株主優待のパスポートで、今回もまた、国立博物館を訪れた。
連休とはいえ、特別展の開催されていない博物館は閑散としている。
今日の目的は今月からプログラムの変わったミュージアムシアターだ。
asu5
asuka1 現在、上演されているのは、 「法隆寺献納宝物 国宝 金銅灌頂幡 飛鳥の天人」。
まず、「金銅灌頂幡」がなんだか全くピンと来ないのだが、 「幡」というのは仏教施設に掲げられる旗のことで、大型で天蓋を持つものが「灌頂幡」なんだとか。
さらに、銅製(本来は布製のものらしい)で金メッキを施された「金銅」なのだという。
奉納したのは、聖徳太子の娘で山背大兄の妹である片岡女王と推定されていて、 7世紀後半、飛鳥時代の法隆寺境内に掲げられたものだという。
年代に関しては、彫刻のデザインの検証から割り出されたものであるといい、 そのデザインについて具体的な解説がなされる。
「天人」というのは仏教画では定番のモチーフで、この「金銅灌頂幡」にも多数描かれているものだという。
正直、仏教美術に知識や興味があるわけではないのだが、 高精細CG画像のクオリティには思わず見入ってしまう。

「金銅灌頂幡」は法隆寺宝物館に常設展示されている。
asu4
これが、「金銅灌頂幡」のレプリカ(本物は暗くてわからないので)。
5m程のものであるらしい。
asuka3 asuka2

というわけで、今日もタイトルの“飛鳥・・・"から連想される会社・・・
アスカ(名証2部) の株を見てみる。
ただ、奈良ではなく、愛知の会社らしいのだが・・・
アスカは、自動車部品と配電盤、FAシステムを主力とする会社だ。
四季報によると、三菱自動車主体だった自動車部品がトヨタ向けにシフトしているらしい。
いずれにしても、震災で自動車工場が止まっていた影響は少なくないようだ。
トヨタの場合、ちょっと前のアメリカでのリコール騒動の余波もあるか?
配電盤は苦戦とあり、FAシステムは中国が不振でアメリカが好調か?
ともあれ、直近の業績予想は、やはり厳しいもので、期末予想が下方修正され、 中間予想は赤字転落となっている。
現在のお値段は、580円×100株=58,000円〜
PERは 41.43倍、配当利回りは 0.52%で割安感は全くない。
わざわざ、今買う株ではないなあ。