23区歴史walk(板橋宿編)

ちょっと前の、まだ、桜のシーズンの話だ。
王子(北区)あたりから石神井川を遡ってくると板橋区に入る。
板橋区には、文字通り“板橋”という橋がある。
桜の奧に、チラッと見えているのが、それだ。
江戸時代、この橋の左方には、板橋宿の「仲宿」「平尾宿」(下宿)が、
右方には「上宿」が形成されていた。
板橋
現在、板橋宿のあった旧中山道は商店街になっている。
当時と変わらないものは、その道幅であるという。
品川宿千住宿の今の姿も、同様に道幅を踏襲した商店街だった。
宿場なので板橋宿にも、当然、お偉いさんが逗留する施設として、
「本陣」と「脇本陣」があり、代々名主一族のお屋敷が指定されていた。
今は、碑しかないが、「仲宿」には、その両方があった。
左が、「脇本陣」だった、名主の飯田総本家の跡地。
右の、「本陣」の方が、飯田家の分家筋であったとある。
板橋仲宿の脇本陣跡 板橋宿本陣跡の碑
近くには、「本陣飯田家」の菩提寺だった文殊院がある。
左が、その飯田家の墓所で、右は、宿場時代の遊女の墓だとある。
文殊院 本陣飯田家の墓所 文殊院 宿場遊女の墓
板橋平尾宿の脇本陣跡 旧中山道は、仲宿商店街から
不動通り商店街へと続いている。
板橋宿としては「仲宿」から、
「平尾宿」へと入ってきている。
「平尾宿」には「脇本陣」があった。
ここも、碑と案内版しかないけど。
当時ここに屋敷を構えていたのは、
名主の豊田家一族だとある。
処刑前の近藤勇幽閉場所でもある。
板橋観光センター 板橋観光センターなんてのもある。
観光マップやパンフレット類が置いてあり、
板橋宿について、ちょこっとした解説、
展示のコーナーもある。
一休みと言うほど広いエリアでもないが、
今回は、なんとなく来て、何があるのかも
わからなかったので、とりあえず、
周辺マップをもらって行く。

当時、板橋宿の近くには「加賀藩前田家」の下屋敷があった。
その「加賀藩下屋敷」の痕跡が地味に残るお寺がある。
写真は、観光センターの少し先にある「観明寺」の赤門(山門)だ。
「加賀藩下屋敷」内の通用門を移築したものだとある。
境内には、やはり屋敷内にあったという稲荷神社も残っている。
観明寺の山門
東光寺 宇喜多秀家の供養塔 つづいて訪れたのは「東光寺」。
加賀藩下屋敷の板橋移転によって、
ここに引っ越してきたとある。
←の供養塔は宇喜多秀家のもの。
明治になって子孫が建立したものらしい。
秀家の正室豪姫は、加賀前田家の始祖
前田利家である。
秀家は、関ヶ原で敗れ、島流しになって
いるが、前田家との関係は続いていた。
旧中山道と中山道の交差地点まできた。
写真は「平尾宿」に位置する不動通り商店街のアーケード。
商店街の出口(入り口)には「ここより板橋宿」とある。
板橋宿 商店街のアーケード
さらに、旧中山道を進み、JR板橋駅東口へと出ると近藤勇墓所がある。
「平尾宿脇本陣」に幽閉されていた近藤勇の処刑は、板橋刑場で
執行されたが、その後、胴体がここに葬れたとされている。
明治九年、発起人である元新選組二番隊組長永倉新八や、
旧幕府御殿医松本良順らにより供養塔が建立されている。
中央に供養塔、左手に永倉新八の墓、右に近藤勇像などがある。
近藤勇墓所
(左)供養塔には、近藤勇と並んで土方歳三の名も刻まれている。
(右)サイズ的には3歳児ほどか?ちょっと小さい近藤勇像。
近藤勇墓所 近藤勇像
宿場町については↓HPでも掲載している。
日帰り歴史スポット!板橋宿編!
日帰り歴史スポット!品川宿編!
日帰り歴史スポット!千住宿編!
ライフ それで、今回の株の話はと言うと・・・
現在、板橋宿の「本陣」跡地には、
この日の昼食を調達したスーパー、
「ライフ」が建っている。
そう言うわけなので、
今日は ライフコーポレーション
の株を見てみる。
近畿と首都圏に食品スーパーを展開している東証1部企業だ。
ただ、あんまり見た記憶がないけど・・・気づかなかっただけか?
株価は4月に入ってから低迷しているようにも見えるが、
25日移動平均線のあたりをさまよってるだけかもしれない。
業績的には、一連のサブプライム→リーマンショックでの
不況の影響が特に感じられない。
やはり、食品関連はディフェンシブってことか。
まあ、いかに、不景気でも急な食糧事情の激変って言うのは、
逆に、難しいことかも知れない。
現在の株価は1670円なので、お値段は167000円から。
PERは17倍程度で微妙、配当利回りは1.1%と大したことない。
となると、これと言って、買うポイントがないかな・・・