気まぐれに夏が戻ってきたような日差しの中、 根津千駄木下町まつり開催中の根津の地へとやってきた。
まずは、今年も藍染大通りに来た。相変わらず大通りじゃないけど。
なにやら、着ぐるみがいる・・・確か・・・商店街の・・・いや、文京区のだったか?
なんだか忘れたけど、雄雌の蜂らしい。
昨年の模様 >>
hati
その蜂の先導で商店街のパレードが出発。
江戸芸かっぽれの一団を追い抜く・・・誰??
kapo
ここで、昨年同様、和太鼓のパフォーマンスが始まった。
英流櫓太鼓だとか。
どうやら、去年の写真と同じグループみたいだ。
taiko1
ド派手なパフォーマンスが繰り広げられる。
taiko2
続いては、和太鼓 破魔だとか。
このグループも去年と一緒かな。
taiko3
太鼓の迫力だけではなく、多彩な振り付けでも魅せる。
taiko4
メイン会場となっている根津神社に来た。
今年も模擬店が軒を連ね行楽の江戸庶民(推定)で賑わいを見せている。
あまり、凄いイベントだと言う認識がなかったのだが、かなりの人出だ。
山門の前では、「バナナの叩き売り」実演中。
banana
再び、山門の前に人垣が。
ne1
地元の吹奏楽部らしいのだが、曲は、AKBの何か・・・次もAKB・・・
ne2
続いて、ここでも、和太鼓の演奏があるらしい。
和太鼓 タヲだとか。
ne4
ハイテンションのライブパフォーマンスで観客も今日一番の盛り上がり。
ne5
アンコールに応えて演奏する和太鼓チームの雄姿。
ne6
というわけで、今日も無理にでも株の話になるのだが・・・
思いつかないので、今回は、このイベントのスポンサー企業の一つらしい
東天紅(東証1部) の株を見てみる。
この会社は、中華料理レストラン「東天紅」をチェーン展開していて、 本店が根津から不忍通りをちょっと上野方面に行った所にある。
不忍池あたりから良く見えるか。
業績予想は、「赤字幅拡大」とあり良くない。
やはり、震災で宴会や婚礼客のキャンセルが相次いだらしい。
現在のお値段は、122円×1000株=122,000円〜
株主優待で20%割引サービスなんて言うのがあるみたいだが、
赤字で配当も出ないし、わざわざ手は出さないかな。