前回の日記で、次は向丘編と言ったが、まだ出来てないので・・・
結構な距離を走ったサイクリングの話に。
数年前、トポスで7000円ほどで買った、どこぞのメーカーのマシン。
これで、江戸の街を疾走する・・・速くはない・・・
まずは、浅草、蔵前、両国、本所、深川をトロトロと素通り。
佃島 始めに停車したのは、佃島。
江戸時代の埋め立て地だ。
佃小橋から、この舟やらビルやらが写ってる光景は、結構お約束だ。
手前の案内板には、
寛政年間から伝わる大幟の柱や抱木が埋まっているんだから
入るなよ、掘るなよって書いてある。
誰が、好きこのんでと思わないでもないが・・・
なんでも、3年に一度の本祭りに、掘り出して使うものらしいのだ。
住吉神社 ここでは、この住吉神社も有名だ。
さっきの祭りってのは、
当然、ここの祭りの事だ。
境内には、“伝東洲斉寫楽終焉ノ地"
なんて、碑が建っている。
写楽と言えば、露出が非常に短期間で得体の知れないイメージなのだが?
きっとなんか、その後を伝えるものが存在するんだろう?
佃天台地蔵尊 路地にある狭っこいスペースにあった、
佃天台地蔵尊なるものだ。
奧の平たい石に地蔵が描かれている。
上野寛永寺や、上野桜木の浄名寺に
ゆかりがありそうな事が書いてある。
右端の屋根を貫いて立つ銀杏の木も
インパクトがある。
とにかく、すごく無理なところに
存在しているように見えるスポットだ。
月島 月島のもんじゃストリート通過中。
本当に店は鬼のようにあるのだが、
かえって、どこ行って良いのか?
さっぱり分からない。
この日は、真っ昼間だったせいか、
まだ開いてない店が多いように見えた。
とは言え、わざわざ来たのだから、
もんじゃ屋に入る展開に・・・

勝鬨橋のデニーズ とは、行かないで、
結局、入ったのは、
勝鬨橋の良く見えるデニーズ。
ただのデニーズだから、
話にオチはない。
かちどき橋の資料館 その勝鬨橋を渡り、
「かちどき橋の資料館」 なんてのに来た。
勝鬨橋は、現在は、稼働してないが、
跳橋式の設計が特徴的で、橋ファン
(たぶんいる)ならずとも人気がある。
↑は、モーターらしい。
橋が開くところは、模型で再現されている。
橋の歴史や構造についてはビデオで解説が流れる。
エリアは、月島から築地へと移っている。
築地市場の間近にある波除稲荷神社の由来は、
海から神像がみつかって難航していた堤防工事が無事終わった・・・
いかにも、ありがちと言うか・・・やらせっぽいような・・・そんなやつ。
ここでは、こんな獅子頭のデカイのが存在感を誇示していた。
波除稲荷神社 波除稲荷神社
続いては、汐留方面に走り、浜離宮庭園を素通りし浜松町へ。
旧芝離宮庭園 浜松町の駅のとなりにある
旧芝離宮庭園に来た。
小田原藩大久保家の上屋敷
の庭園として始まり、
徳川御三卿清水家の下屋敷だったり、
紀州徳川家の別邸だったりしたところだ。
良くある池の周りをぐるっと回るタイプ
の典型的な回遊式庭園ってやつだ。

そのまま、大門、芝公園方面に進み、増上寺を通過。
愛宕まで来たところで、大きな山門が眼に付き寄ってみた。
この青松寺は、江戸にあった曹洞宗寺院のトップに位置していたらしい。
創建は、太田道灌みたいだ。
建造物類は、古くは見えないものばかりだが、
境内は高台の遊歩道も含めて、都心ではかなり大きなものだ。
壁から生えた龍がインパクトあったので写してみた。
青松寺 青松寺
青松寺のとなりには、愛宕山の愛宕神社がある。
写真は、急な上に結構な高さになってる
「出世の石段」なんて階段を上ったところ。
曲垣平九郎なる武士が馬で昇降して名を成した事になっている。
まともに、下を覗き見るとかなり恐い。
とは言え、山と言ってしまうと、逆にピンとこない高さなのだが、
自然の山としては23区で一番高いだとか。
境内には、桜田門外の変で井伊直弼を暗殺した水戸藩浪士たちも
ここで祈願したことを示す碑が建っている。
愛宕神社 愛宕神社
その後、虎ノ門、日比谷、大手町、神田と言ったあたりを通過。
万世橋 感覚的には、秋葉原電気街の入り口に
あたる万世橋の上だ。
下は神田川で、奧は御茶ノ水方面だ。
左のレンガ壁は万世橋高架橋で、
旧万世橋駅の遺構だとか。
ちょっと前までは交通博物館があった。
秋葉原 久しぶりに見た気がする秋葉原電気街。
パット目には、石丸電気とラオックスが並ぶ様は、 記憶に残る電気街の光景を保っているようにも思える。
でも今は、萌え系の街になったんだっけ?
特に「ラオックス」は、電気街没落の象徴と言った印象がある。
このパソコンを買ったコンピューター館も今はない・・・
往年は、そこら中「ラオックス」ってくらいの勢いだったはずなのだが。
なので、今日は ラオックス 株を見てみることにする。
ファンドの傘下で虫の息って印象なのだが、
四季報にも、大赤字とか、再建メド立たず、正念場などの文字が並ぶ。
そして、連続営業赤字で継続疑義注記・・・
当然、業績面も下方修正、赤字拡大とネガティブ一色。
株価も最低水準だが割安でもなく、下げ止まる気配もない。
これだけ、見ても買う理由は到底見あたらない。
やっぱり、そうか・・・