アキラメンタリング

大阪市西成区の地に生まれ育った柳本顕が綴るメンティーBLOG。メンタリングの指導者☆メンターは、読者の方々ということになるでしょうか。 25歳からの16年間の大阪市会議員活動。財政非常事態宣言下の磯村市政・大阪市大改革スタートの關市政・初の直前民間人市長の平松市政・大阪都構想動乱の橋下市政。激動の動きの渦中を体験した前大阪市会議員の立場を通じて見えてくる大阪市政の実態とは!? 西成区のまちの変遷、大阪市の動き今その時、そして日本という国では何が起こり世界がどの様に回っているのか!身近な課題からグローバルな視点まで幅広くアプローチ。

アキラメンタリング イメージ画像

更新情報

地下鉄動物園前の構内及び改札出口付近が改修されてから1年以上経とうとしている。 (👈左図は、改札口付近のワンショット) さて、ここで問題です。 この地下鉄駅の改修をやったのは誰でしょう!? ①当時の橋下市長 ②当時の藤本交通局長 ③当該改修を質疑で提案・要望し、
『大阪市営地下鉄の行方』の画像

 2004年7月より【大阪市会議員外伝】というタイトルで、「メタルドッグ」という背景デザインを活用し、livedoorにも紆余曲折あったものの当サイトblogを継続して投稿して参りました。  この度、改めて【アキラメンタリング】と題してリニューアル。内容に大きな変化をもた
『【アキラメンタリング】〜Blogリニューアル〜』の画像

 借金総額の推移と貯金の残額を見て大阪府財政の現状についてふり返ってみたココ2回。  最後に今後の見通し及び財政見通しを踏まえての政策の打つべき手立てについて触れておきたい。  いきなり複数の折れ線グラフをみても頭を混乱させるだけかもしれないが、毎年
『大阪府財政の見通し』の画像

【大阪府当初予算案、“貯金”取り崩し過去最大710億円 29年度で残高ゼロの恐れも】  今年2月18日の産経新聞。大きなニュースだと感じるが、あまり大きな印象を今に至って残していない。大阪府の今後を考えるにあたって大変重要な事象であるのでふり返っておきた
『大阪府の貯金』の画像

 小池東京都知事が誕生した。この間の経過や前知事辞職以降の各政党の動き、そして小池氏の戦略的な動きやコメントなどについては、テレビや新聞などでも多角的に分析されている。圧勝はあくまでも結果論なのか、事前の積み重ねが結果を生み出したのか、因果関係は計り知れ
『大阪府の財政状況』の画像

 今年の5月17日より、毎月17日に「Akira's Bar」(以下、アキラズバー)のネット配信をスタートさせています。  「何なんだ、それは⁉」と思われるかと思いますが、私の育った柳本商店(酒屋のカウンター)を舞台に、私がマスター?としてゲストをお迎えして、政治ネタは

 7月10日に投開票が行われた参議院選挙。大阪市内の投票率は51.89%であった。3年前の前回が52.83%であるので、ほぼ横ばいといったところだろうか。18歳選挙権スタートでも注目された今回の選挙であるが、10代の有権者が何をもって投票に行ったのかは大変興味深いところであ

 今年の政治を予測しているわけではない。過去をふり返ってみたい。  当時、大平総理が選挙中に倒れて亡くなられたという事は、幼心に鮮明に覚えている。その次の次にあたる中曽根総理のインパクトが強いだけに、急逝されたこと以外に印象がない総理であったが、改めて

 4月10日日曜日。ちょうどお昼前の大阪・天満橋駅周辺は人の波がどっと押し寄せていた。大川沿いの桜も、散り始めているものの未だ楽しめる。そして、何よりも日曜日では本日だけとなる「造幣局の桜の通り抜け」に多くの人が訪れているのだろうと推察される。  実は、造

午前中に小学校の入学式が終わり… 暴風警報が出れば明日に順延される予定の中学校の入学式も、警報も出ず、厳粛な中で新入生となる7年生の規律正しい姿の印象を残して終えられた。  上の写真は右側が学校。下の写真は左側が学校となる。  学校横の道路及び
『聖域の光景』の画像

 大阪では「総合区」に関する話題がジワジワ再燃している。松井知事が本日2016年4月6日の記者会見において『「2018年秋ぐらいまでに「特別区」と「総合区」を選ぶ住民投票をやるべき』との認識を示されたそうだ。    先に頭を混乱させた上で、整理をしていきたい。  

 4年前の今頃は、ちょうど公募区長の選定中。24名の募集に対して、実に1500名にも近づかんとする応募者が殺到していた。結果的には、内部から6名、そして外部からは多種多彩な経歴を持つ18名が選任された。  大阪市での24区一度に区長を公募で選ぶ試みは、他の政令市で

 各地方自治体での平成28年度予算審議も佳境を迎え、大阪府をはじめ既に閉会となった議会もある。大阪市では、本会議が29日に予定されており、関連案件なども含めて方向性が示されてつつある。  大阪市会の一般的な流れについて、説明しておくと、本会議29日の前日28日

 いろんな事があっても、今日この日はやっぱりコノ話。  タイトルは、密かに12月にも同じものを使いました。サブタイトルから内容の違いが見て取れますが、この10年間、西成区に「うるおい」をもたらしてきた行事であることは紛れもない事実だと思います。  【西成ミ

 大阪市会の本会議において、「副首都推進局」の設置に関する議案が大阪維新の会と公明党の賛成によって可決された。議案が付託された委員会において先日方向性が出ていたので、想定されていた可決ではあるが、改めて本会議での可決に気が重くなる。  大阪市政の運営が

 「大ぼらを吹いて、それを実現する様な政治家にならなあかん」と言われたことがある。その言葉から、私がイメージする政治家は、淡路島出身の衆議院議員であり、90歳を超えるまで代議士を務められた今は亡き原健三郎先生である。  1946年の初当選時から淡路島と本州をつ
『嘘と夢の境界線』の画像

 京都大学・藤井聡先生の研究室において「豊かな大阪をつくる学者の会」の協力のもと、今年初めにアンケート調査が行われた。いわゆる大阪都構想と言われた大都市制度そのもの及び、それに伴う先の住民投票、及び昨年のW選挙で同様な投票行動があったかという事に関しての調
『真実を知る人は「柳本」を支持した』の画像

 日本において人口減少に特効薬はない。それは日本というマクロでみても、道府県単位でのミクロでみても同じである。しかし、もう少し細分化された市町村・特別区・行政区というエリアにおいては、少々表現を変えなければならないと思っている。  すなわち、この度の国

 昨年行われた国勢調査の速報値が発表され、大阪府の人口が68年ぶりに減少に転じたことがマスコミ報道などで取り上げられている。全国都道府県別人口で、一位の東京都は言うまでもなく二位の神奈川県、四位の愛知県が今回調査でいずれも増加しているのに対し、大阪府がい

 2016年を迎えてから昨年は夏場以降歩けていなかったと思われる西成区内を歩いております。もちろん、プラプラではなく…ですが。町の移り変わりの早さを感じると共に、銭湯が急に一つ二つとなくなったり、酒屋さんが閉店していたり、飲食店の移り変わりも…。もちろん、新
『RE:にしなり・DE・ランチ』の画像

↑このページのトップヘ