイスで、参加者はそれぞれいわれたことを実践しながらの走行で、みるみる走りがスムーズで安定したものになって行きました。これだけの参加者にもかかわらず転倒者もなく、全行程を走りきり、天気予報も外れてくれて雨もパラパラだったのも幸運でした。
 写真は、よしともさんが休憩ポイントから走り出したところを撮ってくれたもので、私の得意な時速5km/hの激走ショットです。

yamyamj at 19:57|Permalink

2009年07月14日

X-HeadとMudSling続編

90d129f5.JPG 四国 剣山スーパー林道の楽しさはお伝えしたが、行く前に装着した「X-Head」と「MudSling」の効果をお伝えしたい。
 運よくというか運悪くなのだか、シリンダーヘッドカバーを保護するための「X-Head」のテストはできなかった。つまり転倒テストという意味なのですが、しかし「MudSling」はその効果をはっきり確認できました。意識して水溜りを走ったりしてみたのですが、リアショック側にはわずかに隙間から泥水がしたたっているだけで、ショックユニットやスプリングはまったくきれいなままでした。そのおかげで、洗車がとても楽で。泥や水が掛かりにくいことで、リアショックのトラブルも減りそう。
 興味のある方は、http://elsee.com/import/ のホームページを見てみるといいと思う。
 そうそう、往復で1000kmを越えたこともあるのだろう、「X-Head」の取り付けボルトが少し緩んでいた。新品で装着後、そのくらい走ったら増し締めしてあげると落ち着くと思う。

yamyamj at 20:11|Permalink

2009年07月13日

四国 剣山スーパー林道

c5b072ed.JPG 週末、天気予報では60〜70%の降水確率になっていたので、ちょっと不安だなと思いつつも、四国に出かけてきた。目的は、神戸のカツラダモータースさんのキャンプツーリングでオフロードライダーの聖地といわれる剣山のスーパー林道を走る企画に、プライベートで参加するためだった。
 私は、東京から自走での参加で、キャンプ道具を積んで出かけた。キャンプ道具は、昨年のBMW GSトロフィー世界大会で使ったものを中心に、シュラフだけは夏用のコンパクトなものにしておいた。
 じつは、今年に入って、この剣山スーパー林道を走る機会は、もう一度あった。しかし、そのBMWオーナーズクラブ主催のイベントは、あいにくすでにほかの仕事が入っていたことで、実現することができなかったのだ。そして、たまたまカツラダモータースさんの企画があることを知り、無理やり参加させてもらうことにしたというわけ。
 参加者は、25台くらいといわれていたが、天気が怪しいということで15名ほどに縮小していたが、私やショップのスタッフを入れれば20名近くになるので、結構大世帯。
 徳島市内から小一時間ほどにある「月ヶ谷温泉キャンプ場に朝9:00ゴロに到着して各自テントの設営や林道走行の準備を終え、いざスーパー林道に向かう。この剣山スーパー林道は、全長約87.7kmほどもあり、走り応え十分。しかも、オフの聖地といわれるだけあって、荒れていることでも有名だった。
 私は勝手に、参加者のバイクが多くが1200ccのR1200GSやアドベンチャーなんだから、荒れているところは回避したりするんだろうな、しかも結構多くの人が標準装着のタイヤだったから、無理はしないんだろうな、と思っていたが、リーダーいわく、「今回は運よく全線開通になっていますので、楽しみましょう!!」とのこと。
 走ってみた感触は、いやいやメチャクチャ楽しい、であった。修復などで多少玉砂利の深いところがあったものの、ほとんどはとても走りやすく、土曜日にもかかわらず対向車やぶっ飛ばすバイクとも会わずに独占状態だった。
 キャンプ場も、スペースはたっぷりしているし、温泉は川を挟んだ温泉が利用でき、とても広くて快適。夕食のバーベキューも美味しく、スーパー林道を走っていたにもかかわらず、12:00近くまで楽しませてもらうことができた。
 参加者のなかの何人かの方は、素晴らしいテクニックを持っていて、今年のGSチャレンジで表彰台に上がるほどの腕だから、素晴らしく安定して基本に忠実に走られていた。のんびりと走っている私は、すぐに追いつかれて抜かれてしまうのだが、そのときの彼らのマナーのよさも最高で、無理に抜かずに、相手が気づいたことを確認してからゆっくり抜くという、じつにできたエキスパートだった。また、参加者にトラブルがあると率先して手伝うなど、最高のライダーたちだった。
 私は、来年も間違いなく参加するつもり。

yamyamj at 20:15|Permalink

2009年07月08日

新カスタムパーツ こいつは相当イケル!

82fd476f.JPG 先日、友人の紹介でBMW用の新パーツがあるけど、試してみない、と案内されたのが、フラットツインGSなら誰でも注目のシリンダーヘッドカバー部の保護パーツ。私は、純正の後でHP2用のヘッドカバープロテクターを購入してわめて使用してきた。インジェクションボディもカバーされるので安心だったが、急坂の登坂で失敗して転倒したときに、シリンダー後部のステー部が簡単に折損。前部のネジ止め部と、後方のエアクリーナーホースへの取り付けのおかげで脱落は避けられたが、何かいい対策はないかと模索していたときだった。
 紹介された米国machine artmoto社製の「X-Head」と、「Mud Sling」はポリカーボネイト製のインジェクション成型で、5mm厚。製品は、表、裏ともにきわめて高い精度と丁寧な造りがされており、一見して相当精密な製品作りの経験があることが分かるもの。さっそく取り付けてみて、私の第一印象が間違っていなかったことがすぐ分かった。通常、こういった樹脂製品(FRPやCFRPも含めて)は、取り付けの際に多少なりとも加工が必要だったり、バリ取りをする必要が普通なのだが、これは、取扱書の指示どうり取り付けると、なんら加工の必要もなくピタリと取り付けられ、これなら、もしかの転倒時にも取り付けボス部へのダメージもない、優れものだと分かった(もちろん、転倒テストは、まだですが後日報告予定)。また、リアショック周りの泥汚れを防いでくれそうな「Mud Sling」の取り付けも本当に簡単で、ものの5分も掛からなかった。
 注意点は2つ。
 一つは、「X-Head」の取り付けの際、付属の平ワッシャーは、シリンダーヘッド前後上部に使用し、ヘッド後部下は、イグニッションコイル・サポートステー(ホルダー)とヘッドの取り付けボスの間に「X-Head」のステーを鋏むようにすること(サポートステーの下に付けようとすると、穴位置も合わなくなるし、ステーを削る必要が出てくる)。また、「Mud Sling」を取り付けると、ノーマルショックの泥除けカバーとの間隔がギリギリとなり、走行時に接触する可能性があるので、取り外したほうがいい(私は、取り付けボルト、ナットを外した後で、金切りバサミでばっさり)。
 価格は、「X-Head」が23,100円(消費税込み)、「Mud Sling」が19,950円(消費税込み)で、現在のところYahooのオークションや東京 越谷のBMW Motorrad正規代理店M.S.C原さんで取り扱っている。
 使用感等は、またご報告するつもり。今週末、四国の剣山の林道を走りに行くので、もしかしたらしっかりテストできたりするかもしれない。

yamyamj at 23:21|Permalink

2009年07月07日

河名シートを装着

d46b0e94.JPG ブログの更新がなく、申し訳ありません。
 今回は、私の愛車BMW R1200GSが70,000kmを無事に越えたことと、これからも頑張ってもらいたいという思いから、長年の懸案事項だったシートに投資いたしました。
 今回私が選んだのは、すでにBMWの各車で実績のある河名シート(東京)さんのもので、お願いする前にちゃっかり800kmほど試乗(R1200GS・ADV)テストさせてもらい、そのあまりの快適さに帰京してそのままお願いしました。ノーマルシートは、座面が前下がりで、私はそれを嫌って前を高く、後ろを低くして取り付けていましたが、それでも長く乗るとお尻が前方にずれてきて、どうにも具合が悪かったのです。でも、この河名シートは、座面がほぼフラットで、長時間乗っていても尻がずれることがなく、しかも、シートベースをノーマルシートのそれを使わず独自に製作していることで、同じ取り付け位置でもシートの裏面をフレーム(シートレールといいます)ぎりぎりまで下げることでき、その分クッションを厚くできることで、驚くほど快適な乗り心地が得られます。私は贅沢ではありましたけど、ヒーター付きシート(オプション)としましたので、今年の冬はさらに快適に過ごせること間違いありません。

yamyamj at 20:21|Permalink