恒例、伊勢志摩飲んだくれ、だけじゃないツアーニューアイテムを装着!

2009年12月08日

再現! テレビ大阪WGP解説?!

IMG_4779 (1)テレビ大阪2
IMG_4775 (1)テレビ大阪
 私が何年か前まで、テレビ大阪、その後NHK BSでWGP(現MotoGP)の解説をしていたことを知っている方も、少しはいると思います。テレビ大阪時代(1991年から10年)は、福田照男くんや伊藤真一選手(当時)たちと、日本人選手の活躍を千年屋アナウンサーと絶叫応援していました。
 そして、つい先日、MotoGPのオフィシャル・ビデオ・DVD製作販売をしている(株)ウィック・ビジュアル・ビューロウで、ことし最後の250クラスチャンピオンになった青山博一くんの先輩で、93年に250チャンピオンになった原田哲也選手のDVDが発売されることになり、劇的な最終戦FIMスペインGPハラマ・サーキットでの優勝、チャンピオン獲得の模様を再現。そのときの裏話を千年屋アナ(現在は報道スポーツ局次長兼スポーツ部長)とたくさんしゃべりました。
 そのときの実況放送の問題は、当時のスペインの通信事情でした。日本へ送る回線が使えないことが放送直前、つまり決勝レーススタート直前に判明、どうしたらいいんだろう、とアタフタする間もなく、同行していた技術部部長の咄嗟の判断で私と千年屋アナの間に電話の送受話器が1つ差し出され、私たちはそれに向かってしゃべることになりました。そうです、大阪のテレビ大阪の技術センターに国際電話を掛け、その電話機ひとつで二人の声を送ろうというのです。時間もありませんから、これでやるしかありません。
 普通は、ヘッドセットを使うことで、自分の声が聞こえますからいいのですが、送受話器ではそれも分かりません。レースはどんどん緊迫の度合いを深めていきますから、私と千年屋アナの声は大きくなっていきます。アクリル板で仕切られただけの隣のブースでは、WOWWOW放送のアナウンサーと解説の八代俊二氏が冷静にしゃべっていました。
 そして、ポイントで大きくリードしていたL.カピロッシがコースアウト、原田選手がトップに躍り出る(このとき原田選手が優勝しても、カピロッシが4位以内ではチャンピオンを取ることはできません)ころには、私と千年屋アナはついに絶叫状態となり、原田選手がトップでチェッカーを受け、カピロッシが最終ラップにA.プーチ(現在の青山博一選手のコーチ!!)に抜かれて5位となり、チャンピオンを獲得したことが分かったときは、もう隣のワウワウの放送に、我々の声が入ってしまっていることなど忘れて二人で叫んでいました。
 もしできるなら、また千年屋さんと一緒にMotoGPをテレビかDVDでしゃべってみたいな、と願うばかりです。

yamyamj at 11:06│Comments(5)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

5. Posted by じゅんじゅん   2009年12月15日 22:02
> 以前中津川林道でお会いした、骨折ヤローです。あれ以来楽しく読ませていただいております。
> 今回千年屋アナのことで、思わずコメントいれてしまいました。93年原田の最終戦は涙無くして語れないもので、まだ家に当時のビデオもあると思います。千年屋アナが、「今、原田が若井と共に走っている〜!」なんて、今書いていても涙が出てきますが、その裏でこんなご苦労があったとは・・・ 一段と感慨深いものになりました。
ケビン34さん、コメントありがとうございます。当時のテレビ大阪の千年屋アナと私たちの絶叫を聞いていたとは、驚きと嬉しさで一杯です。
> 夜叉神にもいらしたんですね。私の家はその下の信玄橋のそばなもので、記事を読んで近くにいらしたんだなと思っておりました。またどこかでお会いできますかね。
 もちろん、私はおたおたと林道に出没しますよ、来年も。ぜひまた、お会いしましょう。
4. Posted by じゅんじゅん   2009年12月12日 16:28
> はじめまして。今から25年位前だった?と思います、はじめて8耐を観戦した時に、エントリーリストのなかに、自分と同じ名前があってビックリしました。
>  その後、BSの8耐の解説・ピットレポート、WGPの解説等のテレビメディアに、山田さんが出られているのを、自分にコトの様に誇らしかったのを覚えてます。

やまじさん、ありがとうございます。
そうですか、同姓同名ですか!? いい名前です。25年くらい前の8耐ということは、BMWで走ったときか、シンスケさんのチームで千石くんと組んでヨシムラ・マシンを走らせ、唯一予選落ちしたときかもしれませんね。8耐には、第1回大会から何回か出ていまして、78年のシマ498Y「ロードボンバー」での8位が最高の成績です。その後のテレビ解説をお聞きいただき、ありがとうございます。当時は、できるだけ冷静にコメントするようにしていたのですが、ついつい、興奮していき、お聞き苦しかったかもしれませんが、あのほうが臨場感があったのかもしれのせん。もう一度しゃべってみたいですよね、本当に。TBSさん、MotoGPゲストでいいので、私にしゃべらせてもらえませんですかねー!!
3. Posted by やまじ   2009年12月12日 06:43
5 はじめまして。今から25年位前だった?と思います、はじめて8耐を観戦した時に、エントリーリストのなかに、自分と同じ名前があってビックリしました。
 その後、BSの8耐の解説・ピットレポート、WGPの解説等のテレビメディアに、山田さんが出られているのを、自分にコトの様に誇らしかったのを覚えてます。
 レース前は、冷静で解り易い的を得た解説をしてる人が、レースになると少しずつ早口になり最後は「ウォ〜!」「イケ〜!」を連呼し、最後は「フゥ〜いや〜すばらしかったですネ。ハァハァ。」と落ち着く。当時はたいへん楽しまさせて頂きました。(笑)
 同姓同名の大先輩の、更なる活躍を期待いたして楽しみにしてます。
2. Posted by じゅんじゅん   2009年12月10日 15:21
211Vさん、コメントありがとうございます。いやうれしいです。テレビ大阪のWGP解説は、福田くんも素晴らしいGPライダーだし、千年屋アナもバイク好きで、ライダーの感覚を表現することに長けていたと思います。そして、同時に日本人ライダーたちの素晴らしい活躍、レイニー、シュワンツ、ドゥーハン、そしてコシンスキー、などに真っ向から勝負していた阿部ノリック、岡田、伊藤などの走りに興奮しないわけがありませんでした。その後のNHKでは、なかなかできなかったのが、私の心残りです。
1. Posted by 211v   2009年12月09日 23:24
5 いつもブログ拝見しています。何を隠そう山田純さんを知ったのは、WGP解説でした。千年屋さん、福田さんと3人で絶叫モードになると、誰も止められないシーンが今でも目に浮かびます。94年の鈴鹿も凄かったです。あのころは、125ccクラスも日本人大活躍でした。そんな私も年をとり、山田さんと同じBMWにたどり着き、今でもバイクが趣味であることを嬉しくも思います。これからもご活躍期待しています。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
恒例、伊勢志摩飲んだくれ、だけじゃないツアーニューアイテムを装着!