アクセスカウンター

    最近10日間のPV

    livedoor プロフィール
    5月に入り、初夏の陽気になってきました。

    ホームページも見てね!(よくある日帰り歴史スポット!)
    http://etc.houkou-onchi.com/index.htm

    皐月の皇居を撮ってみた話

    5月も終盤に差し掛かった皇居二の丸庭園では、サツキが咲いている。
    ただ、満開までは、もう一声と言った感じで、花菖蒲は、まだ咲いていない。
    昨年の写真を見返すと、今頃、サツキは満開で花菖蒲も咲き始めていたので、今年は少し季節がゆっくり流れている。 いや、そうではなく、去年が早かったのか。
    二の丸庭園
    暑くになるにつれ、昆虫シリーズ一辺倒になりがちだが、今日はあまりチョウもトンボも飛んでいない。
    1羽だけいたサツキの蜜を吸うアゲハ。
    アゲハ
    サツキで翅を休めるトンボ。
    トンボ
    池の縁のシランが満開になっている。
    シラン
    このところ、夏の暑さが続いていたが、今日は薄曇りで、時折涼しい風が吹く過ごしやすい陽気だ。
    二の丸庭園
    花菖蒲のシーズンを控え、まだ閑散としている皇居二の丸庭園。
    二の丸庭園
    北の丸公園に来た。正午前の気温23.9℃、湿度65%、南南東の風5.9m/s。湿度が高めだが、あまり暑さは感じない。
    モミジ
    まだ葉っぱしかない紫陽花でナナフシを見つけた。
    普段使っているカメラが修理中で、同じオリンパスのミラーレスで撮っているのだが、すっかりファインダーになれていたため、 液晶で撮るのが非常に難しく感じる。
    ナナフシ
    地味な花に止まるアオスジアゲハ。
    アオスジアゲハ
    サクランボがなっている。
    アカミオオシマという品種らしい。
    さくらんぼ
    ハルジオンに止まるツマグロヒョウモン。
    ツマグロヒョウモン
    池を泳ぐカイツブリの一家。
    カイツブリ
    カイツブリ
    皇居東御苑に戻り、本丸のバラ。
    バラ
    紫陽花が咲き始めるのは、まだ、これから。
    あじさい
    ウツギの花に止まるヒメウラナミジャノメ。
    ヒメウラナミジャノメ
    出始めのベニイトトンボ。
    本格的に飛び始めるのは来月になるだろう。
    ベニイトトンボ
    鮮やかな赤が目に付く、カルミア。
    カルミア
    葉にしか止まらなかったイチモンジセセリ。
    イチモンジセセリ
    良いタイミングでクロアゲハが来たが、PLフィルーを外す余裕がなくシャッタースピードが足りなかった。 まあ、この画像サイズではわからないか。
    クロアゲハ
    フィルターを外して、シャッタースピードも上げたが、ピントが花にいってしまった。
    クロアゲハ
    再び、薄曇りの二の丸庭園。
    二の丸庭園
    サツキ
    コウホネの葉に止まるのは、たぶん、ムスジイトトンボ。
    アオモンイトトンボ
    百人番所の前から、曇り空を見上げたところ。
    皇居には、他に大番所、同心番所が残っているが、これらは、検問のための施設で、常駐警備を主任務としていたようだ。
    百人番所

    といったところで、今回は、警備会社の株を見てみる。
    業界のトップは「セコム」で、2位が 「綜合警備保障(ALSOK)」、3位は 「セントラル警備保障(CSP)」であるらしい。
    <施設警備を主な事業としている上場企業>
    (項目clickで昇降順並び替え−PERの0はマイナス)

    春のバラを見た話

    雨が降った昨日は涼しかったが、一転、今日は暑い。
    そろそろ春のバラが見頃を迎えているらしので、見に行ってみることに。
    まずは、都電荒川線の沿線に来た。
    都電
    バラ
    この時期には、なんとなく、バラと都電荒川線を撮ってみる。
    なんとなくというのは、いつも構図が定まらず・・・なんとなく撮ってしまうのだ。
    都電
    都電
    都電
    オレンジのバラとオレンジの電車。
    都電
    花に負けないカラーバリエーションが楽しめる荒川線の車両。
    都電
    荒川車庫前。
    「都電バラ号」のヘッドマークがある車両。
    都電
    都電
    都電
    都電
    車庫へと戻っていく車両。
    都電

    旧古河庭園

    バラの名所、古河庭園に来た。
    ジョサイア・コンドル設計の洋館と西洋庭園のバラという取り合わせには、いかにもという風情がある。
    古河庭園
    古河庭園
    古河庭園
    ローアングルになっているのは、構図というより、人混みを避けるためだ。
    古河庭園
    人混みを避けられないならボカシてしまう。
    古河庭園
    古河庭園
    これが、一番、お約束と言える光景だろう。
    古河庭園
    古河庭園
    古河庭園
    いかにもバラらしい赤いのを撮ってみた。
    古河庭園
    バラの見頃は、まだ続きそうな感じなのだが・・・
    今年に入って、微妙に不調だったカメラをダマシダマシ使っていたが、電源も切れなくなり、あきらめて修理に出すことに・・・
    古河庭園

    今回は、旧古河庭園の主人で、古河財閥三代目当主の古河虎之助にゆかりのある企業を見てみる。
    <旧古河財閥由来の企業>
    (項目clickで昇降順並び替え)

    再び、GWの小石川植物園

    前回、みどりの日に訪れた小石川植物園に再びやってきた。
    連休の最終日だが、無料開放だった、この間とは違い園内に人は疎らだ。
    今回も主にアゲハの写真を撮ってみるつもりだが、こればかりは、運とかタイミングに左右されるので、なんとも言えない。
    ツツジ
    入口付近のツツジもアゲハが通り道のように、よく飛ぶ場所だが、今日は、タイミングが合わず、このクロアゲハしか撮れなかった。
    クロアゲハ
    少し歩くと、水たまり程度の池?の縁のぬかるみに黒いアゲハの姿が見えた。 この時期、吸水中のアゲハを見かける事があるが、数羽のモンキアゲハが居座っている。
    • 並んで止まるモンキアゲハ
    • 割って入るナガサキアゲハ
    • 吸水するナガサキアゲハ
    • 吸水中のモンキアゲハ
    • 吸水中のモンキアゲハ
    前回、モンキアゲハを撮ったタニウツギもアゲハがよく集る花だが、何もいないので帰りにまた寄ってみることにする。
    タニウツギ
    このところ初夏の陽気続きで、カナヘビなんかも出てきた。
    カナヘビ
    顔を出したのはクサガメ。
    亀
    池にいるのはイシガメ。
    今は、どこに行ってもミシシッピアカミミガメばかりなので、国産の亀を続けて見るのは珍しい。
    亀
    日本庭園のアヤメが見頃だ。
    アヤメ
    枯れたツツジに飛来したのはモンキアゲハ。
    どうやら、今日も、この蝶が多いようだ。
    モンキアゲハ
    見頃を過ぎたつつじ園で、例年、この赤いツツジにはアゲハが来ていた気がするが、今日は見当たらない。
    つつじ園
    蝶はいないが、足元にトンボが止まった。
    ネットで見たところ、成虫になって間もないハラビロトンボらしい。
    ハラビロトンボ
    売店側の黄色い花にもアゲハがよく来るはずなのだが、今日はタイミングが合わなかった。
    売店
    ヒメウツギで蜜を吸うキタキチョウ。
    キタキチョウ
    このあたりの微妙なツツジ周辺もアゲハが飛んでいるポイントなのだが、蝶は、なかなか止まらない。
    ツツジ
    それでも、やはり、多いのはモンキアゲハ。
    モンキアゲハ
    キアゲハは、この1羽しか見なかった。
    キアゲハ
    一応、撮れたという感じのカラスアゲハ。
    カラスアゲハ
    来た道を戻りつつ、撮れたのは、このヤマトシジミくらい。
    ヤマトシジミ
    タニウツギの場所まで戻ってくると、ここでは多くの飛来するアゲハが見られたが、やっぱり、モンキアゲハばっかりだった。
    • あまり良く撮れなかったカラスアゲハ
    • 小さくしか撮れなかったナガサキアゲハ
    • 小さくしか撮れなかったクロアゲハ
    • 間近で撮れたモンキアゲハ
    • タニウツギの蜜を吸うモンキアゲハ
    • タニウツギの蜜を吸うモンキアゲハ
    • 翅を開いて止まるモンキアゲハ
    • タニウツギの蜜を吸うモンキアゲハ
    • 執拗にちょっかいを出されるモンキアゲハ

    売店
    薬草園の側にある売店は、園内で飲料などを調達できる唯一の場所だ。
    特に夏場は、この売店と自販機は必要不可欠でお世話になっている。
    というわけで、今回は、看板にあるキーコーヒーの株を見てみる。
    キーコーヒーは、創業大正9年、西新橋に本社を置く老舗のコーヒーメーカーだ。 農園の経営から製造・販売までを手がけ、茶店など事業用のレギュラーコーヒーが主力商品となっている。
    四季報の業績コメントは「連続増配も」。リプトン紅茶の販売ライセンスを取得した相乗効果があるらしい。

    キーコーヒー (2017/5/8)
    東証1部(食料品)
    決算 3月、9月(権利確定月)
    株価 2,283円(100株単位)
    PER 51.77倍
    PBR 1.44倍
    配当 18円(0.79%)
    株主優待
    自社製品詰合せ(レギュラーコーヒー等)

    みどりの日の小石川植物園

    今年のゴールデンウィークは天気に恵まれている。 みどりの日の今日は、無料開放されている小石川植物園を訪れた。
    連休で無料ということで、園内はいつになく人が多いが、今回もツツジとアゲハを狙ってみたい。 ツツジは全体的な見頃が過ぎ、遅咲きのツツジが咲いているのだが、蝶の姿は見えない。
    ツツジ
    この時期から徐々に昆虫写真が増えていくのだが、まず、見つけたのは、ヨコヅナサシガメ・・・
    サシガメ
    続いては、チャバネアオカメムシ・・・
    ターゲットは、もちろん、これらではない。
    カメムシ
    満開になったタニウツギ。
    ウツギ系の花にもアゲハがよく来る印象だが、見当たらない。
    タニウツギ
    日本庭園のツツジにもアゲハの姿はない。
    ツツジ
    日本庭園のアヤメ。
    アヤメ
    つつじ園のツツジも見頃が過ぎ、咲いているものは少なくなった。
    ツツジ
    午前中は、まさかのカメムシと、このツマキチョウだけ、アゲハばかり狙っていたので、風景や花もほとんど撮らなかった。
    ツマキチョウ
    のんびり弁当を食べて、後半は、飽き初めて空を撮りだす・・・
    空
    つつじ園の微妙なツツジに、ようやくモンキアゲハが来た。
    モンキアゲハ
    しかし、後が続かず場所を移動。
    モンキアゲハ
    すぐ近くの、さらに微妙なツツジの植え込みが続く場所では、多くの黒いアゲハが飛んでいるが、撮れたのは、このカラスアゲハだけだった。
    カラスアゲハ
    タニウツギのところまで、戻るとクロアゲハが飛んできた。
    クロアゲハ
    そう言えば、昨年も、ここで撮っていた気がする。
    クロアゲハ
    翅を休めるコミスジ。
    コミスジ
    以外にも普通のアゲハやキアゲハは撮れず、多く感じたのは、モンキアゲハだ。
    昨年辺りから、よく見るようになった気がする。
    • タニウツギの蜜を吸うモンキアゲハ
    • タニウツギの蜜を吸うモンキアゲハ
    • タニウツギの蜜を吸うモンキアゲハ
    • タニウツギの蜜を吸うモンキアゲハ
    • タニウツギの蜜を吸うモンキアゲハ
    現在、主に咲いているタイプのツツジ。
    ツツジ
    最後はクロアゲハ。
    クロアゲハ

    今日は、“みどりの日”ということで、社名が“グリーン”の会社の株を見てみる。
    たまたまであろうが、新興市場と東証2部上場ばかりというのは特徴的だ。
    株価単元 PERPBR 配当率四季報コメント
    グリーンペプタイド(マザーズ) [医薬品]
    565円100株 --倍4.95倍 0%研究開発費
    株主優待 特になし
    グリーンクロス(福証) [卸売業]
    1,751円100株 10.82倍1.41倍 2.63%連続増配も
    株主優待 特になし
    グリーンランドリゾート(東証2部) [サービス業]
    408円100株 23.45倍0.39倍 2.21%平準化
    株主優待 遊園地等無料入場券など
    グリーンズ(東証2部) [サービス業]
    1,403円100株 12倍3.14倍 0.89%--
    株主優待 特になし
    理研グリーン(JASDAQ) [卸売業]
    321円1000株 13.43倍0.36倍 1.56%増勢
    株主優待 特になし
    アートグリーン(名証セントレックス) [卸売業]
    1,138円100株 51.03倍3.4倍 0%後退
    株主優待 ミディ胡蝶蘭1鉢

    5月の水元公園

    ゴールデンウィークということで、ファミリ層を中心とするレジャー客で賑わう水元公園に来た。 今日は、これと言った被写体が思いつかないが、広いのでなにかは撮れるだろう。
    水元公園
    時節柄、空を鯉のぼりが泳いでいる。
    鯉のぼり
    後楽に来ているのは、人ばかりではない。
    犬
    春から初夏の風景に移りつつある感じだ。
    水路
    空は晴れ。
    ただ、風があるせいか、思いの外涼しい。
    空
    橋
    新緑のメタセコイア並木。
    木
    獲物を探すアオサギ。
    アオサギ
    都会とは思えない雰囲気の小道。
    道
    再び、アオサギ。
    アオサギ
    グリーンプラザの鯉のぼり。
    鯉のぼり
    何か回っている。
    オブジェ
    ベニシジミ。
    ベニシジミ
    池の縁のアヤメ。
    アヤメ
    着水するダイサギ。
    シロサギ
    ハルジオンに止まるアオスジアゲハ。
    アオスジアゲハ
    歩いてきたのは・・・
    ニワトリ
    まさかのニワトリ。
    ニワトリ
    今日は、いつもの釣り人は少なく、やはり子供が多い。
    水路
    花壇の花に飛来したアオスジアゲハ。
    アオスジアゲハ

    今回は、意表を突くニワトリの散歩が印象的だったところで、ケンタッキーの株を見てみる。 ケンタッキーの日本法人は、横浜にある日本KFCホールディングスの傘下にある。 ケンタッキーフライドチキンは、アメリカ企業のライセンス商品であるが、アメリカKFCが、 株の大半を売却しているため親会社ではないらしい。 また、筆頭株主の三菱商事においても2015年に株の売却により連結対象から外されている。
    傘下には、他にピザハットなどもある。
    四季報の業績コメントは「回復歩調」。チキンは堅調、ピザは苦戦であるようだ。

    日本KFCホールディングス (2017/5/3)
    東証2部(小売業)
    決算 3月、9月(権利確定月)
    株価 1,953円(100株単位)
    PER 32.93倍
    PBR 2.11倍
    配当 50円(9.56%)
    株主優待
    自社商品引換券

    ツツジとアゲハの季節になった話

    4月も後半になり、東京ではツツジが咲く季節になっている。
    小石川植物園でも、そろそろ見頃を迎えたようだ。
    プラタナス
    新緑のプラタナス並木とツツジ。
    プラタナス
    潜るように蜜を吸うカラスアゲハ。
    花が大きいので、よくこんな感じになる。
    カラスアゲハ
    この時期、ツツジとアゲハの組み合わせは、とても絵になるのだが、なかなか都合よくはいない。
    藤棚
    日本庭園
    ツツジが群生している斜面を上っていくが、やはりアゲハ飛んでないなあ。
    階段
    クロアゲハが・・・飛び去っていった。
    クロアゲハ
    いい感じに咲いているキリシマツツジ。
    霧島
    このあたりは「つつじ園」で、様々な種類が見られる。
    つつじ園
    つつじ園
    つつじ園
    つつじ園のツツジとアゲハ。
    シャッターチャンスは多くなかったが、やはり数の比較では普通のナミアゲハが多い。
    • 小石川植物園 ツツジとアゲハ
    • 小石川植物園 ツツジとアゲハ
    • 小石川植物園 ツツジとアゲハ
    • 小石川植物園 ツツジとアゲハ
    • 小石川植物園 ツツジとアゲハ
    • 小石川植物園 ツツジとアゲハ
    ツツジの蜜を吸うカラスアゲハ。
    カラスアゲハ
    斜面を下りて入り口まで引き返す。
    斜面
    下の方でも、午前中には、あまり飛んでいなかったアゲハが飛び始めた。
    アゲハ
    キアゲハ。
    キアゲハ
    クロアゲハ。
    クロアゲハ
    もう一羽クロアゲハ。
    クロアゲハ

    小石川植物園の所在地は文京区白山だが、特に本社を置く企業はなさそうなので、今回は、小石川にどんな会社があるのか見てみる。
    <文京区小石川に本社のある上場企業>
    (項目clickで昇降順並び替え)

    カゴメの株主優待2017

    カゴメの株主優待が届いた。
    やや怪しくも感じる機能性食品表示のせいなのか、トマトジュースの売れ行きは好調らしい。 また、近頃は、農業にも力点を置いていてコンサルタント事業なども行うという。
    あとは、アサヒグループHDとの持ち合い解消なんてのもあるらしい。
    内容は、いつもの通り。
    • スーパーベジ 高ポリフェノール人参とアサイー・ベリーミックス
    • 野菜生活100 瀬戸内柑橘ミックス
    • 野菜生活100 佐藤錦ミックス
    • 野菜生活100 Peel&Herb ライム・ミントミックス
    • 野菜生活100 Peel&Herb グレープ・シナモンミックス
    • 濃厚あらごしトマト
    • カゴメトマトケチャップ

    カゴメ(2017/04/21)
    東証1部 (食料品)
    決算 12月(権利確定月)
    株価 2,951円(100株単位)
    PER 34.6倍
    PBR 2.83倍
    配当 27〜38円(0.91%)
    優待内容(6月・12月) 株 数
    自社商品(食品・ジュース等) 1000円相当 100株以上
    3000円相当 1000株以上

    春本番の皇居を歩いた話

    二の丸雑木林のヤマツツジが見頃になっている。
    東京は、前日の夏日から一転、普通の陽気に戻ったが、もう寒さは感じない。 お花見シーズンが終わった皇居では、ツツジが咲く季節へと移っている。
    ヤマツツジ
    ポツンと咲くナスヒオウギアヤメ。
    あやめ
    二の丸庭園では、カラフルなツツジが見頃となっている。
    ここのツツジは、見た目には綺麗なのだが、写真に撮ろうと思うと、どう撮って良いか分からなくなるような被写体だ。
    • 二の丸庭園のツツジ
    • 二の丸庭園のツツジ
    • 二の丸庭園のツツジ
    • 二の丸庭園のツツジ
    • 二の丸庭園のツツジ
    いよいよアゲハの舞う時期になったなあ、と思ったが、今日はあまり見かけなかった。
    アゲハ
    梅林坂では、梅の実がなり始めた。
    梅
    北桔橋門を出たところ。
    北桔橋門外
    北の丸公園に入る。
    アオサギがいるが動かない。
    アオサギ
    シャガにヤブキリの子供が乗っている。
    シャガ
    もみじ苑は、爽やかな緑一色に。
    • 北の丸公園 新緑のモミジ
    • 北の丸公園 新緑のモミジ
    • 北の丸公園 新緑のモミジ
    • 北の丸公園 新緑のモミジ
    北の丸公園のツツジ。
    ツツジ
    さくらんぼ。
    サクラ
    サトザクラの福禄寿(フクロクジュ)。
    フクロクジュ
    八重紅虎の尾(ヤエベニトラノオ)。
    ヤエベニトラノオ
    吉田さんと桜。
    吉田茂像
    ムラサキハナナの間を飛び交うジャコウアゲハ。
    ジャコウアゲハ
    オス同士なので、縄張り争いか?
    ジャコウアゲハ
    皇居本丸でもサトザクラが満開。
    本丸
    たけのこが顔を出している。
    たけのこ
    たけのこ
    シャクナゲも見頃になっている。
    シャクナゲ
    本丸のツツジ。
    ツツジ
    数輪咲いているアヤメ。
    あやめ
    緑の桜「御衣黄 ギョイコウ」。
    ギョイコウ
    最後は、二の丸に戻って、再び、竹林のたけのこ。
    たけのこ
    たけのこ

    といったところで、今日は、定番のお菓子「たけのこの里」のメーカー明治HDの株を見てみる。
    中央区京橋に本社を置く、大正9年設立の老舗菓子メーカー明治は、合併や再編を経て現在は持ち株会社形態になったいる。 旧明治製菓と旧明治乳業が中心だが、医薬品メーカーの側面もある。
    四季報の業績コメントは「堅調」。ヨーグルトやチョコが売れているらしい。

    明治ホールディングス (2017/4/20)
    東証1部(食料)
    決算 3月(権利確定月)
    株価 9,420円(100株単位)
    PER 25.01倍
    PBR 3.36倍
    配当 110円(1.17%)
    株主優待
    自社グループ製品詰合せ(菓子等)

    最後の桜が咲く季節

    このところ、季節外れの夏日が続いている。ついこの間まで、季節が後戻りして桜の開花が足踏みしていたなんて話は、 もう、ずいぶん前の事だったようにに感じる。
    種類を変えて、お花見客を呼んでいた桜も、そろそろ終わりが近づき、 新宿御苑では、イチヨウ、カンザン、と言った代表的なサトザクラが見頃を迎えている。
    関山
    ハンカチの木が咲き始めた。
    ハンカチの木
    ラクウショウの気根。
    ラクウショウ
    現在の主役、「一葉 イチヨウ」。
    一葉
    一葉
    もう一方の主役、「関山 カンザン」。
    カンザン
    サトザクラとNTTドコモ代々木ビル。
    一葉
    ツツジも咲き始めた。
    ツツジ
    新緑のもみじとカンザン。
    灯籠
    カンザン。
    カンザン
    サトザクラのお花見風景。
    お花見
    お花見
    再び、ドコモ代々木ビルとイチヨウ。
    一葉
    さらに、ドコモ代々木ビルとカンザン。
    カンザン
    たぶん、楊貴妃(ヨウキヒ)。
    サトザクラ
    つつじ山のツツジも咲き始めている。
    • つつじと一葉
    • イチヨウ
    • つつじ
    • イチヨウとツツジ
    カンザンとお花見風景。
    カンザン
    春らしい景観になった「下の池」。
    下の池
    満開の福禄寿(フクロクジュ)。
    フクロクジュ
    フクロクジュ
    梅護寺数珠掛桜(バイゴジジュズカケザクラ)。
    バイゴジジュツカケザクラ
    バイゴジジュツカケザクラ
    ツツジとプラタナス並木。
    ツツジ
    左から一葉、関山、普賢象(フゲンゾウ)。
    サトザクラ
    フゲンゾウ
    青空が広がり、お花見日よりの園内。
    サトザクラ

    今回は、ここ最近、昼食を買うことが多かったコンビニ株を見てみる。
    このあたりは、お花見関連株の一つとも言えるだろう。
    株価単元 PERPBR 配当率業績予想
    セブン&アイHD(東証1部) [小売業]
    4,548円100株 22.77倍1.72倍 1.98%最高益
    株主優待 特になし
    ユニー・ファミリーマートHD(東証1部) [小売業]
    6,310円100株 33.32倍1.54倍 1.77%費用先行
    株主優待 特になし
    ローソン(東証1部) [小売業]
    7,350円100株 22.01倍2.67倍 3.47%高水準
    株主優待 特なし
    ミニストップ(東証1部) [小売業]
    2,042円100株 400.39倍1.04倍 2.2%戻り鈍い
    株主優待 ソフトクリーム無料交換券など

    博物館で茶碗を観た話

    今回も株主優待のパスポートで東京国立博物館に来た。
    現在開催中の特別展は「茶の湯」。
    要は、茶器・茶道具である。
    足利義政の東山文化から、信長・秀吉・利休により茶道が文化の主役まで発展した安土桃山時代、本阿弥光悦や小堀遠州などが活躍した江戸期、さらに近代の実業家のコレクションまで文化財級の名品が並ぶ。 その間には、主に中国の名品に対する価値付だったとこらから、メード・イン・ジャパンも台頭し、新たなジャンルが生まれている。 このような名物は著名人が多くを所有したことから由来には興味深く感じるものもあるのだが、残念ながら茶碗を観ても、何がどうとも分からない。 茶道や陶芸を嗜む層など、多くのファンが興味を持ちそうな分野で、結構、人も入っていたが、自分には、それを見る知識や感性が乏しいようだ。

    今日は、展覧会のスポンサー企業に名を連ね、お茶のイメージも強い「伊藤園」の株を見てみる。
    「おーいお茶」で知られる伊藤園は、昭和41年に静岡で設立されたフロンティア製茶から始まる。 後に商号の取得や、東京転出、そして缶ウーロン茶の販売が転機となり、現在は、渋谷区に本社を置く茶系飲料のトップメーカーとなっている。 傘下には、タリーズコーヒージャパンや乳製品のチチヤスなどもある。 四季報の業績コメントは「最高益射程」と好調なようだ。後は、当然、夏の暑さなんかが影響してくるのだろう。

    伊藤園 (2017/4/18)
    東証1部(食料品)
    決算 4月(権利確定月)
    株価 4,030円(100株単位)
    PER 28.77倍
    PBR 3.8倍
    配当 40〜42円(0.99%)
    株主優待
    自社製品(緑茶・ジュース等)
    優待特集ボタン
    昆虫特集ボタン
    Archives
    Google

    webを検索
    ブログ内 を検索

    Recent Comments