ニュースでは、都心の桜が満開だと言っていた。
そこで、都内随一の名所(だと思う)千鳥ヶ淵へと来てみた。
どうだろう・・・花見には充分だが満開ではないかな・・・
今年は自粛モードの中、どことなく雰囲気に華やかさがない気がするが、
桜は例年と変わることなく咲く。(昨年より5日も遅かったらしいのだが)
思いの外、曇天で暗い写真には、右手にボート乗り場と展望台が見える。
この時期、桜とボートの組み合わせも象徴的な光景だ。
千鳥ヶ淵
大方の流れとは逆に、番町方面から靖国神社に向かって歩いている。
千鳥ヶ淵
靖国通り付近。千鳥ヶ淵が田安門方向にカーブしているところ。
千鳥ヶ淵
靖国通りの陸橋から見た幕末の志士“品川弥二郎"の雄姿。
品川弥二郎
いつもなら露店が立ち並び宴会風景となる靖国神社も今年は静かだ。
靖国神社
桜舞い散る池の鯉。
靖国神社
北の丸公園の入場ゲート田安門の前。
田安門
北の丸公園の土手から千鳥ヶ淵を見下ろす。
千鳥ヶ淵
バックに見えるのは北詰橋門の石垣と乾濠。
北詰橋門
皇居東御苑、本丸広場で寛ぐ江戸庶民(推定)たち。
皇居東御苑
皇居二の丸庭園。
二の丸庭園
雪見灯籠。
二の丸庭園
大手門の渡櫓門には地震の爪痕が残る。
大手町は、確か震度5強だったか。
大手門
桔梗濠の桜と大手門。
大手門
というわけで、今日は名前に“さくら"が付く会社の一つ 櫻護謨(東証2部)
株を見てみることにする。
消防ホース、油圧ホース、航空機用、工業用など、ゴム製品の製造メーカーで、
近頃は、主に航空・宇宙機器用高性能ゴム、金属部品の製造を行っている会社
であるという。
取引先には、ボーイングや三菱重工などがあって、 日本の人工衛星のエンジン部品なんかも作ってるらしい。
業績は、微増予想だが、震災の影響でどうなるのやら・・・
防災関連銘柄でもあると思うのだが、単に景気と共に凹むのか、特需がある業種なのか、今ひとつわからない。
PER 6.78倍、PBR 0.95倍、配当利回り 2.67%と割安に見えるバリエーションについても 同様で当てにならないものと思われる。
現在のお値段は、181円×1000株=181,000円〜だ。