増上寺の三解脱門へと進む浄土宗僧侶たちのパレード。
「御忌大会」という法然上人の命日イベントのものだとか。
芝大門からスタートし、途上の寺院からも参列者を吸収しながら、
行列は、規模を拡大していく。
増上寺行列
派手な身なりの僧侶の行列は粛々と本堂へと向っていく。
こうして、続々と入場、参集してくる様は、なかなか壮観なものだ。
本堂の上も見物人で埋め尽くされている。
これが、徳川将軍家の菩提寺だった増上寺の ステータスなのだろう。
ちなみに、浄土宗での位置づけとしては、
総本山の知恩院が京都にあって、
増上寺は七つある大本山の一つであるとか。
増上寺行列
押し寄せる行列の最後尾あたり。
増上寺行列
イベント期間中には、徳川家将軍家墓所が公開されている。
ここには、2代、6代、7代、9代、12代、14代の将軍と、
和宮など将軍家の一族38名が眠っているんだとか。
ちなみに、増上寺と共に徳川の菩提寺だった寛永寺には、
4代、5代、8代、10代、11代、13代将軍と篤姫が眠っている。
あとは、言うまでもなく家康と家光は日光東照宮と輪王寺だし、
最後の将軍慶喜は谷中墓地にいる。
増上寺徳川家霊廟
左は、14代将軍「家茂」の宝塔で石塔。
右は、正室の「皇女和宮」の宝塔で青銅製。
徳川家茂の宝塔 皇女和宮の宝塔
東京タワー 増上寺から見える東京タワーは、
まあ、お約束か。
今や、すっかり、景観の
一部となっている観もあるが、
実際、増上寺の敷地を分捕って?
そこに、建ってるらしい。
それで、Wikipediaによると、始めに
この東京タワーを破壊したのは、
「モスラ」って事になっている。
今日は一言も株の話に触れることもなく、 話が迷走して終わったが・・・
とりあえず、その日の模様は、↓↓にて。
日帰り歴史スポット! 増上寺 御忌大会編