江戸東京博物館 江戸東京博物館で開催中の特別展
「江〜姫たちの戦国〜」を観に行った。
ここでは、大河ドラマ連動での展覧会が
定番となっている。
昨年は、「龍馬伝」を観に行った。
大河ドラマゆかりの地ともなれば、
観光への期待も大きく招致合戦が
噂されるほどである。
地元にとっては、今回の「江」も経済浮揚を
かけてのイベントとなるのであろう。
増上寺には、ゆるキャラも来てたし
などと言っておきながら、実は、大河ドラマは観てないんだけど。
展覧会の内容は、「江」自身よりも、浅井三姉妹の生きた時代背景とゆかりの
人物がテーマになっている印象を受ける。
波乱と成功というドラマティックな人生を生きた人物であるが、あるいは、
遺るものや伝わるものは、意外にも、そう多くはないのかも知れない。
今回、印象に残ったものとしては、まず、「賤ヶ岳合戦図屏風」がある。
信長亡き後の覇権を賭け、羽柴秀吉と柴田勝家が雌雄を決する場面である。
母のお市や姉たちと共に勝家の元に身を寄せていた北庄時代のことだ。
左隻には、佐久間盛政による強襲の場面が、右隻では、その佐久間隊を
敗走させる賤ヶ岳七本槍の活躍などが描かれているという。
画像は、博物館ニュースに載っていた右隻。
賤ヶ岳合戦図屏風
時代が下り、もう一つ、江戸城図屏風も見応えがある。
三代将軍、家光の事績を中心に江戸近郊の光景を描いたというもので、
発注者は松平信綱と推定されているらしい。
とてもスケールを感じる作りで、江戸城を中心に、増上寺や寛永寺、大名屋敷
と言った建造物から、日本橋や浅草と言った街並み、更には鷹狩りなどの
イベント風景までが書き込まれている。
また、主役の家光が、所々に顔の見えない人物として描かれている。
画像は、常設展にあったレプリカの左隻。
江戸東京博物館
他にも、肖像画や木像など他者の目線を通した人物の姿があり、
また、手紙などからは地味ではあるが、本人の一端が垣間見える。
まあ、結構、良かったのではないかと思う。
と言ったところで、今日のの無理にでも探す関連株は、 協賛企業に名を
連ねているハウス食品をピックアップする。
今回は持ち株の中で、同じく食料品セクターのカゴメ株と比べてみる。
カゴメを買ったのは、2010年3月1日で、その時と現在の株価は、
ハウス 1305円 → 1313円(+0.6%)
カゴメ 1601円 → 1504円(-6.2%)
カゴメは100円下がり、ハウスはほぼ変わらず。
さらに、割安性などの比較では、
カゴメ PER 31.2倍/ 配当率 1倍/ 株主優待自社製品1000円相当
ハウス PER 29.5倍/ 配当率 1.7倍/ 株主優待自社製品1000円相当
似たり寄ったりか。
四季報の業績コメントには、 カゴメは「拡大」でハウスは「反落」とある。
株価は冴えないが、四季報の記述に明るさの見えるカゴメで良かったかな・・・