23区歴史walk谷中編Part1

はん亭 今回のエリアは江戸時代からの寺町
谷中
寛永寺の建立により形成された町だ。
ただ、寛永寺系列の天台宗は、
今回のエリアより上野側に多い。
宗派的には日蓮宗が多い印象だった。
このあたりの寺院の特徴として、
神田からの引っ越し組が多い。
更に、都市計画での移転組と、
火事で焼け出された組とが存在する。
上は、明治期の木造3階建て、登録有形文化財の建造物は「はん亭」。
現在は、串焼き屋なんだとか。
下は、言問通り沿い、始めに目についた「天眼寺」。
墓地には、「天眼寺殿」と読める供養塔がある。
寺号の由来となっている、この人物、細川ガラシャの孫にあたるんだとか。
天眼寺
左は、長久寺の「石仏閻魔像」。まあ、なんか珍しいらしい。
右は、妙泉寺に立つ、どっかで見たことあるこのキャラは・・・
とりあえず、貧乏神の上に猿が乗って、「貧乏が去る像」だとか。
この姿に、説得力を感じる人は、ナデナデしに行こう。
石仏閻魔大王 貧乏が去る像
下は、藤堂高虎が創建した西光院西光寺のにある「韋駄天像」他。
墓地には、高虎の継室と次男の供養塔が立っている。
西光寺
下の、瑞輪寺は、学問の師範だった日新上人により開かれたという。
このあたりでは、大っきい部類の寺だ。
墓地には、神田上水を引いた「大久保主水」の墓なんてのがある。
瑞輪寺
左は、大雄寺の境内に無造作に置いてある「高橋泥舟」の墓。
勝海舟・山岡鉄舟と共に「幕末の三舟」と称される槍術の達人。
ちなみに、山岡鉄舟は、パート2で登場する予定。
右は、谷中霊園の日暮里側の外れにある天王寺の銅造釈迦如来坐像。
谷中霊園の大半は、この天王寺の元寺領だったんだとか。
高橋泥舟の墓 天王寺仏像
下は、寛永寺系列の天台宗寺院、浄妙寺の「八万四千体地蔵」なるもの。
境内には、「自称、再建、江戸六地蔵の六番目」なんてものもある。
浄妙寺
有名人も、多く眠る谷中墓地。
「徳川慶喜」の墓を始め、大名家のものも数多存在する。
下は、広大なテリトリーを持つ、高松藩松平家の墓所。
高松藩松平家の墓
その他、谷中編1の歴史スポットや画像は↓↓で!!
日帰り歴史スポット! 谷中編

そろそろ話を株の方に転換して・・・

大名時計博物館 時計 左は、大名時計博物館。
美作勝山藩下屋敷跡
に建っている。
陶芸家、上口愚朗氏による
江戸時代の大名のコレクションの
コレクションってことらしい。
ちょっと回りくどかったが、
こぢんまりとしたスペースに、
いかにも時代劇に出てきそうな、
時計たちが並んでいる。
と、言うわけで、今回のお題は、“時計メーカー"。
シチズンセイコーカシオ と言ったところか。
今、株価やチャートを言っても意味ない気もするが、
とりあえず、PERと、配当利回りを比較しておこう。
シチズン20倍・セイコー11倍・カシオ18倍。
セイコーが一見割安と。
同様に配当率は、3.18%・5.1%・4.09%。
株価下落のせいとは思われるが、いづれも高い。
カシオの5%は、セイコーの4%も、相当高い。
ただ、ここまで言って、身も蓋もない話だが、
今、特に時計がどうって事もなさそう・・・
やっぱり、単に景気とか個人消費とかって話か・・・
いくら配当利回りが上がっていても、
インカムゲイン狙いの長期投資はリスクがありすぎるか。