k1 丸の内に福井から恐竜が来ているというので覗いてみた。
去年上野で見て以来、久しぶりの恐竜だが、これといって特に詳しいわけではない。
福井県立恐竜博物館は、世界三大恐竜博物館に数えられる、この分野では日本を代表する施設であるという。
確かに恐竜専門の博物館は、あまりないかも知れない。
もちろん、行ったことはない。
無料のイベントなので、多くは望めないとは思いつつも 「大恐竜展」である・・・
「大恐竜展in丸の内2012〜福井県恐竜博物館コレクション〜」は2つの会場にまたがっているようだが、 まずは、丸の内オアゾに来た。
<フクイラプトル・キタダニエンシス>
福井で白亜紀の地層から発掘された4mあまりの肉食恐竜だとか。
o1
前足の鈎爪が特徴的だ。
o2
<フクイサウルス・テトリエンシス>
微妙に上体を揺らす、この恐竜も福井で発掘されたものだという。
イグアノドンの仲間で推定4.7m、白亜紀の草食恐竜だとか。
o3
恐竜博士らしい・・・
o4
丸ビルのマルキューブ会場に移動。
<アクロカントサウルス>
アメリカのオクラハマ州出身で、全長12m、T−REXなどに並ぶ白亜紀の大型肉食恐竜だという。トレードマークは背びれだとか。
m1
巨大恐竜を人々が見上げる画に・・・全然なってない・・・
m2
また、恐竜博士・・・
m3
上から見たマルキューブ会場の模様。
アクロカントサウルスの上をプテラノドンが飛んでいる。
m4

といったところで、今回は、福井県にある上場企業 福井コンピュータ(東証1部) の株を見てみる。
福井コンピュータは、建築、測量、土木用CADソフトのメーカーだ。
四季報の業績予想は「続伸」となっている。
建築CADで住生活グループの受託開発が寄与しているのだとか。
さらに来期は住宅着工が好転して改築や太陽光住宅向け製品において追い風が見込まれるのだという。
現在のお値段は、440円×100株=44,000円〜
PER 10.55倍、PBR 0.88倍、配当利回り 3.41%
お値段の安い株で配当も悪くないが、タイミング的に3月末の今はないかな。