十数年振りで・・・

実に久しぶりに初詣に行った。
去年の投資成績の不振を神頼みで補おうと言う事ではない。
とは、言え、祈願するのは、
「今年は損させないで・・・」
「出来れば儲けさせてね!・・・他」
庶民の願いはこんなもんだ。

本願寺

東本願寺 東本願寺境内
それで、実際に詣でたのは、浅草にある「東本願寺」だ。
単に、浅草寺は、境内到達が困難に思えるほどの混雑を呈していたためだ。
「本願寺」と言えば、最大のキーマンは、教団を組織化し中興の祖と呼ばれる「蓮如」であろう。
とは言え、自分のような、よくある歴史ファン(特に戦国)が、真っ先に連想するのは、
織田信長との10年に及ぶ石山合戦のころの本願寺。
言わば、軍事勢力としてのインパクトが強い。
また、織田信長による事実上の政教分離がなされた時代でもあり、
日本の宗教にとってのターニングポイントであったと思われる。
勿論、すべて、本の受け売りである。

初詣関連株は?

何の意味があるかはともかく。
この日記のお約束なので。
当然、宗教法人自体は上場などあり得ない。
思いつくのは、「鉄道」など交通機関。
詣でついでに福袋でも買う人もいるかも知れない「デパート」。
あとは、人気のスポットや当日の天気を配信するような企業であろうか。
と、いったところで、今年最初のお題は
「東武鉄道」
単に浅草行くのに乗ったから。
鉄道株は、今まで眼中になかった。
自分のささやかな投資スタンスから見ると総じて高いからだ。
「東武鉄道」 にしても1000株単位で買うのに57万円以上。
無理ではないが、これが最大のネックとなっている。
PERは18.3倍、PBRが3.1倍、割安なのかは良く分からない。
業界平均よりはたぶん安いが配当も低いし、お買い得かは判断しかねる。
よくありそうなのは、いつも利用する交通機関というケースの優待狙いか?
どうも鉄道株は、予想以上に自己資本比率が低い。
しかも、私鉄と言えば「含み資産関連」と言うイメージもある。
「東武鉄道」 の場合は、なにより「新東京タワー」絡みと言うことになるのか?
これからも、M&Aなどによる再編や統合がありそうな業界と言うことであろうか?