北区民ではないのだが、飛鳥山公園で開催されている、この北区区民まつりへは何回か来ている。
一言で言うと、凄いものがある訳ではないローカルなお祭りなのだが、 露店が出ていたり、園内の博物館が無料だったりする。
ステージでは、ロックバンドが熱唱中!というよりシャウト!
a1
その頃、飛鳥山の前では、沿道や歩道橋を人々が埋め尽くしいる。
なんでも、都電荒川線の花電車というものが走っているのだという。
都営交通100周年記念して昭和53年以来33年ぶりに登場するものらしい。
王子駅方向から、どうやら、それらしいのが現れた。
ここは、都電が車と一緒に走るいわゆる路面電車の区間だ。
ちょうど、信号で停まったと思ったが・・・鉄柱じゃま・・・
h1
信号が変わって、発進したら・・・今度は車が・・・
この電車、どう見ても乗車は出来るようには造られてない。
デザインは、都営交通100周年を祝うバースデーケーキをイメージしたものだとか。
こうやってみると、鉄道ファンが大挙して駆けつけて来たというより、案外、居合わせた人々が適当に携帯で撮ってるように見える。
h2
カーブに消える花電車。このカーブの先には飛鳥山駅がある。
それにしても、やっぱり、凄い人出・・・明らかに待ち構えてた感じだしなあ・・・
まあ、向こうから撮るほうが理に適ってるか。
ちなみに、これで終わりじゃなくて、10、16、23、30日にまた走るらしい。
確かに、わざわざこれ造って一回限りじゃもったいないか。
h3
お祭りのステージでは、別のグループが演奏中。
a2
子供に大人気、この手のイベントでは定番のミニSL。
a3
昭和の縁日を彷彿とさせるポン菓子機。
じゃんけんで勝ち残った子供が叩いて爆発!
a4
ここには、渋沢史料館、飛鳥山博物館、紙の博物館と3つの博物館があり本日は無料開放されている。
p1 p2 p3
といったところで、 今日は、行先表示器など都電荒川線の装備も製造販売しているという レシップホールディングス(東証2部) の株を見てみる。
この会社は、バス・鉄道・自動車用電装機器を主に手掛けている岐阜県のメーカーだという。
電装機器がピントこないが、LED照明や行き先などの各種表示器、カードシステムなど運賃収受機器、音声放送機器、ドライブレコーダーなどワンマン運転仕様のものを得意としているようだ。
業績は、悪くなっているようには見えないが、かなり微妙な感じだ。
四季報には、利益水準まだ低いとあるので、好不調と言うより利益率が良くないということなのか?
現在のお値段は、680円×100株=68,000円〜
PERは 58.12倍で、配当利回りが 1.84%
PERが高くて、かといって、高成長でもなさそう・・・割安ではないかな。
株主優待で2,000円相当の岐阜県特産品があるらしい。