23区歴史walk(神楽坂編)

飯田橋駅西口にある牛込橋は、江戸城外堀のゲート牛込見附の跡。
現在も、両サイドに石垣が残っているが、これに櫓が載っかっていたらしい。
橋を渡り、外堀通りを渡ると、正面に神楽坂通りがある。
牛込橋
神楽坂 神楽坂では、こんな路地の光景が
人気のスポットらしい。
お高そうな店が並んでいる一画だ。
なんでも大正時代に花街として
繁栄した場所なんだとか。
この通りは、マップに、
「かくれんぼ横丁」
なんて書いてある所だ。

神楽坂 メインストリートの神楽坂通りは、
ベタな言い方をすれば、
なんとなくおしゃれな商店街だ。
ブラ〜ッと歩く江戸庶民(推定)で、
賑わいを見せている。
←は神楽坂中心部にある善国寺。
ここも、なんとなく人々が
足を止めていくような所だ。


光照寺 戦国時代、一帯は牛込氏の縄張りだった。
現在、この光照寺には、「牛込城跡」の
案内板が立っているが、 城の遺構らしき物は全くない。
また、牛込さんの一族にも、これと言って有名な人物は思い浮かばない。
あえて探すとすると、牛込さんのルーツである大胡さんの一族に戦国時代の剣豪
上泉信綱なんてのがいるくらいか・・・
松山藩初代酒井忠恒の墓所 光照寺で、一番目立つのは、
庄内藩の支藩、松山藩酒井家の墓所だ。
←は初代藩主酒井忠恒のもの。
ちょっと、マイナーな殿様。
ただ、父の、庄内藩初代酒井忠勝は、
徳川四天王の酒井忠次の孫にあたり、
名門の家系には違いない。
この周囲にも、松山藩歴代藩主と、
その一族の墓所が多く残っている。

早稲田方面に進路をとり、神楽坂通りは、早稲田通りに変わっていく。
弁天町まで来たところで、進路を左折、外苑東通りへと入っていく。
「都史跡 関孝和墓」とある浄輪寺に来た。
江戸時代の有名な数学者で、点竄術の確立だとか、
円周率を小数第11位まで算出なんて話が出てくる。
この分野で、神格化されるほど伝説的な人物だと言うことだ。
浄輪寺 関孝和の墓

漱石公園 この夏目漱石は、漱石公園入り口にいる。
漱石が晩年に居住し執筆活動の処点でも
あった漱石山房の跡地であるという。
夏目漱石終焉の地にも認定されている。
この地では、三四郎などの代表作が生まれているが、 漱石自身は、重傷の胃潰瘍で大量喀血し・・・強度の神経衰弱にも・・・
痛々しい・・・
ちなみに、墓所は雑司ヶ谷霊園にある

宗参寺 ここは、牛込さんの菩提寺、宗参寺だ。
左下が、その牛込氏の供養塔。
徳川の旗本になっていた牛込勝正が、
大胡重行(初代)と牛込勝行(二代)
を弔うために建てたものだという。
他には、山鹿素行の墓(右下)もある。
甲州流の流れを汲む軍学者で、忠臣蔵の討ち入りシーンで出てくる山鹿流の陣太鼓なんてので知られている。
牛込氏の墓 山鹿素行の墓

ぺこちゃん焼 神楽坂下にある
「ペコちゃん焼」なるものの店。
日本でここだけ!だって書いてある。
どんなもんかは知らないけど・・・
と言うわけで、今日は、
不二家 の株を見てみる。
賞味期限切れ材料の使用問題以降、
山崎傘下で現在もまだ再建中らしいが、
ペコちゃんは元気に仁王立ちしている。
業績は未だ赤字続き。
株価は、08年の88円を底に、現在は、133円まで回復している。
四季報には、「山崎パン向けOEM増加」とある。
やはりまだ、山崎の販路を使わないと、自社ブランドでは厳しいのか?
一応、株主優待(優待券)があるが、赤字なので配当はない。
特に、ペコちゃんファンでもないので、買う株ではないなあ・・・
その他、牛込神楽坂編のスッポットは↓↓ページで。
日帰り歴史スポット!神楽坂編!