諏訪流放鷹術

話が前後するが、1月3日まで戻る。
諏訪流放鷹術なんてものを観に行った。
いわゆる、鷹狩りの技の実演イベントだ。
江戸時代には、将軍家の鷹狩り場であったらしい浜離宮恩賜庭園にて行われた。
鷹匠から鷹匠・鷹匠から木の枝と鷹が飛び移り、ハトも仕留める。
演技を拒否して勝手に飛び回ったり、ハトを逃がしてしまったりと、
必ずしも上手くいくわけではないのだが、それが、また面白い。
また、子供の鷹匠体験なんかもあった。
メインは、ビルの屋上から、ハヤブサの急降下だ。
そして、最後には、鷹を触れるほど、間近で見られる。

低空を高速で飛ぶ鷹と、折角なので実際触れたりもしてみた鷹の雄姿
鷹匠とオオタカ 鷹狩り
正月用イベントとしてこんなのもあった太神楽。と、なんとなく庭の風景。
太神楽 浜離宮庭園

放鷹術イベントの詳細は↓で
歴史イベント 諏訪流放鷹術編

旧芝離宮庭園

ついでに、歩いていける距離なので、旧芝離宮庭園もよってみた。
ここは、浜離宮恩賜庭園からみると、こぢんまりした庭園だ。
庭園の定番なのか、ここも雪吊りがある。
木に被せてる傘みたいなやつのこと。
わざわざ、兼六園に実習に行ったって言ってた。
まさか、それを口述に、金沢観光ですか???
ここでは、正月用には、落語をやっていた。
普段、見ることなんかないが、立ちっぱなしで、疲労が激しかったので・・・
とにかく座りたかった。
ちなみに、笑点の大切りで、手を前気味に挙げているのが、答えの出来ている回答者。
後ろ気味に手を挙げてる時は、とりあえず、画的に挙げてるだけなんだとか。
旧芝離宮 落語

増上寺

増上寺 増上寺
更に、歩いていける距離なので、増上寺に初詣
元旦・2日に続いて、ここでも、しつこく、投資成功を祈願。
むしろ、“あんまり損させないでね"の方が妥当か?
と、言ってみたところで・・・
また、アメリカ市場急落・・・とか言ってるんだけど・・・
やっぱり、神頼みと、精神論では、無理か・・・