見ての通り、皇居に来た。
大番所の前の坂を本丸に向かって登ってきたところだ。
h1
気まぐれに季節がやや戻った感じの天気の中、さすがに終わっただろうと思った紅葉は、まだ、しぶとく続いていた。
結構近くで見るとグッテっとしているものも多いのだが、離れてみるともっともらしく見える。
写真は、本丸のモミジで元気そうだったやつ。
h2
北の丸公園に来た。
やはり、ここも、むしろ見頃に思える。
k3
赤と黄色と半々くらいに見える。
k2
裏側にまわったところ地面も落ち葉で赤く見える。
ただ、このあたりは、やけにカラスが多くて鬱陶しい。
k1
武道館では、永ちゃんのライブがあるらしい・・・
k4
靖国神社に来た。
イチョウ並木には、ところどころ坊主になった木も見受けられる。
y1
神池庭園は、今頃、紅葉のピークを迎えているようだ。
y2
カラフルになった茶室の前。
y3
定番の錦鯉。
y4
東御苑まで戻ってきた。奥に天守台が見える。
ここから、背後の汐見坂を下りて二の丸に向かう。
n1
二の丸に入ってきた。
東御苑では、この先の二の丸庭園が一番の紅葉スポットであろう。
n3
まさかの二の丸庭園工事中・・・遠目にも紅葉してそうに見えるのだが・・・
n2
本丸に戻り、展望台から右手に二の丸の雑木林を望む。
眼下の池は白鳥濠で終端に先ほど二の丸に降りた汐見坂がある。
バックに聳えるのは、一橋と大手町のビル群で、 日本製紙(住友商事竹橋ビル)、毎日新聞東京本社、一橋総合ビル、丸紅本社ビル、竹橋合同ビルなどが建っている。
n4
といったところで、今日は、立ち並ぶビルの中から、なんとなく選んだ 丸紅(東証1部) の株を見てみる。
丸紅は、国内5位の総合商社で、紙パルプと穀物ではトップの取扱高だという。
歴史的には、旧安田財閥の系譜に連なる古い会社で、さらに江戸時代の伊藤忠兵衛が開いた「紅忠」に遡るという。
この「紅忠」なる店が丸紅伊藤忠という2つの商社のルーツであるらしい。
この間、資源・エネルギー関連で三菱商事が好調らしいと書いたのだが、 同じ商社として、丸紅も例外ではないようで、 四季報には、「銅・石炭等の資源が市況高で業績牽引・・・純益更新。増配。」とある。
現在のお値段は、473円×1000株=473,000円〜
PER 4.45倍、PBR 0.98倍、配当利回り 4.23%
低いPERと高めの配当、かなりの割安感があるところも同じか。