情報発信力不足。橋下市長を前にして、到底太刀打ちできない状況にあることは歴然であったのかもしれないが、大きな壁として立ちふさがった事実に、改めてその巨大さを痛感せざるを得ない。  痛恨の極みは「都構想」という言葉を、再び中身を確定せぬままに定着させて