写真は、小野川に架かる「ジャージャー橋」なるもの。
昔の農業用水を復元したもので、一定間隔で水が落ちる。
ここは、江戸時代の商業地帯佐原の観光スポットだ。
写真の右方向には、「伊能忠敬記念館」が、
左方向には、「伊能忠敬の旧宅」がある。
ここには、前にも来たことがあるのだが、
重要伝統的建造物群保存地区
なんてものに指定されている土蔵造りの建物が並ぶ光景は、
同じく、小江戸を標榜する川越や栃木と比べても随一と言えるだろう。
ジャージャー橋
今回は、なるべく通りかかった店にも入ってみた。
この町では「佐原まちぐるみ博物館」なんて言う企画があって、
各店で、旧商家伝来の何かをそれぞれ公開しているらしいのだ。
42店舗もあるらしいのだが、成り行きでいくつか入ってみた。
左下は、4号店「植田屋荒物店」の蔵にある古い看板。
“産地直輸入 青筵特約販売”だそうだ。
右下は、焼き饅頭を食べた店「ふじ蔵」のもの。
“脳病神経病 健脳丸 全治良薬”・・・薬屋だったようだ。
植田屋荒物店 ふじ蔵
左下は、28号店の「中村屋商店」は、雑貨系の土産物屋だ。
写真は、店舗から蔵への連結部分だ。
右下は、1号店「福新呉服店」の時計(止まってた)。
現在は、ここも観光客相手の土産物屋っぽい。
中村屋商店 福新呉服店
左下は、「諏訪公園」に立つ地元のヒーロー伊能忠敬の雄姿。
右下は、伊能家の氏神だったと言う「諏訪神社」の階段。
伊能忠敬像 諏訪神社
諏訪山展望台(ただの見晴台)からの眺望。
民家に埋もれて重要伝統的建造物群保存地区とか識別出来ない。
諏訪山展望台からの光景
42号店の「吉庭」の庭。創作料理の店らしい。
吉庭
この日の他の画像は↓↓ページで公開!
日帰り歴史スポット! 佐原編PART2!
小堀屋本店別館 昼食は小堀屋本店別館で蕎麦。
←とても蕎麦屋には見えないが、
旧千葉合同銀行佐原支店の建物だとか。
というわけで今回の無理矢理関連株は、
千葉銀行 に注目してみる。
千葉県民ではないので利用したことがないのだが、
いわゆる地銀の大手らしい。
近頃は投信なんかに力を入れているようなのだが、
この投信が、やはり昨今は売れなくなってるみたいで、
業績予想は、当たり前のように悪い。
そもそも金融株なんて、今はそれが普通か・・・
PERは20倍程度で微妙だが、PBRは、0.72倍で一倍割れになっている。
株価低迷で、配当利回りは、2.9%とまあまあ高くなっているし、
千葉県特産品なんて株主優待もある。
需給面でも信用倍率が0.68倍と、
一面から見れば狙えるようにも思えるが、
何と言っても、チャートが下降トレンド。
まだ、株価が底を打つ気配はなさそう・・・?