時節柄、紅葉スポットをいくつか巡ってみた。
ちょっと前の11月中頃から終わりにかけての話だ。
植物的な興味とか知識はないので、なんとなく良い感じに見えるとか
所詮そんなレベルの感想だが・・・
あえて印象としては一眼レフカメラの普及率が凄い。
去年も同じ様な事を言っていたが、また一段と増えた気がする。
まあ、でも、だからどうってことでもないか。
もみじ 陸奥宗光をルーツとする旧古河邸庭園に来た。
トレードマークの洋館に紅葉っぽい光景はないので、
日本庭園部分で赤いところを探してみた。
旧古河邸庭園
もみじ 柳沢吉保がルーツの六義園に来た。
団体さんも外国人もいる定番の観光スポット。
撮影ポイントしては一眼レフが集まってる所かも?
六義園
もみじ 江戸幕府の小石川御薬園がルーツの小石川植物園
正式名称は東京大学大学院理学系研究科附属植物園。
右手の小山に上がって行くとイチョウやモミジが見頃に。
小石川植物園
もみじ 小石川後楽園は水戸藩上屋敷のあった所。
黄門さまも居住し、庭にはそのこだわりが反映されている。
この通天橋とモミジの“赤"が印象的な光景だった。
小石川後楽園
もみじ 昨年も訪れた千葉県松戸市の本土寺
鎌倉時代からの歴史がある日蓮宗寺院である。
この回廊の表裏が人気の撮影ポイントになっていた。
本土寺
もみじ →→ 日帰り歴史スポット! 2009年紅葉特集
案内表示 北小金駅を本土寺とは反対の南口
から出ると旧水戸街道の交差点に
「マツモトキヨシ発祥の地」とある。
目を左に転じると
「マツモトキヨシ北小金店」が見える。
マツモトキヨシ北小金店 Wikipediaによると現在最古に店舗で、
旧本社ビルなんだとか。
また、昭和7年の小金町に開業した
「松本薬舗」がそのルーツであるという。
と言うわけで、今日は マツモトキヨシHD
の株に注目してみる。
業績は地味に増益予想らしい。
確かに安売りのイメージがあってデフレにも強そうに見えるが・・・
チャート的にも3月を底として上昇トレンドを形成している。
四季報によると、インフル特需によるプラスと改正薬事法に伴う経費増の
マイナスとの両面があるらしい。
あとは、ローソンとの提携によるコンビニドラッグ統合事業なんてのが
ポイントであると思われる。
ただ、近頃話題の事業仕分けで薬事法も掻き回されそうな気配があるのだが、 果してその影響は?