23区歴史walk(本郷編パート2 向丘寺町)

今回の向丘編は、前回の本郷編とは、ちょっと景色が変わって寺町だ。、
本郷追分け ここは、本郷追分けと呼ばれた所で、
中山道と旧岩槻街道の分岐点だ。
角にある高崎屋は“SINCE1751"と
あるように江戸時代からの酒店。
真っ直ぐ本郷通りが旧岩槻街道だ。
近藤重蔵の墓 本郷通り沿いの西善寺に来た。
近代建築で、一見何もなさそうだが、
建物の奧に墓地が見える。
それで、そこにあったのが、
北方探検家の近藤重蔵の墓だ。
松平定信が湯島聖堂で実施した
人材登用試験にトップ合格するような
秀才だったらしい。

浄心寺の布袋像 この布袋像は、とにかくでっかい。
浄心寺のものなのだが、これが、
道端にあるので、やたらと目立つ。
浄心寺は、このあたりいくつかある、
明暦の大火で引っ越してきた
寺院の一つだ。
このあたりから、今回のメインエリア
旧駒込蓬莱町に入る。

身禄行者の墓 本郷通りを少し逸れて、
海蔵寺という所に来た。
これは、身禄行者の墓だそうだ。
富士講と言う富士山信仰の、
カリスマ的な行者で、
死の断食を実行したんだとか。
ストイックなんて言うのとは、
次元が違う死に様だが・・・

瑞泰寺の象の像 このあたりは横並びにお寺が四軒あり、
江戸時代に四軒寺町と呼ばれた所。
その一つ瑞泰寺の門柱にペアである
“象の像"。
やっぱり仏教だから印度と結び付きが
強いって事なのだろうか。
ここには、“東都江戸六地蔵”の
一番目(再建)なんてのもある。

最上徳内の墓 向丘と千駄木を分ける道沿い
向丘二丁目サイドにある
蓮光寺に来た。
この墓は北方探検家最上徳内のもの。
先ほどの近藤重蔵の配下としても
蝦夷地に赴いている。
重蔵が幕臣だったのに対して、
徳内は農村出身の学者であったらしい。

稲葉正勝の墓 ちょっと先の千駄木側にあるのが、
ここ養源寺だ。
ここも、明暦の大火で移ってきたらしい。
あの振り袖火事と呼ばれてるやつだ。
創建者は、春日局の子で、
小田原藩主稲葉正勝
←が、その墓所だ。
ここには、他にも、大名家や、
史跡なっている墓所が存在する。
緒方洪庵の墓 向丘の端っこ、最寄り駅が本駒込になる
あたりに高林寺がある。
また、ここも明暦の大火で移ってきた
ようなのだが、“お茶の水”と言う地名の
ルーツが、この寺にあるらしい。
ここには、適塾で有名な
緒方洪庵の墓がある。
福澤諭吉橋本左内大村益次郎など
門下生のラインナップがとにかく凄い。
東都六地蔵二番目 四軒寺町まで戻り、
千駄木の団子坂方面に歩くと、
徐ろに“東都六地蔵二番目”の
案内板が現れる。
そして取り残されたように建つ
お地蔵さんの雄姿がこれだ。
一般的な?宝永期のものではなく、
元禄期のシリーズに属するものだ。

と、これで、本郷、向丘と続いた本郷編も一応終了。
後は、ホームページ方で、もうちょっと画像を掲載している。
日帰り歴史スポット! 本郷(街並み編)
日帰り歴史スポット! 本郷(寺町編)!
今回、近藤重蔵最上徳内と2人の蝦夷地探検家が登場した。
今日は、その“蝦夷地"にちなんで、
会社名に“北海道"の付く株を探してみる。
北海道電力
北海道ガス
北海道コカコーラボトリング
イオン北海道
マックスバリュ北海道
ミサワホーム北海道
北海道中央バス
それなりにある。
でも、ざっと見て・・・
今買いたくなるような株ないなあ。
となると、また話にオチもないなあ・・・