つづじ祭りのポスターを見て通りかかった根津神社に寄ってみた。
境内の端っこにある細長いつつじ苑は大して広い場所ではないが、
たぶん、都心では一番知られたツツジの名所であろう。
境内には、茶屋や屋台、フリーマーケットなどが出ているが、連休も近いただの水曜ということで人出は少ない。
n6
たまたま、去年も同じ日に来ているのだが、比べて、今年は、ちょっと見栄えがしない印象だ。 要はあまり咲いてないように見えるのだが。
今年は、梅の記録的な開花の遅れが話題となり、桜も少し遅かったので、
ツツジもそうなのかもしれない。
と思い、後で根津神社のHPを見たら、「今大変綺麗です・・・」とある・・・
そういうものか・・・
n1
突如視界に入ってきたクマバチ。
一瞬怯んだが、ごっつい見た目に反して、意外に穏やかな性質の蜂だという。
n2
やっぱり全体的に緑が多い気がする。
n3
反対側から見ると余計に花が疎らに見える。
n4
つつじ苑を下りて、見下ろしていた鳥居をくぐる。
n5
というわけで、今日は、鳥居から連想される(連想はされないか・・・)会社、
鳥居薬品(東証1部)の株を見てみる。
鳥居薬品は大正10年創業の製薬メーカーで、現在はJTの傘下にある。
どうやら、創業者が鳥居さんだったらしい。
主力商品は掻痒症改善剤(まあ、痒いの止めるんだろう)とか、抗ウィルス剤といったものらしく、 ドラッグストアなどで身近に見るタイプの薬ではない。
業績予想は減益で、薬価改定の影響や研究費の増大があるという。
現在のお値段は、 1,536 円×100株=153,600円〜
PER 17.01倍、PBR 0.58倍、配当利回り 2.6%
この手の製薬会社は新薬開発の噂に左右される印象があるかな・・・