フリクションを低減? オービトロンXR12って何?新しいインターフォン

2016年06月28日

ブレーキディスク交換、さらにゼロポイントシャフト導入

 7万km超えて、さすがに不安になり、ディーラーさんに行き前後ブレーキのパッドの交換を依頼しようかと考えていましたが、パッドよりディスクローターそのものがかなり減っていることも気づいていました。
 そんな時、タイミングよくイタリアのブレーキング製ディスクローター(純正ローターより少し径が大きくウェーブ)の存在を知り、価格もリーズナブルでしたので、すぐオーダー(あのオービトロンシステムの発売元、ランドマスター)、ブレーキ・パッドも交換(7万kmまでフロントは無交換)しました。まだ交換して600kmすぎなのですが、タッチもよく、効きもレバーへの入力に極めて素直に反応してくれるので大満足。
 また、懸案でしたフロントホイールのシャフト、クロモリ製「ゼロポイントシャフト」(株PEO)を導入しました。これまで私は、チタン製シャフトを使っていまして、好感触を得ていたのですが、それより重い今回のシャフトはどうなんだろうと不安だったのですが、交換してすぐに感じたのは、取り回し時の軽快さでした。これは知識として知っていたのですが、自分のバイクで経験してみて、その感覚には驚きです。走行中のチタン製に対するネガティブな印象もなく、路面の変化への対応もすこぶるしなやかだと感じています。まだ、今後走り込んで印象を書いていこうと思います。
通りすがりさんのご指摘どおり、同時に交換すると、製品の印象は分かりにくくなりますので、写真では同時のように見えますが、同じ日ではありません。
IMG_2395
IMG_2397
IMG_2396


yamyamj at 16:09│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
フリクションを低減? オービトロンXR12って何?新しいインターフォン