23区歴史walk世田谷編

今回のエリアは世田谷区の世田谷地区。
あの典型的な閑静な高級住宅街ではなく、商業地区の位置づけらしい。
戦国時代には、吉良氏の拠る世田谷城があり、
江戸時代は、彦根藩井伊家の知行地であった。
とりあえず、スタート地点は、豪徳寺駅だ。
社殿 ここは、世田谷八幡宮。
世田谷城主、吉良氏の菩提寺だった。
八幡宮に相応しく創建にまつわる源義家の伝説が残る。
彼は、ここいらで、雨宿りしていたのだ・・・・
世田谷八幡宮
招き猫 ここ豪徳寺は井伊家の菩提寺。
ここには招き猫伝説がある。
境内の「猫」が井伊直孝を招き入れ・・・
彼もまた、雨宿りをするのだった。
この猫、現在は、彦根市で“ひこにゃん"として活躍している・・・
菩提寺なので、ここには、広大な井伊家の墓所もある。
中でも、安政の大獄で粛正の嵐を巻き起こし、
最後は、桜田門外に斃れた井伊直弼が有名だ。
豪徳寺
竹 勝林寺は、吉良氏の菩提寺。
この吉良氏は、清和源氏をルーツに持つ名門の家系だ。
系図を遡ると、吉良上野介や今川義元の一族とも合流する。
戦国の世には、北条氏に属し、
江戸時代には旗本として存続していた。
墓地には、旗本吉良氏のものだという墓所がある。
山門の右側にある竹林も名物らしい。
勝光院
家屋 有名なボロ市通りにある、世田谷代官屋敷。
彦根藩井伊家世田谷領の代官大場氏住宅の遺構だ。
この大場氏も名門で、ルーツは、
平家の武将大庭景親だという。
戦国期には、吉良氏の重臣だったが、秀吉の小田原攻めにより敗北。
帰農していたが、徳川の世になり、代官に登用され世襲している。
敷地内には、世田谷郷土資料館もある。
世田谷代官屋敷
灯籠 井伊直弼の安政の大獄により命を絶たれた、
吉田松陰を奉っている松陰神社に来た。
井伊家の菩提寺、豪徳寺から結構な近場にある。
ここには、松下村塾のレプリカや吉田松陰の墓所がある。
境内に並ぶ石灯籠の奉納者には、長州閥の大物が多数名を連ねる。
松陰系人脈の強さと、その影響力が窺い知れる。
松陰神社
今回、訪れた、その他の歴史スポットや画像は↓↓で!!
日帰り歴史スポット! 世田谷編

それでは、そろそろ株の話に

↓画像は、ルート全域に沿うように走っていた、東急世田谷線。
ローカル線のような風情があって人気の路線だ。
東急世田谷線 東急世田谷線
と、言うわけで、今回のお題は、 「東京急行電鉄」 だ。
都心から、神奈川方面に走る郊外型の路線といったところか。
事業の力点は、駅型商業施設に向いていると思われるのだが、
あくまでも、電車あってのものには違いない。
業績は、ダメそう、少なくとも良くは見えない。
株価も、2007年2月をピークに下降トレンド。
どこが、底になるんだって状態なのだが、
これは、経済全体に引きずられてる意味合いが強いだろう。
だから、株価については、企業の単体の問題でもなさそう。
というより、ほぼ市場が回復するまで無理か。
現在のお値段は、
487円×1000株=487000円から。
PERは、12.9倍で、他の都内を走る私鉄と比べて低目。
株主優待があるので、沿線の人々には、若干の需要があるかもしれない。
いや、やっぱり、狙い目とか考えるのは早すぎる。