前回の深川編 に続いて、訪れたのは品川宿
実際には、ちょっと前の話だし、別に続いてでもないが・・・
まず、品川宿のテリトリーが普通ピンとこないと思うのだが。
京急の北品川〜青物横丁あたりと Wikipediaなんかには書いてあった
ちなみに、今回のスタート地点品川駅は港区で圏外になるらしい。
品川宿の入り口は、第一京浜から八ツ山橋を渡ったところ。
ここは、 ゴジラ の上陸地点として知られている(初耳だったが)。
今回の品川宿のメインストリートは旧東海道
人気のあまりない街道を粛々と歩き、細々とした寺社に参拝。
表現が、いまいちで、つまんなそうだが・・・
では、品川宿の主な、スポットに触れておこう。
観光地とは思えないが観光案内所もある。
最初のスポットは、品川浦
高層ビル群と、釣り船・屋形船など、新旧の景色が交錯する。
ここには、 くじら を祀った石碑が由来と共にある。
品川浦舟だまり 鯨塚
続いては、土着の小さいく、古ぼけた寺善福寺
ここは、 龍鏝絵が有名(と言うほどかどうか?)
×「うなぎえ」 ○「こてえ」
鏝絵
こんな、感じでちょこちょこと歩いて・・・
品川宿1
次は、比較的有名どころの品川神社だ。
ここは、あっという間に登れる“ミニ富士山"的なものがあり、
その麓には、駄洒落系交通安全キャラの かえるがいる。
また、自由民権運動の旗手、板垣退助の墓もある。
品川神社
その後、ず〜と端折って・・・
品川宿2
次は、品川寺だ。×「しながわでら」 ○「ほんせんじ」
ここには、 七福神揃い踏み。
なんてのは、どうでも言い話で・・・
見てのとおり「地蔵」が目立つし・・・
海外流出を経験した曰く付の「鐘」がある。
品川寺
まだ、続きもあるのだが、長くなってきたので省略。
品川宿3
どうであろうか、きっと歩いてみたくなったに違いない・・・
他にも、沢庵漬けの沢庵や、ホームラン地蔵も登場!
魅惑の「品川宿」詳細は↓↓HPで見てね!
日帰り歴史スポット 品川宿編

それで、今回も関連株を探してみる。

事実上何も思いつかないので、ありがちなパターンで、
走行区間が品川宿を縦断している 京浜急行 をピックアップ。
電車以外にも、バスや沿線の不動産・ストア事業などもあるが、
いずれも、品川宿の区間にはなさそうだった。
なので、関連事業としては、やっぱり電車か。
業績とかは、大きな変動はなさそう。
株価は、ひたすら落ちた後の、横這い状態だが、
PERは、28.5倍と意外と高い水準のまま。
需給面では、極端に売り残が多い。
この会社の場合、劇的に変わるとすれば、
羽田空港が急拡大するとか、そんなとこだろう。
株主優待があるので、沿線の株主が多いのかも。