写真は昨日の淡路町の光景だ。
遭遇したのは神田祭の御輿渡御の列である。
神田祭は江戸三大祭りの一つに数えられる由緒と人気を誇ってきた
イベントで、この日も神田明神からのスタート時などは見物に詰め掛けた
江戸庶民(推定)で混雑を極めたものと思われる。
神田祭
神田祭
トロトロと進む列を追い抜いていくと
最後尾にいるのがこれ。
「大江山凱陣」と書かれた幟が立つ。
頼光四天王による酒呑童子討伐がモデルみたいなので、 鬼の頭なんだろう。
靖国通りの淡路町交差点を渡る一行。
神田祭
神田祭
主役は、神田明神の大御輿だ。

神田祭
その前には獅子頭の山車も。

でも、やっぱり一番目立つのはこの「大鯰と要石」なるもの。
江戸時代に絵巻物にも描かれたという曳き物らしい。
地震の象徴である「大鯰」の頭上に置かれた「要石」が地震を押さえつけるんだとか。 神田祭
日帰り歴史スポット! 神田祭編!

今回は、鯰と地震ということで耐震関連の株を探すことに。
というわけで、構造計画研究所(JASDAQ)なんてところに注目してみる。
情報システムの開発の会社のようだが、建物の耐震関連のコンサルティングに強みがあるみたいだ。
先月あたりにも政策の絡みで公立小中学校の耐震化関連企業の一つとして注目されていたらしい。
現在のお値段は、779円×100株=77,900円〜。
お値段も手頃であるし、
PER12.5倍、配当利回り2.95%には割安感がありそう。
ただ、当期利益は赤字転落・・・
来期は一応黒字化予想だが、果たして計画通りに進むか?