入谷朝顔市

入谷朝顔まつり開催中の入谷鬼子母神の境内に来た。
アサガオといえば、子供の頃に夏休みの宿題で観察日記とか書いたような・・・ そんな庶民的なイメージの花であるが、値段を見ると2,000円くらいが多いか。
アサガオは、江戸時代に大流行したという園芸品種で、入谷界隈はその生産地であったらしい。 ここで、朝顔市が始まったのは明治に入ってからで、現在120軒ほどの店が出るのだという。
asa14
朝顔と言うくらいで、昼は元気がないのか、あんまり咲いてないようだ。
とりあえず、いかにも、朝顔らしいと思うのを撮ってみた。
asa13
言問通り沿いの上野側の車道と歩道に店が連なっている。
asa12
asa11
大量に配られていたうちわ。
蚊取り線香の会社「金鳥」がスポンサーになっているようだ。
asa20
歩道橋から見た群衆。
向かって、右側には縁日の屋台が並んでいる。
asa10

下町七夕まつり

入谷付近では他にも、かっぱ橋本通りで下町七夕まつりが開催されている。
昨年も見に来たが、今年も結構な人込みだ。
例年通り、沿道では、様々なパフォーマンスや縁日らしい出し物が繰り出し見物客を集めている。
tana16
ポップを見ると、たこやき家出中、トウモロコシ入荷待ち、焼きそば品切れ、イカ焼き逃走中・・・かき氷は売るほどあるらしい。
tana15
ラテン系っぽいノリのダンスだ。
tana14
江戸の遊戯 東八拳だとか。
じゃん拳みたいなもので、拳だけではなく腕を使うらしい。
tana13
アクロバット系のパフォーマンス。
tana12
お祭りの定番、太鼓だ。
tana11
霊梅寺前のステージでは若手劇団員の公演が終わったところ。
tana10

といったところで、今日は、台東区入谷に本社を構える アトムリビンテック(JASDAQ)の株を見てみる。
の株を見てみる。
アトムリビンテックは、家具金具等の住宅用内装金具を企画・販売する会社だ。
なんでも、自社の工場を持たないファブレス経営なのだという。
最近のヒット商品は、ソフトクローズ(戸が穏やかに閉まるらしい)で、 住宅版エコポイント制度や震災の復興需要などもあり業績は回復傾向にあるという。
現在のお値段は、 800円×100株=80,000円〜
PER 11.73倍、PBR 0.46倍、配当利回り 2.5%