時は、お盆も過ぎようかという頃、 前回パート2 に続いて鎌倉めぐりに。
鎌倉駅東口に降り立つと、涼しいどころか、なんと雨模様。
それもあって、いきなりバスに乗ってのスタートだ。
最初の目的地は、鎌倉五山第五位にランクされた「浄妙寺」。
「足利尊氏」の父「足利貞氏」ゆかりの寺と伝わる。
写真は「喜泉庵」と言う茶室の前にある枯山水の庭。
浄妙寺
こちらは、「足利尊氏」の祖父「足利家時」ゆかりの寺らしい。
この「報国寺」は、写真の“竹の庭”が人気のスポットだ。
報国寺
「旧華頂宮邸」の洋館。
旧華頂宮邸
奈良時代にまでルーツが遡るという「杉本寺」。
お約束の光景は、この「苔むした階段」の風情。
杉本寺
「釈迦堂口切通し」天然のトンネル。
切り通しと呼ばれるものの中でも、随一のインパクトを誇る。
釈迦堂口切通し
一旦バスで鎌倉駅まで戻り、大町方面へと進出する。
このあたりは、日蓮宗の寺院が多いゾーンだ。
日蓮聖人ゆかりの土地柄らしい。
写真は、「本覚寺」の境内。
佐渡配流から娑婆に戻ってきた日蓮聖人の布教処点となっていたんだとか。
本覚寺
「妙本寺」に立つ日蓮聖人の雄姿。
ここには、北条氏との権力争いに敗れた御家人比企一族が眠っている。
妙本寺
「安養院」は、日蓮宗とは犬猿の仲だった浄土宗の寺院。
写真は、左の控え目サイズのが「北条政子の墓」と伝わる供養塔。
右の大きめのが、鎌倉で最古とされるの宝篋印塔。
安養院
「日蓮聖人」が代表作「立正安国論」を著した地と伝わる「安国論寺」。
安国論寺
「安国論寺」と「日蓮聖人の松葉谷草庵跡地」の座を争う「妙法寺」。
写真は、階段上にある法華堂という建物。
更に、上には「護良親王の墓」もある。
妙法寺
とまあ、今回はこんなところ。
さらに鎌倉編の模様は、以下のホームページで。
日帰り歴史スポット! 鎌倉編パート3
日帰り歴史スポット! 鎌倉編パート2
日帰り歴史スポット! 鎌倉編パート1
毎度の事で、ここから無理矢理、株の話になるのだが。
この日は、やや期待はずれの天気のせいで、
ちっこい傘(かなり)を、ずっとさして歩く羽目に。
地味に濡れるし、暗いせいか写真写りもイマイチ。

というわけで天気予報関連株は?

前にも取り上げた気がしないでもないが、
今回の注目は、 ウェザーニューズ
“民間気象情報サービスで世界最大手”
なんだそうだ。
産業・事業用に特化したマニアックな予報とかも配信してるようだ。
個人向けとしては、モバイル用の、
“雨雲アラーム” “落雷アラーム”なんてあたりがタイムリーか。
これで、昨今の“ゲリラ豪雨”なんかも避けられるのだろうか?
株価の方は、こんな異常気象のせいなのか?
意外にも、今年になって右肩上がり。
たぶん、企業向けの需要があるのだろう、業績も好調のようだ。
ただ、如何せん、今年に入って3倍ほどにもなっている、
この株価には、さすがに手をだしづらい。
このセクターのPER20倍がどの程度なのか分からないが・・・
とりあえず、既に上がってしまった株と思ってた方が無難か・・・