羽子板市 羽子板 羽子板市ってもんに行ってみた。
って言うくらいだから始めて。
眺めるだけなんだけど。
早速境内の屋台を覗いてみる。
と言いつつ←は本堂に立ってたやつ。
人混みの中、時折、商談成立らしい
手締めの声が聞こえる。
“いくら出すと、あれやってもらえるの?"
なんて話も聞こえてくる。
どうやら、この羽子板を買うのにも慣習があって、
その際の掛け合いや駆け引きも江戸の文化らしい。
なんでも、価格交渉をして値切った分はご祝儀として渡す、
そんなところが粋なんだとか。
屋台の中は、概ね↓のような感じで羽子板が並ぶ。
中央に、ごっつい、その店の顔みたいなやつがあって、
回りを中小の羽子板がぎっしりと取り囲んでいる。
羽子板市
世相を反映したデザインもお約束だ。
↓には、直江兼続、石川遼、サザエさん、白鵬なんかが見える。
羽子板市
やはり、石川遼が目立ってたかな。
羽子板市
と言ったところで、今日の無理矢理注目株は、
羽子板市 ←羽子板らしくなくて逆に目立っていた。
まあ、今年の顔は、お笑いが多いのか。
そこで、 吉本興業の株 を見てみる事に。
やはりと言うか大証1部に上場している。
お笑いは、全く詳しくないのだが、
それでも、TVを見てると、
吉本に牛耳られてるんじゃない?
と思う事もあるくらいだ。
帝国は繁栄の絶頂期か?
しかし、チャートを見るとイメージとは裏腹に、
2006年をピークに下降の一途を辿って来ていた。
ただ、ここ最近では、Wボトムを打って反発、
株価は底を抜けたようにも見える。
PER、13倍、PBR、0.9倍、割高感はないかも知れないが、
配当利回り1.87%にも、あまり魅力はない。
業績面では、とりあえず来期減益予想みたいだ。
昨今の不況の影響がどこまで織込まれているかは不明だが、
テレビ局が、広告収入の低迷から、
番組予算削減するのでは?なんて記事も見かける。
そんな影響が、この先出てくるのだろうか?