2011年11月

2011年11月17日

いいもの発見!?

IMGP2265
IMGP2262
IMGP2263
IMGP2263
IMGP2269
IMGP2270
 いいもの見つけちゃいましたので、ご報告です。
最近のBMWのグリップラバーは、細くて意外に柔らかいラバーが使われています。細い割には握り心地もいいのですが、弱点は磨り減ることです。私の前愛車04年型R1200GSでは、なんとかだましだまし使っていたものの、7万kmを過ぎて表面の模様がなくなりツルツル状態になりました。グリップヒーター内臓ですから、交換すると結構な出費になってしまいます。そこで私は懇意にしているディーラーさんにお願いして、表面のラバー部を削り取ってもらい(つまりヒーター用のニクロム線は残したまま)ちょっと前のモデルに使われていた、先端に行くほど少し太くなるグリップラバーを被せるという荒業をお願いして、なんとか助かりましたが、これはメカニックさんの負担が大きく申し訳ないと考えていました。
 現在の愛車10年型R1200GSも、あと少しで5万kmまでオドメーターが進んできた昨今、グリップラバーは、表面の模様がなくなりつあります。とくに、ステアリング操作で多用する左側(つまりクラッチ側)のそれは、ほぼツルツル状態でした。
 そんなときに、あるBMW関係の雑誌のお役立ちアイテムというなかに、いい物を発見してしまいました。これは、ERGO WORKSさんが発売している「グリップ シュリンクチューブ」という商品(品番BM-04001)で、純正のグリップに被せるだけ(作業としては被せてヒートガンで熱を加えると縮んでピタッとなる)という簡単なもの。しかも、価格が、1,260円というリーズナブルな設定。
 ほんとかいな、と疑問もあったものの、使ってみることにしました。ヒートガン(一般的な洗髪時に使うドライヤーでは熱量が足りない)は持っていないので、ディーラーさんに取り付けをお願いして、待つことわずか10分。あっという間に完成して戻ってきました。見たところ、たしかにピタッと張り付いていて、シワもありませんし、新品のグリップに交換したかのようです。
 そのまま50kmほど走ってみましたが、違和感はまるでなく、太くなった感触もないですし、滑って握力が必要になることもありません。耐久性がどのくらいあるのかは今後お知らせしますが、なにせ価格がお安いですから、磨り減ったら交換しても、懐にも優しいのがいいですね。試してみる価値ありですよ、これは!!

yamyamj at 16:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年11月09日

ブレーキパッドとディスク

IMGP2222
IMGP2230
IMGP2229
IMGP2231
 今日、いつもお世話になっているディーラーさんで、前後のブレーキパッドを交換しました。まあ、写真を観ていただければ分かりますが、見事にギリギリでした。多分、10月末のラリー・ツーリングイベントで、ウワーッとかいいながらよく使ったこともありますが、なんといっても48,722km走っていますから、当然ともいえます。以前の愛車の04年型GSではたしか2万5000kmあたりで交換したと思うのですが、こんなに持ちがいいとは驚きです。オン、オフの2種類のタイヤを履かせたホイールを交換するときに、いつもチェックしていて、分かったのですが、これ以上使い続けていると、もう少しでパッドが貼り付けてあるベースの金属部分がディスプレートと接触して、ディスクプレートも傷つけてしまうところです。良かった良かった。
 4万km弱のときにブレーキパッドは大丈夫でしたが、ディスクプレートが減っていたリアは、定評のある「SUNSTAR」製のスペシャルに交換しました。それから約1万km走った結果、このディスクプレートがとてもいいと感じています。それは単に効きが向上したという単純なものではなく、どのくらい効いているのかが分かりやすく、雨天時でもスリットのおかけで水はけがいいのか、ドライと同じ効きにすぐに戻ってくれるのがポイントです。
 また、r`sギアさんに作っていただいた15mmハンドル位置を上げるセットプレートの効果は絶大で、今回のオフのラリー・ツーリング・イベントで、バイクの扱いが驚くほど楽になり、疲れも大幅減少でした。

yamyamj at 15:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)