アクセスカウンター

    最近10日間のPV

    livedoor プロフィール
    紅葉シーズンも終わり、今年もあと僅か。

    ホームページも見てね!(よくある日帰り歴史スポット!)
    http://etc.houkou-onchi.com/index.htm

    浅草寺の羽子板市2017

    寒空の下、年の瀬の風物詩である羽子板市が開催されている浅草寺境内は、いつも通りの賑わいを見せているが、やはり年々店は少なくなっているようだ。 特に数えたわけではないが、まあ、間違いないだろう。
    羽子板市
    羽子板市
    来年は戌年ということか。
    羽子板市
    パンダもいる。
    羽子板市
    羽根つきの羽根。
    羽子板市
    芸能関係のネタも、ある意味定番となっている。
    羽子板市
    羽子板市
    羽子板市
    羽子板市
    羽子板市
    羽子板市
    これも恒例となっている芸大生デザインの羽子板。
    羽子板市
    さらに、今年の羽子板たち。
    羽子板市の羽子板
    羽子板 羽子板 羽子板 羽子板 羽子板 羽子板 羽子板 羽子板 羽子板 羽子板

    EKIMISE
    といったところで、今日は、東武鉄道 浅草駅の商業施設、浅草エキミセに入っている会社の株を見てみる。
    << EKIMISEに入っている企業 >>
    (項目clickで昇降順並び替え)

    師走の皇居を歩いた話

    東京の最高気温も10℃を割込み、風もあるため日差しはあっても今日は寒い1日となった。 紅葉の見頃が終わった皇居二の丸庭園は冬の景観だ。
    二の丸庭園
    僅かに残っているモミジ。
    もみじ
    落ち葉。
    もみじ
    ドウダンツツジであろうか。
    つつじ
    日当たりの悪い場所では、まだ1部で紅葉した木が残っている。
    もみじ
    ベンチに散ったモミジ。
    べんち
    もみじ
    ツバキかサザンカか分からないが、もう冬のイメージの花だ。
    さざんか

    北の丸公園でも概ね紅葉の見頃は終わっている。
    落ち葉
    しぶとく残っているモミジ。
    もみじ
    この滝の周辺は、極端に紅葉の遅い場所だが、まだこれからと言った感じに見える。
    もみじ
    もみじ
    もみじ
    もみじ
    もみじ
    地面に散ったモミジ。
    落ち葉
    水面に散ったモミジ。
    落ち葉

    皇居東御苑に戻り、本丸のドウダンツツジ。
    つつじ
    僅かに残ったモミジ。
    もみじ
    桜の葉。
    さくら
    すっかり葉が散っている柿の木。
    かき
    目の前の枯れ木に止まったジョウビタキ。
    ジョウビタキ
    展望台から二の丸を見たところ。
    展望台
    二の丸に下りると、「もぐら塚」なんて表示がある。
    要は、モグラが掘った痕だが、こういった公園では結構目にする。
    もぐら塚
    築山から池を見下ろす。
    もみじ
    初冬の二の丸庭園。
    池
    池
    水に散ったモミジ。
    落ち葉

    よく公園などでは、落ち葉を機械で吹き飛ばしているのを見かけるが、今日は、そのパワーブロワやチェーンソーなど農林業機械のメーカー 「やまびこ」の株を見てみる。 「やまびこ」は、2008年に、東証1部上場の共立と、東証2部上場の新ダイワ工業が経営統合して設立された、屋外作業機械の国内トップメーカーだ。 本社は、東京都青梅市にあり、従業員3,178名、時価総額739億円で、業績は順調であるという。 欧米やアジアにも進出しているが、なんといっても国内販売先が全国の農協らしいので、手堅い商売と言えるのかもしれない。

    やまびこ(2017/12/16)
    東証1部(機械)
    決算 12月(権利確定月)
    株価 1,641円(100株単位)
    PER 14.2倍
    PBR 1.37倍
    配当 35円(2.13%)
    株主優待
    特になし

    師走の水元公園

    紅葉シーズンも終わり、今年もあと僅か。
    カワウが並んでいるのは、水元公園の小合溜(池)だが、本格的に鳥を狙う程の望遠レンズはないので、公園の冬場は被写体が乏しくなる。
    小合溜
    水元公園の紅葉は主にメタセコイアだが、あまり木に葉は残っていない。
    メタセコイア
    冬の景観となった水路。
    水路
    オオバンが歩いている。
    オオバン
    ダイサギも歩いている。
    ダイサギ
    奥に見えるメタセコイアの林も葉が散っている。
    橋
    定番のカルガモ。
    かも
    僅かに残ったモミジとカルガモ。
    かも
    葉がまばらになっているメタセコイア並木。
    メタセコイア
    ここでは、園内の各所でメタセコイアが見られるが、やはり、木は寂しい感じになっている。
    メタセコイア
    メタセコイア
    落ち葉。
    落ち葉
    腰を据えてガンを飛ばしてくるネコ。
    猫
    木陰から伺うクロネコ。
    猫
    コサギ。
    コサギ
    また、メタセコイア。
    メタセコイア
    オオバンの群れ。
    オオバン
    ここにもメタセコイア。
    メタセコイア
    カルガモとダイサギ。
    かも
    ほんとうにメタセコイアが多い。
    メタセコイア
    整列したカルガモ。
    カルガモ
    ヒドリガモの群れ。
    ヒドリガモ
    小合溜

    今回はメタセコイアで株を探してみると、なんでもメタセコイア(Metasequoia)という3DCGソフトあるらしい。 開発しているテトラフェイスは個人企業であるようだが、セルシスというアニメーション製作ソフトの会社でもダウンロード販売されているらしい。 セルシスは、「CLIP STUDIO」シリーズなどのソフトウェア開発の他、携帯コミック・電子書籍のWEBコンテンツサービスを手がけ、東証2部に上場していたが、 2012年にエイチアイと持株会社アートスパークホールディングスを設立し、その傘下に入っている。 エイチアイについては、車関連の組み込みソフト向けGUIの開発を行っている会社らしい。 そこで、ようやく株にたどり着いたが、アートスパークホールディングスは、西新宿に本社を置く、資本金10億円、従業員170人、時価総額99.3億円、東証2部上場という企業で、業績は好調だという。

    アートスパークホールディングス(2017/12/16)
    東証1部(情報・通信)
    決算 12月(権利確定月)
    株価 1,520円(100株単位)
    PER 27.19倍
    PBR 3.45倍
    配当 4円(0.26%)
    株主優待
    特になし

    アズワンの株主優待2017

    理化学機器・用品卸のトップメーカーだというアズワンでは、カタログ通販やWEBに力を入れているようだ。 業績も最高益とあり、まあ、順調な模様だ。
    株主優待は、グルメギフト冊子の中から選択式で、今年は「長崎かんぼこ」なるものにしてみた。
    アズワンの株主優待
    アズワンの株主優待

    アズワン (2017/12/17)
    東証1部 (卸売業)
    決算 3月(権利確定月)
    株価 6,770円(100株単位)
    PER 31.83倍
    PBR 2.52倍
    配当 117円(1.73%)
    優待内容(9月) 株 数 備 考
    3,000円相当のグルメギフト商品 100株以上 ※カタログより選択
    5,000円相当のグルメギフト商品 500株以上

    新宿御苑で最後の紅葉を見た話

    今日は、冬のような寒さ・・・というか、もう冬か。
    新宿門付近では、すでにモミジもイチョウも落ち葉になっている。
    今年も都心を中心に紅葉の名所を歩いてきたが、案外、東京には紅葉スポットが多い。 広大な自然はないが、やはり江戸期の大名屋敷に由来する庭園などがあるせいだろう。 新宿御苑も信州高遠藩 内藤家の下屋敷をルーツとしている。
    もみじ
    もみじ
    僅かに残ってモミジ。
    もみじ
    日当たりの悪い場所では、今、旬を迎えているモミジもある。
    もみじ
    ラクウショウも落ち葉になっている。
    ラクウショウ
    遅れて紅葉した雑木林のモミジ。
    もみじ
    もみじ
    もみじ
    紅葉の終わった「上の池」。
    上の池
    カワセミの姿が見られた。
    カワセミ
    日本庭園にも紅葉の遅いモミジがあった。
    もみじ
    完全に枯葉になったモミジ。
    落ち葉
    台湾閣付近で、今頃、紅葉中のモミジ。
    もみじ
    台湾閣から見た紅葉の終わった日本庭園。
    台湾閣
    「下の池」も紅葉風景は終わっている。
    下の池
    新宿御苑では、「下の池」の千駄ヶ谷側にある「もみじ山」と呼ばれるエリアが最後の紅葉スポットだ。
    もみじ山
    この「もみじ山」が見頃を迎えると、今年の紅葉も終わりだなと感じる。
    もみじ山
    もみじ山から下の池にかけての紅葉
    もみじ山の紅葉 もみじ山の紅葉 もみじ山の紅葉 もみじ山の紅葉 もみじ山の紅葉 もみじ山の紅葉 もみじ山の紅葉 もみじ山の紅葉 もみじ山の紅葉 もみじ山の紅葉 もみじ山の紅葉 もみじ山の紅葉 もみじ山の紅葉 下の池の紅葉 下の池の紅葉 下の池の紅葉
    もみじ
    バラとプラタナス並木。
    ばら
    葉がなくなり、完全に冬の景観になったプラタナス並木。
    プラタナス
    黄色く色づいたフウとプラタナス並木。
    ふう
    新宿御苑のルーツとされる玉藻池を泳ぐカモ。
    かも
    かも
    だいぶ葉が落ちて寂しくなったメタセコイア。
    メタセコイア
    咲き始めたスイセンとモミジ。
    もみじ
    もみじ

    今回は、なんとか、“もみじ”関連といったところで、傘下に「もみじ銀行」を持つ山口フィナンシャルグループと、 そのリース事業再編により「もみじリース」を吸収合併したというオリックスの株を見てみる。
    株価単元 PERPBR 配当率時価総額
    山口フィナンシャルグループ(東証1部) [銀行業]
    1,394円100株 11.17倍0.54倍 1.43%3,285億円
    株主優待 地元特産品
    オリックス(東証1部) [その他金融業]
    1,918.5円100株 7.94倍0.94倍 3.28%23,311億円
    株主優待 株主カード(グループ施設割引)・カタログギフト

    芝公園と芝離宮の紅葉

    芝公園(増上寺)

    芝増上寺に入ると、真っ赤なモミジが目を引く。
    天気予報では、今日は真冬の寒さだと言っていた。
    今年の秋は、時折、冬が訪れては秋に戻る感じだったが、そのためか紅葉シーズンは早めに推移している。 これから向かう芝公園のもみじ谷は、紅葉の遅い場所で、例年12月中盤に見頃迎える印象だ。
    増上寺
    もみじ谷でも、かなり紅葉は進んでいる。
    最盛期には、少し早いかも知れないが、キレイに見えるかは、むしろ光の差し方次第だ。
    もみじ
    紅葉と滝。
    滝
    すぐ横を都道301号線が通り、車も頻繁に走っているが、1歩中に入ると山中にも感じられる景観が見どころだ。
    もみじ
    清掃作業中で、いつもの静かな雰囲気ではなかったが、都心の庭園や公園では良くあることだ。
    もみじ
    渓谷を思わせる、このあたりの眺めが最も好きなポイントだ。
    もみじ
    お地蔵さんもいる。
    地蔵
    今年の「もみじ谷」のモミジ。
    • 芝公園 もみじ谷のモミジ
    • 芝公園 もみじ谷のモミジ
    • 芝公園 もみじ谷のモミジ
    • 芝公園 もみじ谷のモミジ
    • 芝公園 もみじ谷のモミジ

    これも芝公園内にある宝珠院に来た。
    宝珠院
    賽銭箱を高い場所に設置したという「天上天下賽銭箱」。
    運気上昇!とかあるらしい。
    賽銭箱
    金運開運の「お蛇さま」なのだとか。
    蛇神
    弁天池のモミジ。
    もみじ
    モミジと東京タワー。
    もみじ

    芝公園の梅林まで来た。
    ここからは、東京タワーをバックにイチョウ、モミジ、ジュウガツザクラが見られる。
    梅林
    満開のジュウガツザクラ。
    十月桜
    隣接する芝東照宮にお参り。
    芝東照宮
    芝東照宮

    芝増上寺の黒門前に来た。
    黒門
    門を入ったところのモミジ。
    もみじ
    鐘楼とモミジ。
    鐘楼
    増上寺の周囲を回る感じで芝公園の紅葉を見てきたが、 このあとは、浜松町駅の隣、芝離宮にも寄ってみる。
    鐘楼
    旧芝離宮庭園

    ことさら紅葉名所の印象はない芝離宮だが、ハゼノキとモミジは、どうなっているか。
    池
    ヤマボウシの葉。
    やまぼうし
    色づき始めたハゼノキ。
    ハゼノキ
    水際のハゼノキは見頃だ。
    この時期、最も見頃となる木だが、 付近で工事中のため撮れる画角やアングルが限られている。
    ハゼノキ
    ハゼノキ
    日陰に入ってしまい、モミジは、あまり紅葉して見えなかったが、近づいてみると、意外にカラフルな葉が見られた。
    • 芝離宮の微妙なモミジ
    • 芝離宮の微妙なモミジ
    • 芝離宮の微妙なモミジ
    • 芝離宮の微妙なモミジ
    • 芝離宮の微妙なモミジ

    といったところで、今日は、港区芝公園に本社を置く会社を見てみる。
    << 本社の住所が港区芝公園の企業 >>
    (項目clickで昇降順並び替え)

    日清食品の株主優待2017冬

    インスタント麺のトップメーカー日清食品の情勢は、夏場と基本的に変わらないようだ。 大雑把に海外が低調で、国内は堅調といったところであろうか。 四季報には、「中国、ブラジルで出足鈍い」とある。 ただ、業績全体では、増益基調が続いているらしい。
    株主優待

    株主優待は、箱を開けると、いつもの感じだ。
    ○ 株主限定 日清のどん兵衛 天ぷらそば
    ○ 株主限定 日清のどん兵衛 年明けうどん
    ○ カップヌードル ミルクシーフードヌードル
    ○ 日清チキンラーメン
    ○ 日清麺職人 柚子しお
    ○ 日清焼そばU.F.O チーズカレー
    ○ 日清のどん兵衛 極みだし関西風だしうどん
    ○ 明星一平ちゃん夜店の焼きそば
    ○ グラ 5種のたっぷりナッツ
    ○ 80gぼんち揚げ
    ○ 日本企業CEOの覚悟(文庫)
    ○ 2018 チキンラーメンカレンダー
    株主優待

    日清食品ホールディングス (2017/12/7)
    東証1部 (食料品)
    決算 3月(権利確定月)
    株価 8,360円(100株単位)
    PER 40.08倍
    PBR 2.44倍
    配当 90〜94円(1.08%)

    優待内容(3月 9月) 株 数
    自社グループ会社製品詰合せ
    (即席麺・菓子等)
    1,500円相当 100株以上
    3,500円相当 300株以上
    4,500円相当 1000株以上
    5,500円相当 3000株以上
    1,500円相当の自社キャラクターグッズ 300株以上

    皇居から日比谷公園の紅葉

    皇居東御苑

    紅葉シーズンも終盤、とりあえず晴天ということで、なんとなく皇居に来てしまったが、 今日は乾通りの一般開放が行われていて、皇居東御苑も混雑している。 ただ、人の流れは本丸に向かっているようで、二の丸の混雑はなさそうだ。
    イチョウ
    雑木林を中心に二の丸では紅葉が最盛期を迎えている。
    もみじ
    古い街灯とモミジ。
    街灯
    雑木林の紅葉。
    もみじ
    もみじ
    二の丸庭園。サルスベリの枯れ木とモミジ。
    二の丸庭園
    築山のモミジも見頃になっている。
    二の丸庭園
    ススキとモミジ。
    二の丸庭園
    諏訪の茶屋前のモミジも鮮やかになった。
    諏訪の茶屋
    まさに今が旬、二の丸のモミジ。
    もみじ
    梅林坂の石垣では、ハゼノキとモミジが共に見頃。
    今日は、これから北の丸公園と靖国神社へ向かい、さらに日比谷公園まで紅葉を求めて歩くつもりだ。
    梅林坂
    北の丸公園

    北の丸公園の「もみじ苑」に来た。まだ紅葉はしているが、残念ながら見頃のピークを過ぎている。
    もみじ
    もみじ
    もみじ
    もみじ
    靖国神社

    靖国神社のイチョウは、葉が散り始めているが、まだ見頃の木も多い。
    イチョウ
    売店付近のイチョウは、ちょうど見頃。
    イチョウ
    日本庭園の紅葉したイチョウ。
    もみじ
    池のモミジは微妙・・・
    庭園
    ある意味、秋らしい色合いの錦鯉。
    鯉
    はとバスのガラスに映るイチョウ。
    はとバス

    一気に引き返して日比谷公園に向かうのだが、それであれば靖国神社をスタート地点にするべきで回り方を間違えた。
    田安門の前まで来ると、中華まんの湯気がいい感じに見えるのだが、昼飯にコンビニの中華まんを食べてしまった・・・
    肉まん
    大手門を出てきた。
    やはり皇居外苑方面からの人出が多く、大手門前は結構な行列が出来ている。少なくとも日比谷公園→皇居という順番にしなくてよかった。
    大手門
    日比谷公園

    この季節、3時半ともなると、もう夕方。
    薄暗い園内に、すっかり傾いた太陽の日が差し込んでいる。
    イチョウ
    噴水池の紅葉したモミジ。
    もみじ
    鶴の噴水と紅葉。
    噴水
    松本楼前のイチョウ。
    イチョウ
    これは、ケヤキの木のようだ。
    けやき
    心字池のモミジ。
    心字池
    最後は、カラフルなモミジ。
    もみじ

    東京の中心、千代田区に本社を置く企業は当然多い。 皇居に面した大手町や丸の内は、もちろんのこと、日比谷公園の周囲、有楽町や内幸町、霞が関といったところも同様だ。 ただ、それでは、あまりに数が多いので、今日は、帰りに利用した東京メトロの日比谷駅がある有楽町に本社を置く会社を見てみる。
    << 千代田区有楽町に本社を置く企業 >>
    (項目clickで昇降順並び替え)

    六義園と上野公園の紅葉

    六義園

    今年も師走に入った。やや早めだった紅葉シーズンは、今が最盛期か、あるいは旬を過ぎたか微妙なタイミングと思われる。 前回は、まだまだ早すぎた六義園でも、紅葉が佳境を迎え、渡月橋では、赤く染まったハゼノキとモミジが鮮やかに見える。
    渡月橋
    築山から見下ろす園内。
    すでに葉が散ってしまった木も目につく。
    築山
    遅めに紅葉する築山裏手の薄暗い場所が六義園のベストスポットだ。
    山陰橋からつつじ茶屋を見るアングルでは、キレイな紅葉が見られる。
    つつじ茶屋
    水面に映る紅葉。
    つつじ茶屋
    しかし、逆につつじ茶屋から山陰橋を見る側は、全然良くない。
    そもそも葉が終わってきているように見える。 光の加減で鮮やかさは全く違ってくるが、ここまで、印象が変わることは珍しい。
    つつじ茶屋
    赤いところだけを選んで写してみる。
    つつじ茶屋
    売店前。ドウダンツツジの植え込みの赤も疎らに。
    売店
    滝見の茶屋付近。紅葉はしているが日が差さず鮮やかさがない。
    滝見の茶屋
    雪吊りが立ち冬の装いの池周り。
    池
    茶室。
    茶室
    紅葉したモミジ。
    もみじ
    竹林の紅葉。
    竹林
    上野公園

    イチョウの下で考える人がいる上野公園に移動してきた。
    桜の名所というイメージが強い場所だが、紅葉の見どころも結構多い。
    考える人
    イチョウの下の野口さん。
    野口英世
    まずは、バックに見える東京国立博物館に入る。
    噴水
    今が旬のイチョウ。
    イチョウ
    日本庭園の今が旬のモミジ。
    庭園
    紅葉したモミジ。
    庭園
    茶室の水鉢。
    庭園
    博物館を出て、東照宮参道の石灯籠。
    石灯籠
    伊豆栄の提灯と紅葉。
    提灯
    通称「お化け灯籠」とモミジ。
    お化け灯籠
    上野大仏の幟。
    幟
    清水堂の手水。
    手水
    清水堂から不忍池弁天堂を見たところ。
    清水の舞台

    東京国立博物館に寄付をすることにより法人税の優遇措置を受ける制度があるのだという。 今回は、その特別会員というものにラインナップされている上場企業を見てみる。 大日本印刷・凸版印刷・NISSHA(日本写真印刷)と、印刷業界の割合が多いところが特徴だ。
    << 東京国立博物館 特別会員の企業 >>
    (項目clickで昇降順並び替え)

    北小金の紅葉

    本土寺

    11月も終盤となり、関東の名所では、続々と紅葉シーズンがピークを迎えている。 朝はあまり感じなかったが、予報によると、冬服では暑いくらいの陽気となるらしい。 そんな晴天の下、訪れたのは千葉県松戸市の本土寺。 あじさい寺として有名だが、個人的には紅葉の季節こそベストという印象だ。 山門付近は、とくに人が多く撮影は困難だ。
    山門
    五重塔とモミジの赤を意識したが、イチョウが散ってしまっていて、やや物足りない感じに見える。
    五重塔
    横に回ってみると、モミジと五重塔が被り過ぎている。
    五重塔
    本堂前のモミジ。
    本堂
    一番の見所は、回廊前のモミジ。 ただ、写真ではキレイな部分を選んで撮れるものの、全体的にはピークを過ぎている。
    竹林とモミジ。
    竹林
    赤と黄色のモミジ。
    紅葉
    回廊の廊下。
    回廊
    稲荷社の狐と紅葉。
    狐
    狐
    銭洗弁天。
    龍
    弁天池と弁天堂。
    弁天堂
    もみじ
    赤門前のモミジ。
    赤門
    赤いモミジと五重塔。
    五重塔
    山門前のモミジを横から見たところ。
    今日は、このあたりが最もキレイに見えた。
    山門
    本土寺を後にして、いつもセットで見に行く東漸寺へと向かう。
    山門
    東漸寺

    東漸寺の総門前に立つと、鮮やかなモミジが見頃を迎えている。
    タイミング的には、本土寺よりも良いように感じる。
    総門
    山門前のモミジも、いい感じに紅葉している。
    山門
    山門の狛犬。
    狛犬
    一番期待していた、鐘楼前のモミジはピークを過ぎている。
    本土寺も東漸寺も、日当たりの良い場所は最盛期が終わり、やや日当たりの悪い場所の紅葉が見頃になっているようだ。
    もみじ
    落ち葉。
    もみじ
    中雀門とモミジ。
    中雀門
    六地蔵とモミジ。
    六地蔵
    だいぶ、散っているイチョウ。
    イチョウ
    絵馬。
    絵馬
    中雀門を出て、参道を引き返す。
    中雀門
    東漸寺は幼稚園を経営しているようで、帰りのバスが出ていく。
    山門
    今回は、どちらの寺院もベストポイントは今ひとつだったが、全体的には充分に紅葉を楽しむことができた。
    山門
    東漸寺は、江戸時代に小金宿があった旧水戸街道にある。
    旧水戸街道から本土寺参道への入り口付近がJR北小金駅の駅前で、小金宿の案内板が出ている。 また、このあたりは、ドラッグストアマツモトキヨシ発祥の地でもあるらしい。
    小金宿の案内

    マツモトキヨシは、最も知名度の高いドラッグストアであろう。
    昭和7年、東葛飾郡小金町で松本薬舗として創業、 昭和27年にマツモトキヨシ薬店が設立されている。 平成19年に、持株会社へ移行し、現在の本社は松戸市新松戸にある。
    ちょっと意外だったのは、業界1位ではなく、ウエルシア薬局を展開するイオン系のウエルシアホールディングスがトップであるらしいことだ。

    株価単元 PERPBR 配当率時価総額
    マツモトキヨシホールディングス (東証1部) [小売業]
    9,280円100株 25.09倍2.54倍 1.19%4,015億円
    株主優待 自社グループ商品券
    ウエルシアホールディングス(東証1部) [小売業]
    4,810円100株 31.92倍4.05倍 0.67%4,470億円
    株主優待 )買物券・栄養ドリンク・コシヒカリ新米・Webショップ利用券・「Tポイント」の付与
    紅葉特集ボタン
    優待特集ボタン
    昆虫特集ボタン
    Archives
    Google

    webを検索
    ブログ内 を検索

    Recent Comments