近頃は時節柄、紅葉の話ばかりだが、まだ、それが続く・・・
本郷にある東京大学の正門から安田講堂に続くイチョウ並木もこのあたりでは名物と言えるだろう。
だいぶ葉が落ちてる木もあるが、ちょうど、見頃かな。
t1
東大の正門前から本郷通りを駒込方面に進むと六義園がある。
1週間ほど前にも来たが、折角なので寄ってみる。
園内は、すっかり、冬支度って感じか。
r1
遅れていた紅葉シーズンもさすがに終わりかなと思ったが、 そうでもなかった。
むしろ、1週間前より、今日の方が見頃か?
r2
この間と同じくつつじ茶屋から山陰橋にかけてが人気のポイントだ。
今日の方が、光の加減でより秋らしい光景に見える。
r3
なにやら白い鳥が止まった。 r4
山陰橋からつつじ茶屋方向を見たところ。
r5
水面の落ち葉。
r6
田鶴橋のモミジとススキ。
r7
今日は、ここが一番赤かったかな。
r8
といったとろで、今日も無理に株の話になる。
先週は、明治期に六義園を所有した岩崎弥太郎にちなんで三菱商事の株に注目したのだが、 今回も、同じく岩崎弥太郎をルーツとする日本郵船(東証1部)の株を見てみる。
日本郵船は、名前の通り、日本を代表する海運企業だ。
貨物船や客船ばかりでなく、空運や陸運にも力を入れているという。
ただ、主力の運輸事業は、円高と燃料の高騰でかなり苦戦を強いられているようだ。
業績予想は、やはり、赤字で、 運賃の値上げ交渉の不調とか震災による客船の不振があるのだとか。
現在のお値段は、195円×1000株=195,000円〜
PER --倍、PBR 0.54倍、2.05%
株主優待は、「飛鳥クルーズ」10%割引優待券だとか。
投資のタイミングとしては、需給関係で貸借倍率の4.93倍というのが株価の重しになりそうな気がするのだが。