モデムの不調で数日ネットが繋がらず、これは4/28日の話だ。
暑いくらいの晴天に恵まれたこの日「第十回両国にぎわい祭り」 というイベントに出かけた。
モデムの故障でネットが見られず何も分からまま、とりあえず両国駅のポスターを見て江戸東京博物館の会場に向かう。 会場は、ここと、国技館、国技館通り、回向院、江島杉山神社に分れているらしい。
地震体験車なんてものが来ていて、震度7までの揺れが体感出来る。
空いてたので体験してみたが、かなり容赦ない揺れだった。
jisin1
階段を下りてくるゆるキャラたち。
博物館のキャラクター「ギボちゃん」と、後ろはお馴染みのライオンだ。
edo1
となりの両国国技館に入る。
「立浪部屋風ちゃんこ」だとか。
食べてみたが癖のない食べやすい味だった。
sumou1
土俵では高砂部屋らしき力士の稽古が行われている。
sumou2
なぜか、ヤクルトスワローズのキャラクター「つばくろー」が来ている。
tubakurou1
国技館通りでは、ちゃんこを中心とした食べ物の露店が軒を連ねている。
「ジロキッズ」なる着ぐるみが歩いてくる。
kids1
回向院でも「言問姐さん」なる猫の姿が。
neko1
投扇なんてものをやってみたが・・・全く当たらず・・・
ougi1
江島杉山神社では、社殿の中で宝物が公開されている。
創祀者の杉山検校は江戸時代の鍼灸界の大物だったという。
ejima1
国技館通りに戻って来た。
イベントステージで、大相撲メドレーを歌うのは北脇貴士だとか。
uta1
再び、国技館に入りバックヤードツアーに参加してみる。
普段は入れない国技館の裏側を解説を聞きながら歩く。
ツアーは花道や廊下を歩き、支度部屋など、いくつかの部屋を覗く程度のものだが、 ポストカード5枚が付いて200円は決して高いものではない。
back2
インタビューを受ける高見盛。
今回、普段見られない国技館の中を見られただけでも面白かった。
rikisi2
というわけで、今日は、国技館の前に東京オフィスがあり、お祭りには着ぐるみも参加していた ライオン(東証1部)の株を見てみる。
ライオンは、歯磨き粉や洗剤など日用品及び、バファリンブランドの薬品事業を手掛けている会社だ。
中でも歯磨き粉のトップメーカーという位置づけらしい。
アジアを中心に強化、拡大していて業績予想は「強含み」となっている。
現在のお値段は、463円×100株=46,300円〜
PER 19.79倍、PBR 1.22倍、配当利回り 2.16%
自社商品の(日用品)の株主優待がある。