増上寺の三解脱門を見学した帰り、 浜離宮に寄って見ることにした。
ここのところ一気に涼しくなって、 園内も赤トンボの季節になっている。
tonbo
狩りに失敗した直後のカマキリ。
kama
浜離宮には6月に来たばかりなので、 池の写真とかは端折って・・・海沿いまで来たところに、「将軍お上がり場」なんて案内板がある。
文字通り、将軍がこの船着場から浜離宮に上陸したらしいのだが、最後の将軍慶喜が大阪から敗走してきた際にも上陸した場所であるという。
agariba
汽笛が響き、水門から水上バスが姿を見せる。
今日は、これに乗って浅草まで行ってしまうことにする。
sui1
東京観光汽船運行の水上バス(道灌号らしい)に乗り込んだ。
ちなみに、以前、リバータウン号や龍馬号に乗ったことがある。
このルートでは、東京湾に出て日の出桟橋を折り返し、隅田川を浅草吾妻橋まで45分ほどで航行する。
桟橋に人もいなくなり、いよいよ出航。
sui2
浜離宮の水門(築地川水門らしい)を出る。
現在の水深、4.4って見えるんだけど・・・結構浅らしい・・・
sui3
まず、日の出埠頭に向かうので、隅田川の河口が遠ざかる。
正面に見える橋は勝鬨橋、左手には築地市場があり、その奥にはスカイツリーも見える。
sui4
日の出桟橋に到着。
ここでは、お台場に向かうルートへの乗り換えがあるようだ。
竹芝桟橋から出てきたと思われる大型船は、東海汽船の「かめりあ丸」。
伊豆大島とか八丈島とかに行くらしい。
sui5
お台場方面からは、変テコな舟もやってきた。
「御座船 安宅丸」だとかで、江戸時代の安宅船をイメージしたものらしい。
この「道灌号」と同じ会社の船みたいなのだが、お台場方面への東京湾周遊ルートを航行しているようだ。
ちょっと、乗ってみたかった・・・
sui6
日の出埠頭を出ると、船は一気に隅田川を遡上していく。
勝鬨橋、佃大橋と過ぎて、たぶん、“湊1丁目”方向を見ている。
すれ違ったのは、日本橋消防署 浜町出張所の消防艇「きよす」らしい。
sui7
さらに、深川を過ぎて、両国橋をくぐると神田川との合流地点だ。
緑の橋は、柳橋で、その先には浅草橋がある。
sui8
両国を過ぎた頃から、お約束のスカリツリーに注目が集まるようになる。
今は、厩橋の手前なので、本所あたりのはずだ。
首都高6号向島線のバックにスカイツリーが聳える。
sui9
駒形橋まで来た。いよいよゴールが近い。
sui10
終点の吾妻橋。
このあたりは、旧アサヒビール吾妻橋工場跡地で、リバーピア吾妻橋なるエリアなんだとか。
スカイツリーの前に建っているのは、アサヒビールの本社や筋斗雲(俗称)、墨田区役所、リバーピア吾妻橋ライフタワーと言ったビル群。
sui11
船を降りたところ。
いよいよ、スカイツリーの開業が来年の5月22日に予定されているらしいが、当分は人が殺到するだろうし・・・ 果たして、いつ上れることやら・・・
sui12
今日は、もう、充分見たスカイツリーであるが、帰りの東武電車からも度々その姿を望む事が出来る。
といったところで、今回は、 東武鉄道(東証1部)の株を見てみる。
まあ、誰もが思いつくスカイツリー関連株の一番手だろう。
スカイツリーエリアの再開発が事業の要であるのは疑う余地がないが、
四季報には、さらに“企業イメージ刷新図る”とある。
果たして、どんなイメージを目指しているのか?
業績欄には、「減益幅縮小」と微妙なコメントが載っているのだが、
その“減益幅”というのが、震災によるスカイツリーの営業延期から来るものなのかはよく分からない。
また、震災や節電の影響は想定以下とあるが、日光、鬼怒川エリアの観光は回復が遅れているらしい。
現在のお値段は、376円×1000株=367,000円〜
PERは 33.57倍で配当利回りが 1.33%
株数に応じて、電車の回数券やアトラクションの入場券など、いろんな株主優待がある。
あまり、割安感はなさそうだし、成長性もスカイツリーが開業したら伸び悩みそうだし・・・と思わないでもないが・・・
ただ、株価をチャートで見ると、短期では勢い良く上がっているものの、震災前の水準を未だ回復していない。