よさこい



 よさこい          蔵出し

  最近は、コロナで謹慎しており、殆ど何処にも行っていないため、新しい動画も作れない
 のが実情です。

 しかし、この機会にいろいろ振り返ってみると、よくもまあ何処にでも行っていたもんだと
 我ながら感心せざるを得ない。

 何かを撮影して動画を作らなければ・・との一心でやっていたことには間違いはない。
 誰のためとかではなく、義務感的な衝動に駆られてつい、「次は・・」となっていたのは今に

 思うと自分でも不思議なくらいだ。
 やっぱり10年前は気力があつたのだろう。

 そして、今は・・間違いなく気力・体力が落ち込んでしまっている。
 いかし、もう少し奮い立って頑張って見ようかな、という気にもなりかけているのだが・・・

 そこで蔵出しを見ながら・・懐かしみながら・・いろいろ考えて見ようとしているのが今の私です。
 編集もなかなか思うように行かなくなっていますが、悪しからずお許しを・・・・










11月の宇奈月ダム



  11月紅葉の宇奈月ダム

  この景色を見ていつも思うのだが、紅葉にしてはやはり
  赤色が少ないということ。モミジが少ないのかも・・

 しかし、何回見ても湖の景色はすがすがしくて気持ちがいいね。

 CIMG4043
CIMG4041

CIMG4047CIMG4054CIMG4057CIMG4045

松倉城址


   松倉城址  蔵出し 

  最近、城めぐりや古跡めぐりがなぜか流行っているような気がする。
  加積地区でもいろいろ企画しているようです。

  私は体調の関係で行きたいと思うが止めときます。
  しかし、松倉城址もなかなか情緒があって良いですね。

  静寂で、心なしか今にもすぐそこから武士が出てきそうな錯覚に陥ります。
  こんな素晴らしい所を何とか名所・旧跡としてもっと多くの人が訪れ、昔を偲んでもらえように

  出来ないものかと・・人任せに・・思う次第です。
  晴れた日も良し、曇りの日も良し、そしてまた雪景色も素晴らしい。

  こんど春になったら弁当持参で行って、ひとり静かに昔を偲んでみようと思っている。
  動画が途中で切れてしまってすみません 
  

 

とこにじの滝



  とこにじの滝  蔵出し

村の人の話では、こんな滝でも夏の季節ともなれば、大勢の観光客が訪れるという。
30分ほど一人で景色を楽しんでいたが、時期なのか一人の観光客にも合わなかった。
静寂で、すがすがしい。41号線近くとは思えない。別世界の感じだ。一人でこの滝の世界に浸ってい

ると心の中も洗われて、滝に打たれて修行したような気分になってしまった。
ときたまここに来ようと思いつつ、その後全く行っていない。心を改めなければ・・と考えさせられてしまった。

季節になればこの狭い場所に店も出るという。そうなれば果たしてこの静寂で澄んだ世界に浸れるか疑問だが・・きれいで素晴らしい滝だ。心の中にいつまでも焼き付けておくことにしよう。



 

牧歌の里

   牧歌の里    蔵出し

   私が2年前、脳のMRI検査を浮けたとき「何回かの軽い脳梗塞の跡が見られる」との診断を受けたこと     
が ある。思い起こせばこの「牧歌の里」の撮影会で、初めての「頭が真っ白になった」     (脳梗塞?)状態を経験したような気がする。

昼食を終えて、「さあこれから撮影会だ」と思ったとき、急に目の前が真っ白くなり、空も景色も全く
色がなくなり、白一色の世界となった。なんだこれは・・と思う間もなく・・ぼうーとなり意識が遠く
 
なっていくような感じがして思わず座り込んでしまった。  その後・・

   何分間か瞬間的に意識がなくなっていたんだろう。

ふっと気が付き、しばらくして景色に色が付きはじめたので、やっと「これはやばい」と思いとにかく涼しいところを這うようにして探し、へたり込んでしまった。

数分の後、意識もしっかりしてきたようなので冷たい水を飲み、静かに休むことにしていたところ、ようやく何事も無かったかのような元の感触な状態になったことがあったことを覚えている。

あの状態が長く続けば・・救急車・・だったことだろう。幸い短かかったので事なきを得たのだ。
なぜか恥ずかしい気持ちにもなって、他の人には何も話さないことにして収めてしまつた。

このビデオを見ているとなんとやばいことをしていたんだろうと考えさせられてしまう。
人生長く生きていれば色んなことがあるもんだと思うと同時に、将来必ず何時かどこかで更に大きな
 
「脳梗塞」らしき症状をおこすことだろうとも考えさせられるが、それも自分に与えられた運命として受け止めざるを得ないだろう。無意識のうちに「さよなら」・・その方がよっぽど楽なのかも知れないが・・なかなかそうは問屋はおろさないだろうなあ・・・

いろいろ考えても仕方がないとして、これからの残りの人生をせいぜい楽しく生きていきたいものだと
思う昨今であるが・・・果たして・・・どうなることやら・・・

  10年程前には、こんなことを現実に考えたこともなかったような気がする。
  今までのようにドライブや旅行も出来ない。我ながらショボクレタもんだと涙したくなる心境だ

   アントニオ猪木さんより10年も長く生きてきたんだから
   有難いことだったと感謝することにしてみよう・・そう考えれば・・

  きっと明日からは楽しい日々もあることだろう・そう期待して・             
 ・・元気ですかー・3  2  1 ダ ー ! ! ! ・・・


 





  
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
記事検索
人気ブログランキングへ
livedoor プロフィール

yanagi8716

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ