GWの5月4日、前日の横浜三渓園に続き、 この日は都内の日本庭園を訪れた。
三渓園は明治期の実業家の庭であったが、なんと言っても東京に多く残るのは
江戸に諸大名が構えていたお屋敷の庭である。
にわか雨も降った昨日からは一転して今日は晴天、ぶらっと庭を一回りするにも
良い日と言えるだろう。

清澄庭園(関宿藩久世家下屋敷跡)

まずは、清澄庭園へと来た。
なんでここかと言えば、買い物ついでだったからとしか言いようがないのだが。
どうやら、みどりの日だとかで無料開放だと書いてある。
まだ、朝なので空いている。
元々、GWだからと言って混むような場所とも思えないが。
清澄庭園
清澄庭園 所々、地震の痕跡が残っている。
中の島に渡る土橋は土台が壊れたとあり
渡れなくなっている。 その先にある四阿も
明らかに修理中に見える。
先日、訪れた六義園でも若干の被害が見受けられたが、 文京区が震度5弱だったのに対して、 ここ江東区は5強だったらしい。
清澄庭園
石灯籠が完全に倒壊している。
清澄庭園
雪見灯籠も無惨な姿に。
清澄庭園

旧芝離宮庭園(小田原藩大久保家上屋敷跡)

続いて、浜松町の駅に隣接する旧芝離宮庭園へと来た。
なんでここかと言えば、買い物ついでだったからとしか言いようがないのだが。
こちらも、無料開放されていた。
港区は、震度5弱のエリアであったようであるが、やはり、その差であろうか、
ここでは、雪見灯籠がしっかりと立っている。
旧芝離宮庭園
中国浙江省の光景を模したものだという西湖の堤。
小石川後楽園にもあるから、大名庭園定番のアイテムなのかもしれない。
旧芝離宮庭園
この方向からは、東京のランドマーク東京タワーが見える。
個人的には、スカイツリーより風格を感じさせるデザインだと思う。
旧芝離宮庭園
やけに人に慣れている・・・というよりパブロフの犬みたいなことか。
旧芝離宮庭園
ここも、人が押し寄せるような所ではなく、のんびり庭を観る事が出来る。
旧芝離宮庭園
というわけで、今日は旧芝離宮庭園のルーツ小田原藩にちなんで、
小田原機器(JASDAQ) の株を見てみる。
小田原の会社ってだけで、全然、因んでないか・・・
この会社は、路線バス用の運賃箱、精算機、ICカード機器のメーカーだと言う。
かなり、特殊な業種に見えるが価格競争が厳しいとあり、業績は人件費の圧縮など経費削減でなんとか増益にしたいようだ。
典型的なデフレ時代の経営って感じか。
現在のお値段は、842円×100円=84,200円〜
PERの32.38倍とPBRの0.26倍はアンバランスにも見えるが、 配当利回りが2.97%と高いので割安と見るべきか。
安定配当指向みたいなので長期の配当狙いならってところか。