23区歴史walk(早稲田編)

先日歩いた、早稲田から江戸川橋あたりの話だ。
相変わらずホーページをアップした順なので、
これも、ちょとばかり前の話。
早稲田と言っても早大のイメージしかないが、
歴史的には、高田馬場という地名にゆかりがある。
幕府の旗本たちが馬術の調練をしていたという場所だが、
堀部安兵衛の“高田馬場の決闘"なんかでも良く知られるところだ。
この“高田馬場"ってのが、現在のJR高田馬場駅の所ではなく、
西早稲田あたりにあったらしいのだ。
と言ったあたりを踏まえて、下の写真はメトロ早稲田駅近くにある
奉納流鏑馬で有名な穴八幡神社だ。
江戸時代には、その“高田馬場"で行われていたんだとか。
写真の行列は、一陽来復のお守りを求める現在の江戸庶民(推定)。
御利益は、“金銀融通"なんだとか。
並ぶ気になれなかった、自分は、たぶん融通されないんだろう・・・
穴八幡神社
いつもは、このまま寺社巡りになりがちなコーナーなのだが、
今回多いのは、大名庭園の名残り、日本庭園。
大名の別邸、下屋敷が多く集まっていた地域ということらしい。
一つ目は、徳川御三卿清水家下屋敷の跡地「甘泉園公園」だ。
北野神社 敷地内にある「水稲荷神社」は早稲田大学の敷地から引っ越してきたものだとかで、
社殿の裏手には、大隈重信が日参したという「北野神社」なんて末社がある。

甘泉園公園
続いては、彦根藩井伊家や高松藩松平家の下屋敷跡地である、
大隈庭園に来た。
ただ、文人風の庭とか言うのに改装したとか書いてあるし、
やはりここは、大隈別邸跡と言う方が妥当なのか。
一応、当たり前だが、早稲田大学にある。
早稲田ショップ 大隈講堂のそばにある
早稲田ショップにいた
←“大隈重信"。

大隈庭園
ここからは、徐ろに新宿区から文京区にエリアが移る。
住所では、目白台・関口と言ったところだ。
このあたり、神田川沿いの台地には、斜面の立地条件を利して
庭園が並らぶように存在している。
まず訪れたのは、関口芭蕉庵
名前の通り松尾芭蕉ゆかりのスポットだ。
芭蕉には、神田上水の改修工事を請け負うなんて時期もあったらしいのだ。
関口芭蕉庵 詳細は不明っぽいが、ここらで工事の監督でもしていたんだろう。
園内には“芭蕉の墓"なんてのもある。
まあ、あちこちにあるみたいだけど。
←ギリギリ眠ってはいないらしい。
関口芭蕉庵
次に、ここ新江戸川公園のルーツは熊本藩細川家の下屋敷だ。
土手の上には、細川家の歴史・芸術などの資料を展示している
美術館永青文庫なんてのもある。
新江戸川公園
最後は、椿山荘
ホテルや式場のイメージだが、久留里藩黒田家の下屋敷跡地であり、
明治には、山県有朋が所有していたという庭園がある。
椿山荘 以前通りかかったときは、ここから入るのになんか抵抗があって踏み込めなかったのだが、 神田川沿いから行くと庭園に直接入れる入り口がある。

椿山荘 椿山荘
まあ、あとはホームページの方で↓↓
日帰り歴史スポット!早稲田編!
そんなところなので、今回注目する関連株は、
椿山荘を経営している「藤田観光」だ。
ここは、明治期の藤田財閥をルーツとする企業のひとつだ。
椿山荘、フォーシーズンズ、ワシントンホテル、箱根小涌園...etc
そのまんま、ホテル、レジャー業界だろう。
株として記憶に残るところでは、投資ブームだった頃の、
たぶん、2005年前後には、有力な含み資産銘柄の一角として、
ラインナップされていたような気がする。
直近の業績は、減益傾向ながらも上方修正してきている。
理由は、帳簿上のテクニカルな話でイマイチ分かりづらいが、
まだ、輸出なんかのセクターほどテンパッタ感じじゃなさそう。
とは言え、チャートを見ると綺麗な右肩下がり。
今の350円あたりの水準を割り込むと、
また一段下がってしまいそうなチャートだ。
今は、不動産を評価するような流れとは真逆だし・・・
一般投資家向けには、株主優待もあるが、
下町の庶民なので・・・ホテルとか割引されても・・・
単に個人的には、ちょっと利用すると思えない。