日枝神社の祭礼「山王祭」は、江戸三大祭とされる高い格式のお祭りだ。
今日は、その神幸祭の行列が出ている。
今年は、湯島天神素盞雄神社 の行列を見ているが、山王祭のものは規模が大きい。 皇居をバックに、その行列が丸の内の内堀通りを進んでくる。
h25
行列は東京駅方向にターンしていく。バックに見えるのは江戸城の巽櫓。
h24
和田倉門の交差点を渡る神輿。
h23
東京駅を前にして右へとカーブを切る。郵船ビルと丸ビルの間を進んでいく。
h22
後方から今年の干支“龍”が曳かれてくる。
h21
後ろから来たのは誰?
h20
日枝神社と言えば猿。
h19
巫女さんの一団。
h18
丸の内仲通りを進む2基の鳳輦と神輿。
h17
行列の中盤あたり。結構なスピードで進むため普通に歩いては追い越せない。
h16
白馬だ。
h15
鍛冶橋通りへと出て三菱一号館美術館の前を過ぎる行列。
h14
明治期に建てられた丸の内最初のオフィスビルを再現したいう建物だ。
h12
といったところで、今日は、三菱一号館美術館を運営している 三菱地所(東証1部) の株を見てみる。
三菱地所は、丸の内を拠点とする国内トップクラスのデベロッパーで、現在も丸の内の高層化を推進しているという。
この株は、昨年の4月にも注目してみたが、 株価はその時の1,401円から1,259円と下がっていて震災後よりも低い事になる。
現在のお値段は、 1,259円×1000株=1,259,000円〜
PER 34.97倍、PBR 1.39倍、配当利回り 0.95%
業績は、分譲戸数が伸びず「停滞」となっているが、 チャートを見るとタイミング的には買いにも見える。
三菱地所のチャート(週足 3年) chart