2005年11月22日
お陰様で病院・診療所部門で第3位!
今日は何位かな?健康・医療blog→人気blogランキング

便潜血反応って?

Q 職場の検診で便潜血反応が陽性と言われ、大腸内視鏡検査を勧められました。
検査は恐いので、もう一度便潜血反応を調べてからでも良いでしょうか?

A 便潜血反応は市や職場の検診で行われているもので、便を通常2回提出し、
その便の中に血液が混入しているかどうかを調べるものです。
現在行われている検査法では、人の血液にのみ反応する検査液を使っているため、
検査前に肉類を食べていても陽性にはなりません。
ただし、口から肛門までのどこから出血していても陽性になりますので、
必ずしも大腸ポリープや大腸癌があるということを示すものではないのです。

 逆に、この便潜血反応が陰性だった場合にも、大腸癌や大腸ポリープが無いとはいえません。

進行性の大腸癌があっても、便潜血反応は50%くらいしか陽性にならないと言われています。
したがって、便潜血反応が一回でも陽性になった場合には、大腸内視鏡検査をお受け頂く事を強くお勧めします。

 また、胃の検査をバリウム検査もしくは内視鏡検査で行っていない場合には、そちらもされた方が良いかと思います。
実際、便潜血反応が陽性のため当院に来院され、胃癌が見つかった方もいらっしゃいます。

 便潜血反応が陽性になりながら、放置しておく事は非常に危険ですので、必ず御相談下さい。
 

本日の記事が参考になりましたら
↓1クリックお願いします↓
人気blogランキング1

コンセプトは健康と美、そして癒し。 西鎌倉『柳川クリニック』は、あなたと共に抗加齢ライフを考えます。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yanagawa_clinic/50067577