「咲-saki-」を愛読している人で、麻雀をよく知らない人の割合ってどんなものなんでしょうか。


「咲-saki-」は本格美少女麻雀漫画ですが、麻雀知らなくても読んでて面白いのは面白いんですよね。実際、「咲日和」で「咲-saki-」を知って、本編を読み始めた私は麻雀全然分からなかったのです。複雑なポーカーみたいなもんかな、くらいの程度の低い認識でした。


 面白いのは面白いんですが、やっぱり麻雀が分かったほうがより楽しめるんだろうなーと思いまして。とりあえずこれを買ってみたんですね。ちょっと前の話ですけど。

画像1
















 咲-saki-ポータブルは、ベスト版が出ているしダウンロード販売も対応しててすばらですね。

 で、実際これだけで、まったくゼロの知識の人間が麻雀できるようになるのか、懸念はあったんですが。なんとか頑張って、基本的なことくらいは理解することができました。私は特に説明書とか苦手なんで、本だけではなかなか難しいんですけど、ゲームでその都度実践していくことで、そこそこスムーズに習熟できた気がします。


とりあえず読まずにやってみる! → 適当にそれっぽく揃えたら役になるだろうきっと・・・ → 適当ではまったくあがれないわ!(ここで初めてラブじゃんを開く) →  専門用語を覚えるのが大変すぎる・・・スルーしちゃえ → とりあえず同じのを3つか、数字を順に並べて3つ揃えるのを4組と、同じのを2つ、計14を揃えたらあがれるって書いてあった → これだけ分かってたら大丈夫だろう → 他の人からどんどん牌を取ればすぐに揃うじゃん! → あれ、揃ったのにあがれないよ!? → (またラブじゃんを開く)他の人の牌を鳴いて取ったら、あがれない役とかがあるのか・・・リーチもダメなのか → なんとか鳴かずにリーチできた → 初めてあがれた!

ここまでで1時間くらいかかりましたけどね・・・。


 やっぱりルールをちゃんと把握していたら、楽しみの幅が大きく広がるので、もし全然麻雀わかんないけど「咲-saki-」読んでるよって人がいたら、このセットの購入をおススメしたいところ。そんな人実は全然いないかもしれませんが・・・。