時節柄なのだろう、と言うより祭りのシーズンなのだ。
今月は、すでに神田祭三社祭 で神輿を見ているのだが、
今日は、湯島天神の「神幸祭」の行列が出ていた。
蔵前橋通りの清水坂下交差点を曲がる神輿は担がれていない。
台車に載っているので、スルスルと進んでくる。
そう言えば以前、日枝神社根津神社の 「神幸祭」もこんな感じだった。
もしかしたら、「神幸祭」という行事では、こういう担がないスタイルが、
多いのかも知れない?
湯島天神 神幸祭
清水坂を上る行列。
意外に盲点だったが、車が付いていても坂はきつい。
実際、神輿を押し上げるのは、かなり重そうだ。
湯島天神 神幸祭
にわかに力の入る氏子のみなさん(推定)の雄姿。
湯島天神 神幸祭
行列の前の方に来た。
猿田彦、騎乗の神職、幟などが続いていく。
湯島天神 神幸祭
日帰り歴史スポット! 湯島天神 神幸祭編

折角なので湯島天神にも寄ってみた。
湯島天神 神幸祭
お札所の提灯の列は、たぶん氏子が奉納したものなのだろう。
そこで、果たしてどんな会社があるのか、ちょこっと見てみる。
中でも、当然、上場企業が名を連ねているのかに注目する。
ヨネックス (東証2部) 
セーラー万年筆 (東証2部)
間組 (東証1部) 
三菱東京UFJ銀行 (東証1部)
こんなところみたいだが、全部買ったことない株だ。
ちなみに、企業ではないが「財団法人 日本サッカー協会」なてのもある。
さすがに、メジャーな神社と言うべきか。