「深大寺そば」で知られる深大寺へとやってきた。
いきなり話の要点を言うと、月曜はダメってこと!
なんと言っても、休みの施設が多いから・・・
参道でも「深大寺そば」の店に休みが目立つし、神代植物公園や水生植物園
と言った隣接する観光施設も閉まっている。
空いてはいるが・・・
昨今では、“そば"とならんで、“ゲゲゲの"でも話題なの場所なのだが・・・
この屋根に下駄が載ってる「鬼太郎茶屋」も休みだ。
深大寺
とりあえず、奈良時代の創建とされる古刹の深大寺に参拝。
深大寺
三大師堂の中に、天然理心流一門の奉納額だというものがあった。
近藤勇の養子で5代目を継いだ勇五郎の門人などにより日露戦争の
戦捷記念として奉納されたものだとある。
この調布周辺は近藤勇ゆかりのスポットも点在しているようなのだが、
今日は、時間が中途半端で回れそうにない。
深大寺
参道には、風情のある店が並んでいる。
やはり、ここに来たからには江戸時代から有名だったという「深大寺そば」
を食べなければと店を選ぶ。
名物だけあって、「深大寺そば」美味かった。
深大寺
“そば"以外にも、“そばまんじゅう"とか“そばバーガー"だとか、いろいろ
あるなかで、これは“揚げそば団子"だったか?
深大寺
調布市深大寺水車館だとか。
昔の水車を復元したもののようだが、ここも休み・・・
深大寺
調布の駅側の天神通り商店街にも妖怪がいる。
この“ねこ娘と一反もめん"の他にも“鬼太郎"や“ねずみ男"や“ぬりかべ"
なんかがいた。
深大寺
というわけで、今日は“ゲゲゲの鬼太郎"のテレビアニメを製作していた
東映アニメーション の株を見てみる。
名前の通り、東映系のアニメ製作とキャラクターの版権が収益の柱だ。
チャートを見ると、ここ一月ほどで値を上げていて、業績は増益予想だ。
アニメ映画「ワンピース」関連が好調なのだとか。
お値段は、1549円×100株=154,900円〜
PERは14倍程度、配当率は1.6%となっている。
また、株主優待でキャラクター・クオカードがあるようなのでアニメファン
には魅力かも知れない。