アクセスカウンター

    livedoor プロフィール

    KK

    趣味でささやかに株式投資をやっている、よくある個人投資家です。

    ホームページも見てね!!

    やっぱり冬は寒い。
    ホームページも見てね!(よくある日帰り歴史スポット!)
    http://etc.houkou-onchi.com/index.htm

    大千住展を観た話

    足立区の大谷田、なぜこんな辺鄙なところに? と思うような場所に足立郷土博物館は建っている。 やはり、土地があったからなのか小さな日本庭園も造られている。
    足立郷土博物館
    館内に入ると、中央がぽっかり空いた感じで天井が高く感じる。
    展示はスペースが限られ、規模としては小さいが、そこは、区の博物館なので、こんなものかもしれない。
    足立郷土博物館
    現在、企画展「大千住 美の系譜 酒井抱一から岡倉天心まで」が開催されている。 中心となるのは、江戸の千住宿時代から現在まで続く旧家の名倉家に伝わる書画だ。 名倉家は、千住宿の有名な接骨医で現在は整形外科を経営している。 特に江戸から明治期にかけては、文化人のパトロンになるなど、その交友関係は政財界に及ぶ広いものであったという。
    タイトルバックに起用されている絵は「村越其栄 紅葉鹿図屏風」。なんでも、 鈴木其一の弟子で、千住の琳派を代表する絵師であるらしい。 その他、酒井抱一、歌川国芳、柴田是真、河鍋暁斎など有名絵師の作品も見どころだ。
    なお、千住に関しては、昨年、 千寿七福神をまわったり、 秋祭りの神輿を見に行っている。
    足立郷土博物館「大千住 美の系譜」チラシ

    といったところで、今回は、足立区に本社がある企業の株を見てみる。
    株価単元 PERPBR 配当率時価総額
    ニッピ(東証JASDAQ) [その他製品]
    2,993円100株 21.52倍0.31倍 1.67%87.8億円
    株主優待 自社商品(「ニッピコラーゲン100」110g×3袋)
    デリカフーズホールディングス (東証1部) [卸売業]
    1,359円100株 22.28倍1.33倍 1.18%107億円
    株主優待 野菜・果物詰合せ、またはジェフグルメカード
    星医療酸器(東証JASDAQ) [卸売業]
    4,100円100株 15.39倍1.12倍 1.46%143億円
    株主優待 自社運営有料老人ホーム割引・お茶
    アイナボホールディングス(東証JASDAQ) [卸売業]
    864円100株 7.69倍0.52倍 3.7%104億円
    株主優待 1,000円相当のクオカード

    雑司が谷七福神を歩いた話

    都電荒川線の鬼子母神前停留所で下車。
    今回は、雑司が谷七福神を回ってみる。
    7年前に初めて七福神めぐりをしたのが雑司が谷で、なぜ、久しぶりにここかというと、 元旦から7日までなどの期間がなく、やや季節外れとも思える今でも回ることが出来るからだ。
    都電
    そう、回ることが出来るのだが・・・マップなどがある案内所は定休日・・・ ちなみに、この建物は文化財に指定された昭和初期の長屋建の店舗兼住宅、砂金家長屋をリニューアルしたものであるという。
    案内所
    気を取り直して、雑司が谷鬼子母神の参道を歩く。
    雑司が谷鬼子母神の参道(AuroraHDRでHDR合成)
    現在地の雑司が谷3丁目から南池袋2丁目、3丁目あたりは、江戸の雑司が谷村で、法明寺が勢力を張っていたエリアだ。 鬼子母神も法明寺の飛び地で、観静院は法明寺の子院、清立院も系列寺院だったようだ。
    雑司が谷鬼子母神(大黒天)

    本日、一番目は、もちろん雑司が谷鬼子母神だ。
    やはり、時期外れのためか境内は閑散としている。
    雑司が谷鬼子母神の仁王像(AuroraHDRでHDR合成)
    鬼子母神堂は江戸時代に建てられた需要文化財の建物で、 後ほど訪れる清土鬼子母神で掘り出された鬼子母神像を祀っているという。
    鬼子母神堂
    境内の片隅に建つ鬼子母神像。
    鬼子母神像
    大黒天にお参り。
    大黒天
    観静院(弁財天)

    鬼子母神の境内からほどなく、法明寺の境内に入り、住所が雑司が谷から南池袋に変わる。 次の目的地、観静院は法明寺境内に現在も残る塔頭寺院の一つだ。
    法明寺
    ありふれた外観の観静院本堂。
    本堂
    弁財天にお参り。
    弁財天
    日蓮宗 法明寺は、雑司が谷村の中心的な存在であったようだ。 鬼子母神の周囲には門前町も形成され繁栄していた様子が伺える。
    現在の本堂は昭和に再建されたものらしい。
    法明寺
    中野ビル(布袋尊)

    南池袋2丁目の東通りにある中野ビル前に来た。
    ここに来て、初めて七福神巡りの一団に遭遇した。
    この布袋尊は、個人所有という珍しいもので、なんでも大正時代に造られ、 中野石材商店の店頭に祀られていたのだとか。
    布袋
    親子らしい布袋尊にお参り。
    布袋
    仙行寺(福禄寿)

    引き続き南池袋2丁目。 明治41年に小石川から移転してきたという日蓮宗 仙行寺に到着。 以前に訪れた時は、普通にお寺らしいお堂が建っていたが、現在は、幟が立っていなければお寺とは分からないビルになっている。
    仙行寺
    そして、いつの間にか、池袋大仏も出来ていた。
    大仏
    華の福禄壽にお参り。
    福禄寿
    福禄寿

    一旦、鬼子母神まで戻ってきた。
    ここまで、あまり効率の良いルートではなかったかもしれないが、 まあ、雑司が谷七福神のエリアは、とてもコンパクトなので大した問題ではない。
    鬼子母神
    大鳥神社(恵比壽神)

    鬼子母神からもほど近い雑司ヶ谷3丁目の大鳥神社に着いた。
    明治の神仏分離によって独立するまでは、鬼子母神境内にあったという神社だ。 それにしても、今日は、どの寺社に入っても人がほとんどいない。
    社殿
    恵比壽神にお参り。
    恵比寿
    以前回った時には、まだこの石像は製作中だった。
    恵比寿
    このあとは、都電荒川線の線路を渡っていく。
    鳥居
    清立院(毘沙門天)

    住所は、雑司が谷3丁目から南池袋4丁目に変わっている。
    階段の上に見えてきたのは、室町時代創建と伝わる日蓮宗 清立院だ。
    清立院
    約770年前から皮膚病・雨乞いの祈願寺として尊崇されてきたなんて事が書いてある。
    清立院
    毘沙門天にお参り。
    毘沙門天
    さらに毘沙門天にお参り。
    毘沙門天
    不動明王にもお参り。
    ここでは、久しぶりに七福神めぐりの人々を見かけた。
    不動明王

    雑司ヶ谷霊園通過中。
    最後に向かう清土鬼子母神は、こぢんまりとした、このコースの中で、一つだけ少し離れた場所にある。
    雑司ヶ谷霊園
    雑司が谷1丁目にある雑司が谷旧宣教師館(旧マッケーレブ邸)は、明治40年建造の有形文化財だ。
    宣教師館
    宣教師館
    住所は、豊島区雑司が谷から文京区目白台2丁目に移る。
    最後の清土鬼子母神があるのは、もう雑司が谷村の端っこで、小石川村に隣接している。 南側は、同心組屋敷地だった目白台で、付近には護国寺の広大な境内や門前町が広がっていた。
    清土鬼子母神(吉祥天)

    清土鬼子母神の閑散とした境内に入ってきた。
    雑司が谷の鬼子母神像が出土したという場所であるが、 左手にあるのが、星の井で、なんでも鬼子母神像を清めた井戸であるらしい。
    吉祥天
    吉祥天にお参り。
    吉祥天は、弁財天などの代わりに入ったり、プラスして八福神になったりするケースがあるらしいのだが、 雑司が谷七福神では寿老人がいない。
    吉祥天
    清土鬼子母神の本堂。
    以上で、雑司が谷七福神巡りは終了。
    このあとは、せっかくなので、護国寺まで足を伸ばす。
    本堂

    文京区大塚にある真言宗寺院 護国寺に来た。
    護国寺は、徳川家と縁の深い江戸の有力寺院の一つと言えるだろう。
    この元禄期建築の本堂を始め古い建造物も多く残っている。
    護国寺の本堂(AuroraHDRでHDR合成)
    大仏なんかもある。
    大仏
    階段上の不老門は昭和の建造物らしい。
    護国寺の不老門(AuroraHDRでHDR合成)
    元禄期に建てられたという仁王門。
    山門

    今回は、弁財天・福禄寿・布袋尊・毘沙門天の4神があり、雑司が谷七福神では主要エリアといえる “南池袋”にある会社の株を見てみる。
    株価単元 PERPBR 配当率時価総額
    ETSホールディングス(東証JASDAQ) [建設業]
    414円100株 12.55倍1.23倍 1.21%27.2億円
    株主優待 1,000円相当のクオカード
    SRAホールディングス(東証1部) [情報・通信業]
    2,569円100株 11.32倍1.5倍 4.09%438億円
    株主優待 特になし

    アズワンの株主優待2018

    理化学機器のメーカーアズワンの業績は順調に伸びているようだ。
    現在、ドンと下げている株価に関しては、グローバル経済に巻き込まれている市場のせいと言えるかもしれない。
    株主優待は、例年通り選択式だ。
    今回は、以前にも、もらったことがあるジャムセットを選んでみた。
    << 「久保養蜂園」ハニージャムセット >>
    ○ はにーじゃむ 270g
    ○ ハニー&アップルシナモン 270g
    ○ はにーままれーど 270g
    ○ はにーぶるーべりー 270g
    ○ はにー&れもん 270g×2
    アズワンの株主優待

    アズワン (2019/1/12)
    東証1部 (卸売業)
    決算 3月(権利確定月)
    株価 7,360円(100株単位)
    PER 26.17倍
    PBR 2.63倍
    配当 140円(1.9%)
    優待内容(9月) 株 数 備 考
    3,000円相当のグルメギフト商品 100株以上 ※カタログより選択
    5,000円相当のグルメギフト商品 500株以上

    谷中七福神を歩いた話

    今日は、強い北風が吹き、とにかく寒い。 そんな中、今回は江戸最古の七福神とされている谷中七福神を巡る。
    期間は元旦から10日で、7日までが多い他の七福神と比べ若干長めだ。
    コースは、田端から日暮里、谷中、上野へと歩いていく。
    なんとなく田端からのスタートが自然に感じていたが、江戸の地図には田端村の普門院に「谷中七福神 七」と記されているので、 上野から始めるものだったのかもしれない。当時は、現在の東覚寺ではなく普門院に福禄寿がいたということになる。
    東覚寺(福禄寿)

    というわけで、最初に訪れたのは、田端の東覚寺だ。
    室町中期の延徳3年に創建、不動明王を祀る真言宗寺院だ。
    東覚寺
    もはや原型が分からない金剛力士像。
    ここは、病気平癒を祈願する赤紙仁王で知られる場所だが、 今日の主役は七福神の福禄寿だ。
    赤紙仁王
    福禄寿がいる本堂にお参り。
    東覚寺
    福禄寿
    七福神期間中は、本堂裏の庭園が公開されている。
    ここには、七福神が揃い踏みで、早くもコンプリートか。
    東覚寺庭園の七福神
    恵比寿天 本堂裏の庭園 本堂裏の庭園 弁財天 福禄寿 布袋(見逃したので以前のもの) 大黒天 寿老人 毘沙門天

    田端から日暮里に歩いてきた。
    江戸の新堀村は、ひぐらしの里と呼ばれた景勝地で、中でも清雲寺・修性院・妙隆寺は、 花見寺として人気の名所であったという。
    江戸の地図では、清雲寺が谷中七福神に入っていないが、江戸の後期、文化年間に 青雲寺の布袋を修性院へ移すという記録があるらしい。
    清雲寺(恵比寿天)

    2箇所目は、日暮里の清雲寺だ。
    恵比寿天を祀る臨済宗寺院で、 創建は不明なのか?江戸中期の宝暦年中に掘田相模守正亮により中興されたとある。
    参道
    現在、花見寺と呼ばれたという庭園の名残は感じられない。
    本堂
    本堂で、鯛を抱える定番のお姿の恵比寿天にお参り。
    えびす
    えびす
    修性院(布袋尊)

    清雲寺を後にしてすぐに、修性院のポップな塀が見えてくる。
    塀
    これからお参りするのは、この「日ぐらしの布袋」だ。
    ほてい
    3箇所目となる修性院は、織田信長が活躍していた頃の天正元年に創建されたという日蓮宗寺院だ。 現在は、ここも花見寺の面影は感じられない。
    本堂
    谷中七福神でも随一のインパクトを誇る布袋尊。
    布袋尊
    布袋尊
    布袋尊

    谷中エリアに入ってきた。
    時間のせいか、寒さのせいか、意外に閑散としている谷中銀座商店街。
    このあたりは、谷中の代表的な風景といえるだろう。
    谷中銀座
    谷中銀座
    観音寺の築地塀も谷中では定番の風景だ。
    幕末の頃に築かれたもので、現在、国の有形文化財に指定されている。
    築地塀
    「谷中七福神そば」の幟が立つ松寿庵に入ってみる。
    七福神そば
    もちろん、オーダーは七福神そばだ。
    七福神そば
    布袋はうずら卵、毘沙門天は鶏肉、恵比寿は海老、弁財天はカマボコ、福禄寿はタケノコ、寿老人は海苔、大黒天は袋茸、 そんな感じで七福神に擬えた具が乗っている。
    七福神そば
    現在の谷中霊園の多くは、江戸では天王寺の境内で、谷中5丁目付近の寺町は天王寺門前町だったようだ。 天王寺は、富くじ興行で人気を集めるなど繁栄した寺院だった。
    長安寺(寿老人)

    4箇所目は、谷中の長安寺。
    長安寺は、江戸中期の享保9年に創建されたという臨済宗寺院だ。
    長安寺
    長安寺
    寿老人にお参り。
    寿老人
    天王寺(毘沙門天)

    谷中霊園の端っこ、日暮里駅に隣接する場所に5箇所目の天王寺がある。
    鎌倉時代に日蓮宗感應寺として創建されたが、元禄12年に幕府の命により天台宗に改宗され、 さらに天保4年、天王寺へ改号されたという。
    門
    本尊は、本堂に祀られた阿弥陀如来のようだが、今日は毘沙門堂に並ぶ。
    毘沙門堂
    毘沙門堂
    毘沙門天にお参り。
    毘沙門天

    上野桜木の交差点まで来た。
    谷中七福神も残すところ上野の2つになった。
    上野桜木交差点(AuroraHDRでHDR合成)
    現在の上野公園周りは、徳川将軍家の菩提寺 上野寛永寺の境内だった。
    護国院(大黒天)

    住所が上野公園に変わり、6箇所目の護国院に着いた。
    護国院は、上野寛永寺の子院として、寛永元年に創建された天台宗寺院で、本尊は釈迦如来であるという。
    護国院
    境内の片隅にある大黒天の石碑。
    大黒天
    大黒天
    大黒天にお参り。
    谷中七福神 護国院の大黒天(AuroraHDRでHDR合成)
    大黒天

    上野公園に向かう。
    なんとなく撮ってみた東京芸大の赤レンガ1号館(旧上野教育博物館書籍閲覧所書籍庫)は、 明治13年に建てられた東京都選定歴史的建造物であるとか。
    東京藝術大学 赤レンガ1号館(AuroraHDRでHDR合成)
    寛永寺は、天海僧正が延暦寺に対する存在として建立したもので、 境内には、清水堂、不忍池弁天堂など、京周辺の寺社に見立てられた建造物がある。 ちなみに谷中七福神も天海による発案と伝わっている。
    現在、寛永寺という名の寺院は上野桜木に移っているが、清水堂や不忍池弁財天は今も健在だ。 江戸の地図には、清水堂に「谷中七福神 一」の記載があり、江戸庶民はここからあるき始めただろうか。
    上野公園に入り、清水堂を見上げるところまで来た。
    京都 清水寺の本堂と同じ懸造建築であるとか。 また、歌川広重 江戸名所百景に描かれたという「月の松」が復元されている。
    清水堂
    清水の舞台から最後の目的地、不忍池弁天堂を望む。
    清水堂
    不忍池弁天堂(弁財天)

    7箇所目、最後となる不忍池弁天堂に到着した。
    不忍池弁天堂は、琵琶湖に浮かぶ竹生島の宝厳寺 弁才天に擬えたものであるという。
    不忍池弁天堂
    手水の龍。
    手水
    神仏習合の影響で日本の神様は、別の顔を持つことも少なくない。
    弁財天は、蛇神の姿で表されることもある。
    蛇
    弁財天にお参り。
    弁財天
    弁財天の絵馬。
    絵馬
    猪の絵馬も。
    絵馬

    最後は、不忍池のユリカモメ。
    今日は、寒さのせいか、正月を過ぎたせいか、大した混雑もなくゆったりと回ることができた。 時間的には、そばを食べたりして、結構、半日がかりだったが、WEBなどで見ると2時間半ほどで回ることができるらしい。
    ゆりかもめ

    このところ、不安定なグローバル経済の煽りをうけ、株式市場は低迷している。 そこで、今回は、商売の神様、“恵比寿天”と“大黒天”に因んだ株を探してみる。
    • サッポロホールディングス
      エビスビールなどのメーカー。 本社は、渋谷区恵比寿の恵比寿ガーデンプレイスで、恵比寿神社もあるという。
    • 大黒天物産
      岡山を本拠にディスカウントストアのラ・ムーやディオなどを展開。
      子会社に恵比寿天や布袋乳業もあるらしい。
    • 三越伊勢丹ホールディングス
      国内デパートの最大手。
      日本橋三越本店の屋上に「活動大黒天」が祀られている。
      恵比寿ガーデンプレイスに三越恵比寿店を出店。
    株価単元 PERPBR 配当率時価総額
    サッポロホールディングス(東証1部) [食料品]
    2,435円100株 21.59倍1.2倍 1.64%2,026億円
    株主優待 ビール詰合せまたは食品・飲料詰合せ
    大黒天物産(東証1部) [小売業]
    4,045円100株 25.31倍1.7倍 0.62%633億円
    株主優待 果物
    三越伊勢丹ホールディングス(東証1部) [小売業]
    1,242円100株 37.3倍0.84倍 0.97%5,106億円
    株主優待 株主優待カード(10%割引)

    学研の株主優待2018

    昨年から順調に値を上げていた学研の株価だったが、業績が期待値に届かなかったところで、 ストップ安の急落。その後、市場自体の時合の悪さもあり、ピークからは2000円以上低い水準に留まっている。
    事業では、教育関連は、やはり少子化がきいているようだが、介護事業では買収の効果が出ているともいう。
    株主優待は、例年通り選択式で、今季からWEBによる申し込みがスタートしている。
    学研の株主優待
    「スター・ウォーズ コンプリート・ロケーションズ」。
    今回は、いくつか迷って...値段で決めた感じもある。
    学研の株主優待
    WEB申し込み特典のオリジナルペンポーチ。
    学研の株主優待

    学研ホールディングス(2019/1/8)
    東証1部 (情報・通信業)
    決算 9月(権利確定月)
    株価 4,320円(100株単位)
    PER 15.03倍
    PBR 1.03倍
    配当 75円(1.74%)
    優待内容(9月) 株 数
    自社グループ会社商品から選択
    (雑誌・書籍・キャラクターグッズ等)
    100株以上 1セット
    300株以上 2セット
    300株以上、3年超保有で長期優待あり

    正月の皇居から靖国神社へお参り

    朝は、まだ結構寒かったが、昼が近づくにつれ気温は上昇し、 秋に近いような暖かさになっている。
    とはいえ、皇居の二の丸雑木林は、やはり冬の景観だ。
    雑木林
    冬の二の丸庭園。
    二の丸庭園
    背景は地味な枯れ木に。
    二の丸庭園
    滝上から。
    滝
    滝の下。
    滝
    枯れ枝に止まるメスのジョウビタキ。
    梅の木は、まだ、ただの枯れ木だ。
    梅の枯れ枝に止まるジョウビタキ
    ジョウビタキ
    冬の梅林坂。
    梅が咲くのは、一月あまり先の話だ。
    梅林坂
    わずかに咲き始めた梅の花。
    梅林坂

    皇居東御苑を出て北の丸公園に向かう。
    ここまで、あまり被写体がないので、流し撮りの練習で一枚。
    車
    年末あたりは、最後の紅葉が見られた四阿周辺も冬の景観に。
    四阿
    武道館では、書き初め大会が行われているようだ。
    武道館

    靖国神社の参道に入ってきた。
    まだ、正月の5日ということで、そこそこ参拝客が多い。
    参道
    さらに参道を進むと徐々に人は増えてくる印象だが、それでも混雑というほどではない。
    参道
    まずは、社殿にお参り。
    参道
    境内には、全国の神社の絵馬が展示されている。
    ほとんどは、やはり干支のイノシシが描かれている。
    絵馬
    • 武蔵一宮 氷川神社の絵馬
    • 金比羅宮の絵馬
    • 明治神宮の絵馬
    • 日光 二荒山神社の絵馬
    • 上杉神社の絵馬
    靖国神社の大絵馬。
    絵馬
    遊就館では、毎年恒例の「奉納 新春刀剣」展が見られる。
    刀
    縁起物の大黒天が彫られた短刀。
    大野義光作 短刀
    安土桃山時代の「蛇ノ目磁石模様陣羽織」。
    陣羽織
    安土桃山時代の「銀小札白紅段具足」。
    銀小札白紅段具足
    刀匠・研師・鞘師・彫刻師等、刀剣関連職人の実演。
    刀匠・研師・鞘師・彫刻師等実技公開
    冬の日本庭園。
    日本庭園
    池の錦鯉。
    鯉
    靖国神社 神池庭園の鯉(AuroraHDRでHDR合成)
    巫女さん。
    巫女さん
    境内には、様々な露店も出ている。
    あゆ
    招き猫。
    猫
    縁起物のダルマ。
    だるま
    神宮館運勢暦。
    暦
    定番の奉納酒樽。
    奉納樽

    最後に酒樽が出たところで、今日は、日本酒メーカーの株を見てみる。
    • 宝ホールディングス
      創業天保13年、傘下に宝酒造とタカラバイオを収める持株会社。
      松竹梅のCMの印象が強い。
    • オエノンホールディングス
      創業明治13年、合同酒精株式会社を中心とする持株会社。
      神谷バーの電気ブランなんかも製造している。
    株価単元 PERPBR 配当率時価総額
    宝ホールディングス (東証1部) [食料品]
    1,343円100株 26.81倍1.85倍 1.34%2,817億円
    株主優待 自社グループ商品詰合せ等
    オエノンホールディングス(東証1部) [食料品]
    347円100株 52.58倍1.08倍 2.02%245億円
    株主優待 株主限定オリジナル商品(1000株以上)

    正月の博物館

    あけましておめでとうございます
    今年の2日目。今日は上野公園に来ている。
    とりあえずは、手近な上野東照宮に初詣に向かう。
    参道
    絵馬
    あまり、初詣という感じの場所ではないが神社には違いない。
    上野東照宮
    今日は、いつものパスポートを使用し、 噴水のバックに見える東京国立博物館に行ってみる。
    噴水
    思いの外、博物館は混んでいる。正月に特別混み合う場所という印象はなかったが、 外国人も多いので、やはり、観光客などが増えたせいか。
    本館の前では、和太鼓の演奏が行われている。
    和太鼓
    湯島天神白梅太鼓であるという。
    和太鼓
    和太鼓
    和太鼓
    和太鼓
    本館に入る。
    はじめに目についたのは、「国宝 松林図屏風」の高精細複製品だ。
    ちなみに、前回は「平家物語 一の谷・屋島合戦図屏風」だった
    松林図屏風
    今回は、プロジェクションマッピング的な映像を重ねるという演出が加わっている。
    松林図屏風
    刀では、「国宝 伯耆安綱(名物 童子切安綱)」が出ている。
    酒呑童子伝説に絡められた平安時代の名刀だ。
    刀
    「大判と小判」なんて特集もやっている。
    これは、天正菱大判と天正長大判で豊臣秀吉が作らせたものだとか。
    大判
    享保大判。
    大判小判は金座で製造され、後藤庄三郎が御金改役を世襲していた。
    大判
    江戸時代の「蘇我仇討図屏風」。野生動物が多く描かれる中、猪もいるからという今年の干支関連の展示らしい。
    今日の館内は結構、混んでいるので、あとは、こういったイノシシ関連でざっくり見ていく。
    筆者不詳 蘇我仇討図屏風
    「結城正明筆 富士の巻狩り」。
    知らない画家だが、幕末から明治期に活躍した日本画家であるという。
    結城正明筆 富士の巻狩り
    「諸獣図」。
    江戸末期に描かれ鳥獣2巻からなるものだとか。
    諸獣図
    「岸連山筆 猪図」。
    岸派の3代目として江戸後期に活躍した絵師なのだとか。
    岸連山筆 猪図
    「望月玉泉筆 萩野猪図屏風」。
    なにやら、よくわからない語呂合わせなどで、縁起物として描かれたようだ。
    萩野猪図屏風
    本物の「国宝 松林図屏風」は、やはり人気だ。
    松林図屏風
    「石川光明作 野猪」。
    主に明治期に活躍した有名彫刻家の一人であるという。
    野猪
    貴賓室は、皇室用に作られ、現在は国賓や公賓などにも使用されているという。
    貴賓室
    迫る埴輪。
    きぐるみ
    本館前には、恵比寿さんがいる。
    恵比寿さん
    大黒さんもいる。
    大黒さん
    正月定番の獅子舞。
    獅子舞
    獅子舞
    江戸由緒の芸能を演じる「葛西囃子中村社中」。
    獅子舞

    今回は、今年の干支“猪”関連で株を探してみる。
    • 三井住友フィナンシャルグループ
      メガバンクの一角。傘下に三井住友銀、SMBC日興証券、プロミスなどを持つ。
      三井住友カードのキャラクターが「ウリボー」なのだとか。
    • ピジョン
      哺乳瓶などベビー用品のメーカー。
      本社前に「幸運を招くイノシシ像」があるらしい。
    • 日亜鋼業
      新日鐵住金系列で、鉄線・鋼線・ボルトなどのメーカー。 獣害総合対策製品としてイノシシ用防護柵も。
    • ミロク
      創業明治26年、鉄砲鍛冶をルーツとする猟銃と工作機械のメーカー。
    株価単元 PERPBR 配当率時価総額
    三井住友フィナンシャルグループ(東証1部) [銀行業]
    3,645円100株 7.27倍0.48倍 4.66%57,795億円
    株主優待 特になし
    ピジョン(東証1部) [その他製品]
    4,700円100株 38.81倍8.95倍 1.45%5,875億円
    株主優待 特になし
    日亜鋼業(東証1部) [鉄鋼]
    268円100株 17.29倍0.3倍 2.24%169億円
    株主優待 特になし
    ミロク(東証2部) [その他製品]
    1,668円100株 6.58倍0.38倍 3%56.9億円
    株主優待 特になし

    初冬の水元公園を歩く

    冬空が広がる水元公園に来た。
    10日ほど前は、まだ晩秋の景色という感じだったが、今日は、とにかく寒く、 気温以上に北風が厳しい。
    池
    水辺に佇むオナガガモ。
    池には鴨を中心に冬鳥の群れが見られる。
    かも
    圧倒的に多いのは、このヒドリガモだ。
    芝生に上がってきて、なにやら啄んでいるようだ。
    ヒドリガモ
    ヒドリガモ
    ヒドリガモ
    ヒドリガモ
    ヒドリガモ
    水元公園 ヒドリガモの群れ(AuroraHDRでHDR合成)
    ヒドリガモ
    ヒドリガモ
    ヒドリガモ
    池
    ユリカモメも群れで来ている。
    ゆりかもめ
    水元公園 ユリカモメの群れ(AuroraHDRでHDR合成)
    前回は、多少紅葉風景も見られたメタセコイアやラクウショウも、さすがに枯れ木になっている。
    メタセコイア
    枯れ木を啄く小型のキツツキのコゲラ。
    冬は葉が散って視界が開けるので、鳥は見つかりやすくなる。
    コゲラ
    拡大
    コゲラ
    おなじみのカルガモ。
    これは、渡り鳥ではないので、いつでも見られる。
    カルガモ
    微妙に枯れ葉が残るラクウショウの木。
    ラクウショウ
    水元公園 ラクウショウの気根(AuroraHDRでHDR合成)
    冬の景観になったメタセコイア。
    メタセコイア
    メタセコイア
    冬晴れの水元公園(AuroraHDRでHDR合成)
    マガモの群れ。
    やはり、水辺はカモが多い。
    マガモ
    マガモ
    杭に止まるアオサギ。
    サギ類は、一年を通してよく見る鳥だ。
    アオサギ
    このあたりもメタセコイアとラクウショウが枯れ木になっている。
    水元公園 池のメタセコイア(AuroraHDRでHDR合成)
    枯れ枝に止まるアトリ。
    数匹の群れでいたが、やはり鳥は超望遠がないと厳しい。
    アトリ
    拡大
    アトリ
    メスのルリビタキ。
    すぐに飛んでいってしまった。
    ルリビタキ
    拡大
    ルリビタキ
    水元公園といえば、水辺の風景か、メタセコイア林のイメージだ。
    メタセコイア
    直線的な印象が強いメタセコイア。
    メタセコイア
    始めの池に戻ってきた。
    池
    また、ヒドリガモの群れが水から上がってきている。
    ヒドリガモ
    只今上陸中。
    ヒドリガモ
    ヒドリガモ
    ヒドリガモ
    午後になり、気温の上昇よりも、むしろ強くなった風が体感気温を下げている。 といったところで、今日は撤収。
    水元公園 初冬の小合溜(AuroraHDRでHDR合成)

    今日の主な被写体が鳥だったので、今回は安直に「鳥貴族」なんてあたりの株を見てみる。
    創業は昭和60年、主に関西・関東で、低価格路線の居酒屋「鳥貴族」を展開している。 平成26年にJASDAQに上場すると、27年には東証2部、28年には東証1部に変更と 急速に事業を拡大してきている。 本社は大阪市浪速区、資本金14.9億円、時価総額254億円、従業員数827名であるという。

    鳥貴族(2018/12/06)
    東証1部(小売業)
    決算 7月(権利確定月)
    株価1,814円(100株単位)
    PER 28.04倍
    PBR 3.05倍
    配当 8〜10円(0.44%)
    株主優待(1月・7月)
    株主優待券

    紅葉シーズン終盤の皇居を歩く

    12月も残すところ1週間を切り、今年もあと僅か。
    皇居のような庭園や公園は、冬の殺風景な風景に変わりつつある。
    と思ったものの、枯れ木の中に残った赤や黄色の印象が強く、景色としては、まだ晩秋であろうか。
    イチョウ
    初冬の二の丸雑木林に入る。
    やはり、冬というよりも晩秋の色合いか。
    雑木林
    雑木林
    雑木林
    雑木林
    紅葉が遅い日陰のモミジ。
    二の丸庭園
    まだ樹木がモノトーンになり切らず、あまり冬の景観には見えない。
    二の丸庭園
    紅葉が遅めの築山のモミジも終わりが近い。
    二の丸庭園
    サツキの植え込みが、ちょうど色づいている。
    二の丸庭園
    光が差し込んでいる場所のモミジ。
    二の丸庭園
    二の丸庭園
    二の丸庭園の池を見下ろす。
    二の丸庭園
    サルスベリの枯れ木と紅葉。
    皇居二の丸庭園 サルスベリの枯れ木と紅葉(AuroraHDRでHDR合成)
    今日は、かなり風がある日だが、それが一瞬、治まった時には、水面の映り込みが鮮明に見えた。
    皇居二の丸庭園 晩秋の景色(AuroraHDRでHDR合成)
    冬は太陽が低いせいか、このあたり明暗差が激しい。
    二の丸庭園
    日陰で今が旬のモミジ。
    二の丸庭園
    雑木林でも、まだ遅めの紅葉が見られる。
    雑木林
    皇居二の丸の紅葉と大手町のビル(AuroraHDRでHDR合成)
    水たまりに映る梅林坂の石垣。
    梅林坂
    石垣のモミジ。
    梅林坂

    北の丸公園に移動。
    イチョウ
    もみじ苑のモミジは落ち葉に。
    もみじ
    滝や四阿がある辺りは、例年、かなり紅葉が遅くなる場所で、都心で最後に見る印象がある。
    北の丸公園 おそらく最後の紅葉(AuroraHDRでHDR合成)
    北の丸公園の紅葉と滝
    もみじ
    まだ、色づきが遅めだったモミジも若干あるが、間もなく冬の景観に変わるだろう。
    もみじ

    皇居東御苑に戻ってきた。
    今日は、天守台に上がる人も疎らだ。
    皇居東御苑の天守台(AuroraHDRでHDR合成)
    皇居本丸でも日陰には、モミジが残っている。
    もみじ
    ベンチには、先客がいた。
    カマキリは結構、晩秋(11月後半)まで見かける事があるが、12月も終わろうかという、この時期に見たことはない。
    皇居本丸のベンチで休むカマキリ
    もみじ
    潮見坂から二の丸に下りる。
    潮見坂
    再び、晩秋の雑木林。
    雑木林
    再び、晩秋の二の丸庭園。
    晩秋の皇居二の丸庭園(AuroraHDRでHDR合成)
    二の丸庭園
    二の丸庭園
    皇居二の丸庭園(AuroraHDRでHDR合成)
    最後は、竹林とモミジ。
    皇居東御苑 晩秋の竹林(AuroraHDRでHDR合成)

    紅葉風景は、いつにも増して光の加減や角度が、被写体の鮮やかさを左右していた。 というわけで、今回は、“光”で始まる社名の株を見てみる。
    << “光”で始まる社名の企業 >>
    (項目clickで昇降順並び替え)

    紅葉シーズン終盤の新宿御苑を歩く2

    先週あたりは真冬の寒さが到来していたが、このところは、また暖冬よりの過ごしやすい陽気になっている。 12月も20日を過ぎると、気候的にはすっかり冬だが、微妙に紅葉風景が残る新宿御苑は、未だ晩秋の趣だ。
    もみじ
    新宿門付近の紅葉は、すでに見頃とは言えないが、まだ残っているモミジもある。
    もみじ
    もみじ
    プラタナスの落ち葉。
    落ち葉
    日陰では、今が旬というモミジもある。
    もみじ
    概ね葉が散って、冬の景観が近づくラクウショウ林。
    ラクウショウ
    ラクウショウの気根。
    新宿御苑 ラクウショウの気根(AuroraHDRでHDR合成)
    紅葉が遅い雑木林では、まだ紅葉風景が見られる。
    雑木林
    雑木林
    新宿御苑 雑木林の紅葉(AuroraHDRでHDR合成)
    雑木林
    新宿御苑 晩秋の雑木林(AuroraHDRでHDR合成)
    雑木林
    日本庭園の紅葉は、ほぼ終了。
    新宿御苑 晩秋の日本庭園(AuroraHDRでHDR合成)
    奥にチラッとと見える朱は、新宿御苑で最後の紅葉スポット「モミジ山」。
    紅葉の旬が過ぎた「下の池」だが、まだ水面は彩り豊か。
    下の池
    「下の池」と「モミジ山」の間の小道。
    モミジ山
    最盛期を迎えている「モミジ山」の紅葉。
    モミジ山
    モミジ山
    新宿御苑 モミジ山の紅葉
    モミジ山
    モミジ山
    モミジ山
    新宿御苑 モミジ山の紅葉
    モミジ山
    「下の池」付近の紅葉が遅くようやく見頃のモミジ。
    下の池
    こちらは、もう最後残った感じのモミジ。
    下の池
    プラタナス並木は、すっかり葉が落ちて冬の景観だ。
    プラタナス
    プラタナス
    プラタナス
    「玉藻池」のカルガモ。
    かも
    かも
    池に映る紅葉の中を泳ぐカルガモ。
    新宿御苑 朱く染まる玉藻池に浮かぶカルガモ(AuroraHDRでHDR合成)
    もうすぐ咲きさそうな温室の睡蓮。
    温室
    時節柄、クリスマス飾りが、そこかしこに作られている。
    温室
    各種、蘭の花。
    温室
    まだ、紅葉した葉が残っているメタセコイアの木。
    メタセコイア
    今、旬の花は、スイセンのようだ。
    すいせん
    紅葉したモミジとスイセン。
    もみじ

    今回は、最後がモミジの赤とスイセンの白ということで、ロゴマークが赤白イメージの企業の株を見てみる。
    株価単元 PERPBR 配当率時価総額
    日本航空(東証1部) [空運業]
    3,836円100株 12.17倍1.19倍 2.87%14,222億円
    株主優待 株主割引券など
    コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス(東証1部) [化学]
    3,295円100株 68.06倍1.07倍 1.52%6,951億円
    株主優待 株主優待ポイント付与
    日清食品ホールディングス(東証1部) [食料品]
    6,790円100株 27.2倍2.08倍 1.62%7,483億円
    株主優待 自社グループ会社製品詰合せなど
    ファーストリテイリング(東証1部) [小売業]
    58,840円100株 36.38倍6.89倍 0.82%60,886億円
    株主優待 特になし
    紅葉特集ボタン
    優待特集ボタン
    昆虫特集ボタン
    Archives
    Google

    webを検索
    ブログ内 を検索

    Recent Comments