柳本あきら☆メンタリング

大阪市西成区の地に生まれ育った柳本顕が綴るメンティーBLOG。メンタリングの指導者☆メンターは、読者の方々ということになるでしょうか。 25歳からの16年間の大阪市会議員活動。財政非常事態宣言下の磯村市政・大阪市大改革スタートの關市政・初の直前民間人市長の平松市政・大阪都構想動乱の橋下市政。激動の動きの渦中を体験した前大阪市会議員の立場を通じて見えてくる大阪市政の実態とは!? 西成区のまちの変遷、大阪市の動き今その時、そして大阪・日本という国では何が起こり世界がどの様に回っているのか!身近な課題からグローバルな視点まで幅広くアプローチ。

柳本あきら☆メンタリング イメージ画像

更新情報

 大阪には日本一がある。トリップアドバイザーの「外国人に人気の日本のレストラン ランキング2017」で大阪の<お好み焼き ちとせ>が第一位となったのだ。注目すべきは、同店が訪日外国人旅行者の増加に伴って新たに旅行者向けにできた店では無く、昔から地域に根付いた
『大阪まるごとイノベーション』の画像

 今年6月から全国で実施される住宅宿泊事業法に基づく民泊については、各自治体において条例を設置することによって区域と期間について制限を設けることができる。(住宅宿泊事業法18条)  違法民泊が1万件を超えるとも言われる大阪市においては、当然、全国一律の法制度
『民泊と地域の親和性〜平成維新が大阪にもたらした無防備な民泊〜』の画像

 数年前から一貫して府議会における大都市制度議論に関わってこられた自民党府議団の花谷幹事長。昨日、2月28日の府議会・花谷幹事長からの代表質問を確認すると、大阪における大都市制度議論は4年前に既にThe ENDの状態になっており、今なお議論されている状況は、いわゆる
『終わった感満載の都構想議論〜府議会miRu〜』の画像

 特区民泊は、平成28年1月29日、東京都大田区での事業者受付開始以降、大阪府で平成28年4月1日、大阪市で平成28年10月31日、北九州市で平成29年1月30日、それぞれ関連条例制定を受けてスタートしている。平成25年12月の国家戦略特区法の公布及び翌平成26年3月の国家戦略特区
『民泊の目的は?〜平成維新が大阪にもたらした無防備な民泊◆繊戮硫菫

 女性の切断遺体が見つかった事件は、大阪市の民泊が拠点となっていた。  この事件のニュースを受けて、広く「民泊」=「悪」との印象が固定化することは好ましくない。しかし、大阪において「規制緩和」=「善」とするような風潮で特区民泊が進められたことによって、違
『平成維新が大阪にもたらした無防備な民泊  戮硫菫

 まず冒頭、私は民泊というものは一定認めていくべきであるという考えを持っていることを明確にしておきたい。その上で、良質な民泊を進めていかなければ、地域住民にとっても、外国人旅行者にとっても好ましい状況とは言えず、まちづくりの疲弊を招き、中長期的には旅行者
『大阪市の民泊が危うい?』の画像

 昨年の法定協議会の議論を経て、大阪市廃止・分割による特別区設置〜いわゆる都構想の経済効果を算出する意向を知事・市長は示しています。  しかしながら、今年5月末ぐらいに調査結果を出す予定で、経済効果を算出する事業者公募を2月7日を締切として行ったものの、結果
『「都構想」の経済効果は示せるのか?』の画像

 2019年の20カ国・地域(G20)首脳会議の開催地が大阪に決まった。これまで誘致に向けて政府への働きかけを行ってきた大阪所属の自民党・公明党議員関係者各位に感謝を申し上げ、また、松井知事や吉村市長の牽引力に対しても率直に敬意を表したい。  決定に際しては、
『祝・G20大阪開催決定』の画像

先日、ヒゲ爺を26号線沿いで見かけた。何年ぶりだろうか。 確かに、目が合った。あちらも私に気づいてくれた。 そう、思う。 ビッグイシューに関わってきたというわけではない。しかし、西成区で市会議員という活動を始めてから間もなく、そして、今に至って、日常の中にビッ
『ヒゲ爺〜ビッグイシューの思い出〜』の画像

 大阪市による総合区の住民説明会が、本日より始まる。  説明内容については、既に資料(1/2 2/2)が示されている。  実は、一番注目しておきたいのは、これまで大阪市廃止・分割による特別区設置(いわゆる大阪都構想)でしか府市の二重行政の解消はできないと主張して
『総合区で二重行政を解消する!〜総合区素案住民説明会の恠〜』の画像

 二重行政と声高らかに打ち上げられた花火をきっかけとする「住吉市民病院」の廃止。  議会の附帯決議にも付された「医療機能の継承」に向けて、民間病院の誘致など跡地の対応が大きく揺れている。 平成29年 5月17日 産経新聞 『「住吉市民」跡地に誘致の民間病院
『利用者の不安の解消遠く…住吉市民病院』の画像

 10月26日、大阪市内の朝刊に「総合区素案に関する住民説明会」(以下、Aとする)の告知広報物が入っておりました。ホームページでは事前に告知されており、開催に向けては区においても広報されるとお聞きしております。 10月26日(木)の朝刊各紙に、「大阪市 総合区素案
『総合区素案住民説明会!参加者の意見はどうなる?』の画像

 「身を切る改革で、大阪では教育の無償化はすでに実現している。これを全国に広げる。」  大阪府知事でもある、日本維新の会代表の松井知事のこのような趣旨の衆院選における発言について、本日の大阪府議会・総務常任委員会において自民党府議団・花谷幹事長よりファク
『ファクトチェック〜大阪府議会miRu〜』の画像

しっかり泡立てております。 生クリームではありません。 白衣を着ておられますが、コックさんではありません。 Barberさんです。 その後は、こんな感じで頭の上に乗せて…。 そうです。 シャンプーです。 しっかり泡立っておりますので、流れ落ちません。 イン
『シャンプーはしっかり泡立てて〜街中豆知識〜』の画像

 大阪市では、橋下市政の綻びが様々なところに見え始めている。あの日、あの時、華々しく評価されてきた橋下市政が、その後の大阪市にどの様な変化を与えているのかを今こそ検証をしていかなければならない。  ある意味、礼賛すべき橋下市政の改革の一つが、市民サービス
『橋下前市長の失敗を認める吉村市長』の画像

 民泊は、違法であろうと合法であろうと基本的に既存の住民に歓迎される傾向にはない。大阪市において認められる事となった特区民泊に対しても、地域住民からの苦情や相談は少なくない。  先ず冒頭であるが、特区民泊に足を踏み入れた大阪市は、民泊利用旅行者と地域とをつ
『現場の視点〜西成区内宿泊施設事情◆繊戮硫菫

 西成区の運営方針「すべてはこどもたちのために」と<外国人旅行者の宿泊拠点>とは両立するのであろうか。  ここ最近に地域の方々から寄せられた声を聴くにつけ、どうも運営方針に全面的に打ち出される「こどもたちのため」の施策と外国人旅行者などの宿泊場所を整備・
『現場の視点~西成区内宿泊施設事情~』の画像

 日曜日が投開票日であった第48回衆院選にあたり、投票日前日までの期日前投票が全有権者の約2割に達したそうだ。数にして、2137万8387人(有権者の20.10%)。投票者数が、過去最高だった昨年の参院選を上回ったということで、制度の定着が伺える。合わせて、今回に関して
『期日前投票の投票所周辺活動』の画像

 国会のことは分からない。  しかし、地方政治においても政党の分裂劇や離合集散のあり様を見てきたので想像はできる。全く同じでもないのだろうけれども、本質は同じであろう。  小池代表が日本に戻ってこられた後の、希望の党の今後に注目が集まっている。 ・早速、解
『希望』の画像

 民主党からの政権奪還後、安倍政権は確実に新たな金字塔を打ち立てようとしている。  第48回衆院選の結果と受けての安倍総裁の動画コメントは、謙虚さの中にも自信に満ち溢れた荘厳な文言が連なる。    3回連続で衆議院選挙の自民党の大勝。自公連立政権への安定的
『バベルの塔』の画像

↑このページのトップヘ