好天に恵まれた文化の日、普段、滅多に行くことのない日本橋に来た。
この間、兜町には東証アローズの見学に行ったのだが、
今は、日本橋のメインストリート中央通りにいる。
コレド室町 近頃、新規オープンで話題のコレド室町が見える。
思ったほど中は広くなくて、 自分には、あんまり、用のなさそうな店ばかりだ。
なんの行列かと思ったら、100円でだし汁を飲むらしい・・・


日本橋三越 日本橋は三井の町だ。
ここには、三井本館や日本銀行本店など、三井にゆかりの歴史的建造物が建っている。
この三越本館もその一つである。
“越後屋お主も悪ようのう・・・"でお馴染みの呉服屋をルーツとする老舗デパートだ。
日本橋三越 三越の屋上に神社があった。
向島にある三囲神社の分社であるらしい。
忽然と現れた白狐が3度回って・・・
なんて由来がある三井家の守護神だ。


せんとくん 中央通りの対岸には、
「せんとくん」もいた。
奈良のアンテナショップ「奈良まほろば館」
なんだとか?。

常盤橋門跡 日本橋川に架かる常盤橋からは、旧常盤橋が見える。
江戸時代の外濠ゲートの一つ常盤橋門があった場所で、 門の石垣が一部残存している。
現在の橋は明治製の洋式石橋を修復したものだという。

旧常盤橋
渋沢栄一 この川の景観の宿命だが、首都高の陰になるせいで開放感がなく薄暗い。
橋の袂は常盤橋公園になっていて、
渋沢栄一が銅像となって街を睥睨している。
大蔵省を退官後、実業家に転身してからは、
多くの企業の設立に貢献しているが、
第一銀行(みずほ銀行のルーツ)の設立、
頭取就任に当たっては
三井とも少なからぬ因縁があったようだ。

東洋経済 東洋経済新報社のビルが見える。
会社四季報なんてのを発行している会社だ。
ちょっとでも、株式投資をやっている人にはお馴染みの会社だ。

中央通りに戻り、日本橋を渡る。
言うまでもなく五街道の基点として江戸時代の浮世絵などで有名なあの橋だ。
何やら工事中のようだ。
現在の橋は明治44年製の石橋で全長49mだとか。
日本橋の景観に関しては、首都高の地中化なんて計画もあるらしいのだが、
この不景気では実現が難しいのが現実らしい。 日本橋

きりん 中央通りと八重洲通りがクロスするあたりに来た。
なんだか意味不明なキリンが立っている。
頭にライトが載っていて・・・
要は、街灯であるらしいのだが・・・


ヤンヨーステン 八重洲通りの真ん中には、ヤン・ヨーステンと彼が載ってきたリーフデ号が彫像がある。
ウィリアム・アダムス(三浦按針)とともに漂着して、 家康のお抱え外国人となるのだが、
日本名の耶楊子が八重洲の地名の由来となっている事で知られる人物だ。

八重洲ブックセンター 八重洲ブックセンターには、 金ぴかの二宮金次郎が立っている。
ここにも特別、用がなかったので、 ちょっと、立ち寄っただけで先に進む。

有楽町を通過し丸の内へと来た。
ここ丸の内は、三菱の街だ。
岩崎財閥によってビジネス街へと開発されたこの界隈には現在も三菱系企業のビルが立ち並んでいる。
その丸の内に初めて誕生したオフィスビルが三菱一号館だ。
現在は、三菱一号館美術館になっている。
2009年に出来たばかりの新しい建物であるが、ジョサイア・コンドル設計による明治期の姿に復元されたものだという。
ジョサイアコンドルは、明治政府のお抱え建築家で鹿鳴館など歴史的な建造物を多数設計し、 フリーになってからは、岩崎家との繋がりが深く、池之端の旧岩崎邸などコンドル設計による洋館が今も残っている。
三菱1号館
折角なので美術館に入ってみた。
この時は「三菱が夢見た美術館展」が開催されていた。
主な展示は岩崎家所有の絵画であるが、コンドルの設計図面などもあった。
館内は3階建てで、当時は事務所がテナントとして入っていたのだとか。
併設されているカフェは混んでいて入れなかったが、内装は銀行の窓口だった
当時を再現しているらしい。
三菱1号館

再び有楽町を通って銀座まで来た。
日本橋同様に銀座もメインストリートは中央通りだ。
銀座三越 明治に文明開化の象徴だった銀座は当時からセレブの街であったらしい。
そして、今のセレブは恐竜まで飼うらしい・・・
どうでもよいつっこみだったが・・・
どこのショーウィンドーかと言うと・・・

銀座三越 銀座の三越。
確か、ちょっと前に売り場面積拡張リニューアルで話題になった。
近頃は、デパートの時代が終わったかのごとく閉店する支店のニュースばかりが印象に残っているが、 さすがに日本橋や銀座では未だ賑わいがあるようだ。
銀座三越 と、言うのも2時近くになっても、空いてる店がなく、 昼食が・・・採れず・・・
それで、なんとなく来た屋上には、本店同様に三囲神社があった。
そこには、銀座出世地蔵なるものが立っていて、 開運・出世・延命・商売繁盛の御利益があるんだとか。

銀座 銀座の光景と言えば、この銀座和光の建物がイメージされる。
ゴジラに破壊された事で有名なのかも・・・?
セイコーの100%子会社で象徴的な存在だと思うのだが、 近頃の報道の印象では、 殿様商売、お家騒動、巨額増資、債務超過・・・なにやら曰く付きの物件のようだ。
というわけで、今日は セイコーHD の株を見てみる。
業績的には、前期に子会社化したセイコーインスツルが頑張って、 クロックと和光が足を引っ張る構図に見える。
電子部品が好調で、時計がダメって事か・・・
ちなみに和光は10月から日祝で営業開始したらしい。
現在の株価は277円で1000株なので、お値段は277,000円〜となる。
PERは13倍程度であるが、配当率は0.9%と低くあんまりお買い得感はない。