山手御門
甲斐善光寺
武田神社
風林火山博
もう、先週の話であるが、大河ドラマで今が旬(たぶん)の甲府を見て来た。
昔に、一度来た事があるのだが、記憶は曖昧。
駅を降りるといきなり城っぽいのが見える。
以前はなかった気がするが・・・
甲府城跡を公園整備しているもので櫓とか門とか復元しているもののようだ。
天守台は、でっかいので、見晴らしがなかなか良い。
ルートとしては、「善光寺」で、竜の下で手を打った後、真っ暗の回廊を歩み。
「武田神社」では、特別公開の「孫子の旗」を見た。
などと、定番だが、信玄ゆかりの寺社を中心にめぐる小旅行だ。
「風林火山博」 なんてのにも行ってみた。
大河ドラマなんか観てないのに。
さすがに、武田信玄のお膝元なので、まだまだ見てないところが、いっぱいある。
鎌倉・京都にちなんだ「甲府五山」なんかも「東光寺」ひとつしか行けなかった。
「心頭を滅却すれば火も自ら涼し」の言葉が有名な「恵林寺」もある。
いずれ、再訪する機会があるかもしれない。

更に写真をホームページの方でアップしているので見てね!
日帰り歴史スポット 甲府編

メイドイン甲府じゃやない?

駅で買ったワイン
甲府の土産といえばワインじゃないか?
と思い、めったに飲まないのに、駅で適当に買った。
ラベルには、"甲斐の蔵人佳肴のわいん"なんて表示になってるのに、
良く見たら、"輸入ワイン"って書いてあるんだけど・・・

また無理に探す関連株

と言う分けで 「山梨中央銀行 」 の登場だ。
要は、地銀としか言いようがないのだが、
名前に「甲府」のつく株が見当たらず、
「山梨」がつくもので一つだけ見つかったってだけの事だ。
甲府の企業なので 「風林火山博」 の主催・協賛企業に名を連ねている。
定期預金などの金融商品では「風林火山キャンペーン」なんてのも企画されている。
また 金融資料館 もなるものもあるらしく。
甲州金など貨幣の歴史についての展示を行っているようだ。
株価のほうは1000株単位696円と言ってもピンと来るわけもないが。
PERが16倍、PBRが0.73倍と売られすぎ水準にも見える。
おそらく、ひとえにサブライムなどの影響で沈む金融機関全体のトレンドなんだろう。
自己資本比率が7.0%と低いのも業界の特徴とも言えるだろう。
実際のところ風林火山特需はあったのか?
もちろん、山梨県民でない自分が利用する事は考えられないが。